クオリティの高いライブができるミュージシャンが集客できるとは限らないことについて





FB_IMG_1490529614233.jpg





今回はぽんきちが活動している裏音楽界の集客事情がテーマです。
 
裏音楽界は全国各地に存在していますが、もしかしたら地域差があるかもしれません。

普段メジャーなプロミュージシャンのライブしか行くことがない読者にとっては新鮮なお話かもしれません。



一般的に歌も演奏レベルも高くクオリティの高いライブができるミュージシャンならば集客もできるだろうと考えると思われますが、実際はそんなことはありません。

ステージでは素晴らしいライブを聴かせてくれているのに客席はまばらというライブはよくありますし、ぽんきちはそんなライブをこれまで何度となく見てきました。集客はミュージシャンにとって常に頭の痛い問題でもあります。

はっきり言ってしまうとライブのクオリティと集客はあまり関係ありません。しっかり営業活動として集客しているミュージシャンのライブが満員御礼状態になっているというのが現実です。



ライブを企画するお店にとってはお客さんがたくさん集まるライブが売上げも高くなるわけですから、集客力のあるミュージシャンにライブして欲しいはずです。

しかし、これも一枚岩ではない要素があって、ぽんきちの個人的な印象ですが、お店のオーナーさんはクオリティの高いライブができるミュージシャンを求めている傾向があると以前から感じるのです。

おそらくは「集客力があって尚且つクオリティの高いライブをするミュージシャンに出演して欲しい。」というのがお店側の本音なのではないでしょうか?



つまり、お店のオーナーさんにとって売上げに貢献してくれるライブができるミュージシャンは何よりありがたい存在なんだけど、できればクオリティの高いライブをしているお店にしたいという想いは普通にあるだろうと思います。

ミュージシャンとお店は共存関係にありますから、ミュージシャンはライブをする以上は集客をしなければいけません。それでも集客が厳しいライブはありますし、特にたくさんライブをしているとどうしてもそんなライブが出てきます。

ミュージシャンの中には「クオリティの高いライブができるようになることが集客に繋がる」と考える人たちもいますが、それは錯覚です。集客という営業活動をしているかどうかで決まるというのが現実です。

クオリティの高いライブをたくさん続けていればある程度リピーターも増えてくるとは思いますが、それだけでは集客の厳しいライブはずっと無くならないでしょう。



一般的にアマチュアミュージシャンのライブは「互助会ライブ」と呼ばれています。いわゆる友達や知り合いばかりがお客さんのライブです。ミュージシャンの友達は同じミュージシャンが多いので客席はミュージシャンたちばかりというライブになりがちなんです。

プロのミュージシャンは純粋に音楽好きな一般リスナーの比率が高いライブをしています。もちろん友達や知り合いも来ていますが、互助会ライブにはなっていません。

つまり、互助会ライブをしている限りプロにはなれないということなんですが、ぽんきちはアマチュアとして音楽活動をしているミュージシャンならば互助会ライブでもいいと思っています。お客さんが誰だろうととりあえず集客できればいいわけですから。

アマチュアであってもこれではダメだ!!この状況を変えなければならないと考えているならば集客に繋がる営業活動を真剣に考えればいいというだけです。



それでも互助会ライブにはやはり集客的に限界があるのは間違いありません。長く音楽活動を続けたいと思うならば営業活動も並行してやっていく必要があります。

たまにしかライブしないミュージシャンならばライブのある時だけライブ告知などの情報発信やお誘いの営業活動をすればいいですし、それだけでも集客できると思います。

しかし、たくさんライブしているミュージシャンの場合は常に情報発信を続けたり、集客に繋がる営業活動も並行して続けていないと集客の厳しいライブはいつまで経っても無くなりません。

たくさんライブしているのに情報発信をあまりしないミュージシャンが多いのがぽんきちには不思議でなりません。毎日情報発信していても集客が厳しいライブが無くならないぽんきちからすると、彼らはどうやって集客しているのか?と思います。

それでも自分の存在を知ってもらわなければ集客に繋がらないのは明らかなので、毎日情報発信することは必須だと信じて続けるしかありません。



結論としては、たまにライブしているミュージシャンはクオリティや情報発信の有無は関係なく集客できる可能性がありますが、たくさんライブしているミュージシャンはそれではダメだということです。

常にクオリティを高める自己研鑽を続けて、できれば毎日情報発信をしながら集客に繋がる営業活動を行うしかありません。

自己研鑽は正しい練習や分析です。

情報発信は外部ブログやHPやSNSの積極的な活用です。

営業活動は音楽に関係する場所や人々の中に常に身を置き露出を高めることです。CDやセルフマガジンなどの営業ツールがあれば尚良いと思います。



上記の中でぽんきちが最も不足しているのは営業活動です。フルタイムで働きながら音楽活動をしていた時にはなかなかできなかったことですが、今はできます。

できることはすべてやる。

集客問題を解消するためにはそれしかないと思っています。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact
posted by ぽんきち at 2017/04/04 22:45 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする