仕事の中でワクワクすることや感動することがなかった〜それを純粋に寂しいと思っていた




20170318233632786.jpg





ぽんきちは芸能人など所謂有名人の書いたブログは読みません。あくまでも普通の人たちが書くブログを好んで読みますが、ある日「朝起きて今日の仕事のことを考えてワクワクする人生をあなたは送っているだろうか?」という問いかけを書いたブログを読んだのです。

いつだったか、誰が書いたブログだったのか憶えていませんが、おそらく3年以上前だったと思います。当時のぽんきちはまだ勤め人で、将来は今の状況になるなんて夢にも思っていなかった頃でした。

当時のぽんきちにとってその問いかけは軽くショックでした。なぜならば仕事にワクワク感を求める発想そのものがなかったからです。仕事とはまずは生活を支える手段であり、誰かの役立つことをすることで報酬は得るもののそれは面白い内容であることは少なく、むしろ世知辛いものであることが当たり前だと考えていたからです。



様々な職業の人たちがブログで自分の生き方を発信する時代になり、その中にはワクワクしたり感動したりする要素を持った仕事を自分で選択し生きている。世の中にはそんな普通の人たちがたくさん存在していることを知って、ぽんきちはそれまで当たり前と思っていた自分の中にある職業に対する価値観が揺らぎ始めたのです。

仕事柄たくさんの失業者を見ることが多い現場で働いていたものですから、世の中の厳しい現実や世知辛い話は普通の人たち以上に見聞する立場にいたのです。

それ故にぽんきちの職場で働く人たちは現実だけを見つめて生きている人たちが多い職場だったと思いますし、ぽんきち自身も長くそんな環境で生きてきて、そのことに疑問を持たない生き方をしていました。



仕事とはそういうものだと、ワクワク感や感動などというものはプライベートの趣味やお付き合いの中で発見するものだと思っていました。

それなのに、毎朝起きてワクワクする気持ちもない、むしろどんよりする気分になる案件を抱えていたりすることの方が多かったりする日々に、本当は「これっておかしくないか?」という想いが実は以前から心の奥底に存在していることに、少しずつ目を向けるようになっていきました。

本当は疑問を持たない生き方をしていたのではなく、その部分は見ないようにしていたのです。しっかり見つめてしまうと自分を支えているものが根底から揺らいでしまうような気がして怖かったのです。



それを裏付けるのが、ぽんきちがブログを書くようになる前は、情報発信する内容はもっぱら週末の音楽活動のことばかりでした。mixiやFBなどのSNSは2006年から始めていますが平日の仕事のことはほとんど書いていませんでした。

楽しくないことは書かない。楽しいことだけを書く。それがぽんきちにとってのSNSでしたし、それ自体は悪いことではありません。しかし、人生の大半を占めるのは時間で考えるならば平日の自分であり、週末の自分ではないという事実に、自分とはいったい何なのか?と考えるようになりました。

ワクワクすることや感動することが週末にしかない自分の人生とはいったい何なのか?と。このまま残りの人生を終えようとしている自分とはいったい何なのか?と。



そういうものが週末にあるだけでもぽんきちさんはマシですよ!という意見もあるのでしょうけれど、他者の人生はあくまでも他者の人生に過ぎません。相対的に考えることではないと思っています。

ぽんきちはただ純粋に寂しいと思ったのです。自分で自分の人生をそうしてしまっている現実が寂しいし、変えられる方法はないのだろうか?と考えるようになりました。

そうこうしているうちに同世代の仲間たちが一人また一人と癌などの病気で亡くなっていく年齢になっていることも、自分自身が治癒できない病気を抱えていることも、未来を真剣に考えるきっかけになっていきました。



結論としては、人生の大半を占める仕事という不可欠な要素の中にワクワクすることや感動することがあれば、もっと充実した人生を送りながら死に近づけるのではないか?という想いに至って今があります。

その上で最大の障壁は食べられるかどうか?だけなので、今のところ食べられるための手段を持つことを目標に進めていくしかないので、そのための環境作りに没頭しているのが今現在のぽんきちです。



寂しいのは自分で寂しい自分にしている事実を認めることと、他者や環境のせいではないと思うことからぽんきちは始めました。

3年前のぽんきちも今のぽんきちも自分で選んでその時のぽんきちが在ります。

今は寂しくないのか?と問われたならば、あの頃の寂しさとは違う寂しさがあると答えるかもしれません。

しかし、今は答えを出す時期ではないし、やるべきことが山積しているので、今目の前にあるそれらをただやっていくだけです。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/18 23:37 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする