セッション・アコースティックD.I.を購入しました!〜きっかけは宮崎遠征ライブ




20170303192359667.jpg 





http://www.jes1988.com/lrbaggs/sessiondi/top.html
L.R.Baggs Session Acoustic D.I.




D.I.ってアコースティックギターでライブをしていない人たちにとっては??だと思いますが、アコースティックギターとPAの間に繋ぐプリアンプのことです。

ギターを直接PA(ミキサー卓)に繋いでも音は出ますが一般的に無機質な固い音になります。(環境によっては例外もありますが)

そのためプリアンプを使用することでアコースティックらしい音が出せるようになるのですが、ぽんきちはこれまでD.I.を使っていませんでした。

ぽんきちが長年D.I.(プリアンプ)の代わりに使っているのはBingo2というドイツ製のアコースティック用アンプです。

20170303192437473.jpg


このアンプはかなり優れものでして、ヴォーカルマイクとギターの2チャンネル仕様なので、これさえあればPAが無いお店でもアコースティック・デュオならばどこでも演奏できるのです。



今回ぽんきちがD.I.を購入することにしたのは今月予定されている宮崎遠征ライブのためです。

お昼過ぎのボランティア演奏ではPA設備の詳細がわからずD.I.が用意されない可能性があるのと、単純にアンプが荷物になるため自前でD.I.を持参することにしたのです。



セッション・アコースティックD.I.はコンパクトで扱いやすく、これまでのL.R.Baggs製品の中でも軽量なので遠征ライブにはぴったりなんです。

さて、肝心のサウンドなんですが、早速ぽんきち所有のアンプで鳴らしてみましたが、う〜ん・・・よくわからんです(^_^;)

これってちゃんとしたPAで大音量で鳴らさないと良さがわからないんじゃないかな?



このプリアンプの肝は何と言っても真ん中のツマミの「サチュレート」ですけど、これで豊かな倍音で艶のある音作りができます。

20170303192508821.jpg


そして、コンプEQを併用することですっきりした音作りも可能なんですが、ぽんきちのアンプで鳴らしているとイマイチでした。何だか作られた感が強くて、長年Bingo2だけの音に慣れてしまっているからかピュアさを感じませんでした。

しかし、これから遠征ライブや野外イベントなどアンプが荷物になるライブでは重宝しそうです。



あ〜、早くPAの大音量で鳴らしてみたいなぁ(^-^)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/03/03 19:26 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする