10年以上前からギタリストぽんきちを陰ながらずっと見続けていた人がいた




20170420224140004.jpg





先日、NANAKO&ぽんきちのワンマンライブの時に来て頂いたお客様に名刺を渡してご挨拶をしていた時のことです。

ある男性客に名刺をお渡ししてお礼を言うと、彼はぽんきちを最初の洋楽カバーユニットのmilky noteの頃からライブを観ているというのです。

ぽんきちが最初のアコースティック・デュオで活動を始めたのは11年前ですから、彼は10年以上前からぽんきちのライブを観ていたわけですが、お話したのは始めてでした。

お話していると彼はぽんきちが演奏している他のユニットのライブも観ていて、そんなに以前からぽんきちを陰ながら見ていた人がいたのか!?と驚きました。



ワンマンライブの終了後にななこちゃんがいつものようにお客様一人一人とお話をしていました。彼女はライブの後で必ずそれぞれのお客様の隣に座ってお話しています。

その男性客は最近たまたまななこちゃんのライブも観るようになっていたらしく、最近ぽんきちと一緒にユニットを始めたということでワンマンライブにも来てくれたようでした。

ずいぶん長く二人でお話しているようでしたが、その二日後にななこちゃんから話がしたいのでスタジオ練習も兼ねて会いませんか?と連絡がありました。



どうやら彼女はその男性客からたくさんのアドバイスを頂いたらしく、そのお客様は10年以上前からギタリストぽんきちのライブを観てますから今回のライブで思うところがあったようなんです。

結論から申しますと、NANAKO&ぽんきちはソウルカバーユニットとして2月から活動を始めましたが、これからはソウルナンバーにこだわらないユニットに変わります。

一定のこだわりを持ちながらも洋楽と邦楽に関わらずカバーするユニットに生まれ変わる予定です。

その男性客のアドバイスについてはここでは詳細は書きませんが、さすがに10年以上前から陰ながらぽんきちを見ていただけあるなぁと思えるものでした。

一言で説明すると、「せっかくぽんきちさんとユニットをやっているんだからギタリストぽんきちの魅力をもっと引き出せる表現にした方がいいでしょ?」というものでした。



ぽんきちはギタリストとしては器用なタイプではありません。ヴォーカリストに合わせて変幻自在に音のスタイルを変えられないタイプなんです。ぽんきちがアレンジしてギターを弾くとどんなジャンルの音楽であろうと、誰の伴奏をしようと、いわゆる「ぽんきち節」になってしまうのです(・・;)

これはギタリストのぺぺ伊藤くんも同じことを言ってました。彼もたくさんのヴォーカリストの伴奏をしていますが、常に「ぺぺ伊藤節」なんです。

某ライブバーのオーナーが我々のことを「ヴォーカリストに支配されないギタリスト」だと話していましたが、音楽を仕事として考えた時にこれが良いことなのか悪いことなのか微妙なところだと思っています。

ですから、我々のようなタイプのギタリストは自分のギタースタイルを求めてくれるヴォーカリストの伴奏しかできないのです。

「ぽんきち節」の伴奏で歌いたいというヴォーカリストであればユニットは成立するでしょうし、ぽんきちの独特な個性を必要とするヴォーカリストしか求めてこないだろうと思っています。



その男性客のアドバイスに感心すると同時に、ななこちゃんにもぽんきちは感心しました。その男性客のアドバイスを受けて自分なりに考えて方向転換をぽんきちに提案してきたからです。

彼女はぽんきち以外のミュージシャンのサポートでもソウルナンバーをいろんなお店で歌っていますが、ヴォーカリストNANAKOとしてどんな活動をすればベストパフォーマンスにできるのかを常に考えている娘なんです。

彼女がユニットの方向転換する気持ちになった経緯を聞いてぽんきちは快諾したのですが、ぽんきちとしては自分のギター伴奏でヴォーカリストが気持ちよく歌ってくれたらそれでいいのです。



NANAKO&ぽんきちはこれから洋楽やソウルナンバーにこだわらないユニットになりますが、70年代のディスコソウルナンバーなどは続ける予定です。

これってアコギ一本のアレンジでどうなんだろう?と最初は不安もあったのですが、意外とアレンジできるものでして・・・しかも、ディスコソウルナンバーってやっぱり演奏しているとめっちゃ楽しいんです。



おそらく、先日のライブであの男性客が来ていなかったらこれほどの方向転換をすることはなかったはずです。

10年以上前からぽんきちのライブを観ていて、かと言ってぽんきちに声をかけるわけでもなく、陰ながら見続けてくれている人がいたことにぽんきちは驚きを隠せませんでした。



音楽活動は、ライブはお客様あってのものなんだと、改めて思い知らされたぽんきちでした。

ライブに足を運んでくださるお客様たちに心から感謝していますm(__)m













ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/04/20 22:42 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者のためのアコースティックギター講座〜初心者ギタリスト向け弾き語り曲・荒井由実「瞳を閉じて」について




20170419221613014.jpg








https://youtu.be/ycj99A-zQLE





http://www.ufret.jp/song.php?data=3933
瞳を閉じて〜Uフレット(ギターコード譜)






最近はぽんきちが弾き語りできる曲はないものか?とネットなどで探していますが、初心者ギタリストにぴったりな弾き語り曲を発見しました(o゚▽゚)o



ユーミンの「瞳を閉じて」という曲なんですが、カポ5フレットにするとコード譜のキーがCになって、しかも使われているコードがほとんどダイアトニックコード(そのキーで使うと最も自然に聞こえる代表的なコード)なので初心者ギタリストの練習曲にお勧めです。

ぽんきち手書きの簡単なコード譜の写真もアップしましたが、ネットのUフレット(ギターコード譜)は自動スクロールできるので便利なんですが、ぽんきちはペーパーに書いて弾き語りの練習する方が落ち着きますね(^_^;)


この曲の良いところはキーがCで、しかもAメロがC→Dm7→Em7→Fと進行するところです。度数で考えると1→2→3→4となるのでダイアトニックコードの流れがとてもわかりやすいのです。

Bメロに移る直前にE7になりますが、このコードだけはダイアトニックではありません。この部分だけキーがAになりますが、E7はセカンダリードミナントと言ってAのドミナントコードになります。

この辺は音楽理論のお話になりますので、ぽんきちのギターレッスンの生徒さんで理論まで教えて欲しいというご希望がある方には説明いたします(^-^)



次にBメロですが、同じくダイアトニックコードでAm→G→F→Emと進行するところは度数が6→5→4→3で、Am→G→F→Gと進行するところは度数が6→5→4→5となっていて、やはりとてもわかりやすいのです。



この曲の更に良いところは、カポ5にすると伴奏がオリジナルと同じキーになるので女性は弾き語りしやすいですし、カポを外せば2音半キーが低くなるので男性でも弾き語りしやすいという点です。
 
ユーミンのあの名曲がこんな簡単なコード進行で作られていたんですねぇ・・・シンプルなコード進行で名曲が生み出せる人ってやはり才能あるミュージシャンなんだなって思います。





今日のまとめです。


初心者ギタリスト向け弾き語り曲・荒井由実「瞳を閉じて」で練習しよう!!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/04/19 22:18 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステージのMCで失敗したとかコンディションが良くないことを話してはいけない〜やらかしたら観客を惹きつけるネタにすればいいんじゃね?




20170418220003234.jpg





ヴォーカリストだと喉の調子が良くない日にライブがあったりすると思い通りに歌えないこともあると思います。そんな時、MCでついついそれを口に出してしまうことがありませんか?

これ基本的にNGなんですけど、理由はお客様にとって本人のコンディションや自己管理の事情などは関係ないからです。それと、歌っている本人が言い訳している心理が見えてしまうのでみっともないからです。



楽器を演奏する伴奏者も同じ理由で、演奏をミスったりしても失敗したとか言ってはいけません。

とか言いながら、ぽんきちは正直者な性格が災いして演奏中にうっかり口に出してしまうことがよくあります(^_^;)

先日もレイぽんの演奏中にぽんきちがコーラスを入れる曲があったのですが、マイクを横の方に向けたまま演奏していたので、コーラスが始まる直前に「しまった〜(゚Д゚;)」と言ってしまったのです。

ぽんきちはコーラスする曲がない時はマイクの位置を外しているのです。理由は写真映りを良くするためなんですが、滅多にありませんがたまにコーラス用のマイクを忘れて失敗することがあります(・・;)



さて、ここで失敗したことを口に出してしまうライブはNGなのか?ということなんですが、はっきり言ってケースバイケースですね。みっともない言い訳をしていると観客に思われてしまうならばNGです。

しかし、もし狙ったわけではないけれど結果的にお客様が喜んでくれたらOKなんです。だって、お客様はライブを楽しみたくて足を運んでくれているわけですから、楽しいライブだった、来て良かったと思えたならばそれでいいだろうとぽんきちは思っています。

その曲の演奏後にレイさんがMCのネタにして観客を笑わせていたわけですから、うっかり八兵衛になったぽんきちの失敗は無駄ではなかったと( ̄∇ ̄;)



要するにコンディションが良くない時や失敗してしまうライブはどうしてもあるわけで、大切なのはそれを言い訳ではない別のものに、例えばお客様が喜んでしまうようなものに変換してしまえばいいのです。

但し、それを最初から狙うのはナンセンスで、普段から自己管理や練習などの準備は徹底してやっておかなければいけません。それでも人間ですから生演奏のライブでは調子の悪い時もあるし、突発的なアクシデントが起こったりします。

そのマイナスな出来事を如何にプラスに変換できるのかが大切だろうと思います。完璧な歌と演奏でもお客様が楽しめなかったら意味がありません。目指すべきは完璧なステージングなんですが、ライブってなかなか思い通りにはならんとです( ̄。 ̄;)



もっと言ってしまうと、途中で歌詞を間違えたとかはその曲をよく知っている人じゃない限り気付きません。同じく、楽器も演奏中に多少間違えたとしてもコードを外してなければ気付きません。

ですからポーカーフェイスにしていればほとんどの場合は何事もなかったかのように進行します。ただ、ぽんきちのように明らかに失敗したなとわかる場合もあるので、その時は開き直ってエンターテイメントの一部に変換してしまいましょう( ̄∇ ̄)

だって、やらかしてしまったものは仕方ないですし、その場で反省するくらいなら目の前のお客様を楽しませろ!!ってことです。

反省は家に帰ってからすればいいじゃないですか。次からはもうあんな失敗は絶対しないと自分に誓うのです・・・う〜ん、何回誓ったかわからないぽんきちですけどね(^_^;)



最後に、アコースティックの場合はMCはライブの流れを作る大切な要素があります。かなり実力派のシンガーでも比較的に世間話に近い、親しみある内容のお話をする人たちも多いのです。

そんな自然な流れの中で今の季節だと花粉症だとかPM2.5だとか大気汚染の話題があったとしても特におかしなことはないと思います。

ぽんきちの個人的な意見ですが、花粉症の人たちもたくさんいるわけで、それは多くのヴォーカリストたちも例外ではありません。MCでたまたまそんな話題が出てもそれを言い訳しているとはぽんきちは感じません。



それでもお客様に言い訳していると感じさせる可能性があったり、自分の中で言い訳したい心理が働いているならば、そんな話題は避ければいいだけだと思います。

一流のミュージシャンになると言い訳さえも面白おかしくMCで語って観客を惹きつけているんです。ぽんきちも観ていて感心するんですけれど、おそらくMCで言い訳してはいけないという常識でストップしているうちはまだまだなんでしょうね。

それは同時に観客を惹きつける歌と演奏があるからこそMCとしても成立しているのでしょう。

そんな領域にまだ達していないならば、とりあえず言い訳はせず、次こそは自分たちが納得できる歌と演奏でお客様にも満足してもらえるライブをするんだという気持ちで常に前進していけばいいと思います。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/04/18 22:01 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オープンな生き方とクローズドな生き方〜なっちゃんとぽんきちの違いについて




20170417211849292.jpg






先日のなっちゃんの結婚式&披露宴には当然ながら彼女の会社の上司・先輩・後輩もたくさん出席していました。

披露宴のはじめにご両家のご家族の紹介があり、なっちゃんのお姉さん(なっちゃんは三姉妹の末っ子です)長女→次女と続いたあと、なぜか「TeTeのギタリストのぽんきち(実際は本名)さん」と紹介されました(・・;)

先日録音したTeTeの音源を披露宴会場のBGMで流していたので、なっちゃんが気を遣ったんでしょう。



その後、披露宴の途中に会場内やトイレで会社の方々から「TeTeのぽんきちさんですよね?」と何度となく声をかけてもらったのですが、彼らはしっかり「ぽんきち」という名前を知っていて、しかも彼らがなっちゃんの音楽活動にとても好意的なイメージを持っていることを強く感じました。

ぽんきちにとってそれはいかに普段からなっちゃんが会社でもTeTeの音楽活動についてオープンだったかを痛感する出来事だったのです。



今回のブログのテーマは、オープンな生き方が良いとかクローズドな生き方が悪いということではなくて、なっちゃんとぽんきちという同じTeTeの二人なのに、こんなにも仕事とプライベートの垣根の在り方が違うものなのか・・・というお話です。

なっちゃんは最近はあまり呼ばなくなったのですが、以前は職場の仲間たちをTeTeのライブによく誘っていました。アップした写真はなっちゃんがとても可愛がっている後輩のHちゃんですが、彼女はおとぼけコースケでのマンスリーライブに時々来てくれていました。



それに対してぽんきちは音楽活動については基本的に職場ではクローズドでした。職場の仲間たちをライブに誘うこともほとんどなかったですし、話を積極的にすることもありませんでした。

ぽんきちがギターを弾くらしいとか、ライブをしているらしいということは、職場の何人かは知ってはいましたが、誰かに聞かれたらぽんきちは淡白に答える程度でした。

ですから、ぽんきちが早期退職をすることを知った時、仕事関係の多くの人たちが驚いたと同時に、その後、人づてにぽんきちブログの存在を知って過去に遡って読んだ人たちは更に驚きを隠せなかったようでした。



なっちゃんがぽんきちと知り合いTeTeの活動を始めたのは彼女が大学4年生の時でしたから、彼女は最初から会社の人たちに音楽活動についてオープンにしていたようでした。彼女にとってはクローズドにする必要性がなかったんでしょうね。

平日働いている自分と週末ライブしている自分の姿の乖離はぽんきちはとても感じていたのですが、彼女もそれは感じつつもぽんきちほどではなかったというか・・・おそらくこれは性格的なものなんでしょう。

なっちゃんは真っ直ぐな性格で基本的にオープンなタイプです。

このブログを読んでいる方々は、ぽんきちもそんなタイプだとお思いでしょ?そこのアナタ( ̄∇ ̄;)

おそらくぽんきちは基本的にはなっちゃんとは対称的なタイプなのです。



こんなブログを書いているとぽんきちは真っ直ぐでオープンな性格の人間だと思っている人たちは多いと思います。周囲の人たちもそう思っているんじゃないかな?

ただ、なっちゃんを見ていると自分はそれほどではないなぁ・・・と思うのです。おそらくぽんきちは基本的にクローズドな人間なのです。

しかし、今は以前よりも自分に正直な生き方をするようになったので、ずいぶんオープンになったような気もしています。



引き寄せの法則ってありますよね?ポジティブなことを考えたり言葉にしていると実際に人生のベクトルがそうなっていく。同じようにネガティブなことを考えたり言葉にしているとそれも然りというヤツです。

ぽんきちの場合はどうなのかわかりませんが、少なくともなっちゃんを見ていると引き寄せの法則って確かにあるんだなと思えます。

勿論、彼女の場合はポジティブ思考のタイプですが、これは生まれ持った性質が大きいなぁ・・・って思います。

なっちゃんはご両親やお姉さんたち、そしてこれまで育ってきた環境に感謝するのがいいでしょう。



最後に、なっちゃんは天然な性格ですし、一見苦労知らずに見えるかもしれません。ぽんきちと出会いTeTeという音楽活動に恵まれ、イケメンの旦那さんとも出会えて今の幸せな新居での暮らしも手に入れたと。

しかし、ぽんきちは彼女と8年近くTeTeの活動を通して、音楽ユニットの相方としてずっと彼女を見てきましたが、彼女が過去に仕事でも恋愛でもどれほど苦しんできたかを知っています。

人は見かけによらないのです。

幸せを引き寄せるためには、その裏には必ず努力というものがあります。棚ぼたなんて滅多にないものでしょう?それはなっちゃんも例外ではありません。



ぽんきちが今なっちゃんに見習うのは、ねじ曲がってないところですかね。歪んでないとでも言いますか、そんな生き方が自然にできる娘なので、そういう意味では彼女の幸せにあやかりたいと思っています。











ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/04/17 21:22 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フーテンのメグが帰ってきた〜アコースティック・デュオ「marrio(まるりお)」復活ライブのお知らせ




20170416204628577.jpg





4月29日(土)福岡市中央区舞鶴1-8-30 プリズモ21-7F「Sugar Time」


オープン 19:30
スタート 20:00

チャージ1500円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

Contrail(オリジナル&カバーユニット)
marrio(Vo.megu Gu.ponkichi)


https://facebook.com/Sugar-time-%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0-245126285509967/
Sugar Time FBページ






5月2日(火)福岡市中央区赤坂1丁目11-20サンシャイン赤坂1F「TUPELO」

19:00 オープン
20:00 スタート

チャージ1500円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

marrio(Vo.megu Gu.ponkichi)
DEE(ソウルカバーユニット)


https://www.facebook.com/kusaongakutupelo/
TUPELO







今年に入って消息不明だったメグちゃんがふらりと帰ってきました!!


ぽ)てめえ、いったいどこに行ってやがったんだ!?(`_´)

メ)いや・・・関門海峡あたりでバナナの叩き売りを少し・・・(^_^;)

ぽ)呆れた野郎だ!!フーテンのメグたぁ〜お前のことだ!!(`_´)さっさとまるりおの活動を再開するぜ!!

メ)合点だぁ〜(o゚▽゚)o



・・・みたいな(・・;)



諸事情により「ケイコとマナブ」というユニット名で活動を再開したものの、いつまでも仮の名前では動きにくいことこの上なかったのです(・・;)



まぁとりあえず・・・無事にメグちゃんが生還したのでまるりお復活します。よろしくお願いいたします!!










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/04/16 20:47 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする