ぽんきちのハローワーク体験記〜志望動機について・誰のために働くのかを考える




20170321221827780.jpg






ネットを検索すると関連した記事があると思いますが、志望動機は4つの視点で考えるのがポイントです。

「私」「企業」「お客様」「社会」の4つですが、それぞれがWINWINの関係になるような視点で志望動機を考えるのです。

ぽんきちはハローワークで働いていた頃に志望動機の書き方について相談された際に、この4つの視点で考えることをお勧めしていました。



とかく就職や転職というものは給料や休日数など採用条件の良さに本音が向いていたりしますので、応募者は「私」と「会社」の2つの視点だけになりがちです。

しかし、社会で働くことの意味はその二者だけのためにあるのではなく、「お客様」に役立つことをして「社会」に貢献するために働くことの意味があるということを忘れてはいけないのです。

そして、仕事の理想的な形というのは私だけではなく、会社やお客様や社会が喜べるようなものであるはずです。ですから、志望動機には4つの視点が不可欠なのです。



まず、その仕事をすることで私はどうなりたいのか?

私は会社にどんな貢献ができるのか?

私が会社に貢献することでお客様にどんな風に役立つことができるのか?

最後に、私が会社に貢献してお客様に役立つ存在になることが結果的に社会に対してどんな貢献ができるのか?



以上の視点を持って志望動機を考えればそれぞれがWINWINの関係になれる視点で志望動機を書くことができるようになります。

つまり、働くという行為は自分だけのためではないのだと、誰のために働くのかを考えることが大切なんです。



そして、なぜその会社を選んだのかも伝えます。そのためには同業他社のことも調べて、その会社ならではの企業理念や事業内容に興味を持っていることを伝えます。ですから、会社のHPなどは必ず事前に閲覧して企業の理念や事業内容がどんなものなのかを熟知しておくことが大切なんです。

履歴書の志望動機欄には入りきらないならば、職務経歴書にも書いたり志望動機書を別に作成する方法もあります。



その際、汎用性の高い言葉はなるべく避けましょう。汎用性の高い言葉とは「やる気がある」とか「協調性がある」とか「将来性がある」とか「社会に貢献できる」とか、誰もが使いがちな抽象的な表現のことです。

志望動機には抽象的な内容ではなく自分らしい具体的な言葉を使いましょう。それまで勉強したことや経験したことやその仕事内容に触れる際にはなるべく固有名詞を使うようにしましょう。

勉強したことならば資格名とか、経験したことならば業務名とか、仕事内容ならば求人票に書かれている固有名詞を拾って、とにかく具体的な表現にします。



そして、この汎用性の高い言葉を避け具体的な表現にするというポイントは履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成する際にも大切な要素になります。

これについては次回の「ぽんきちのハローワーク体験記」で書きたいと思います。




以上、ぽんきちのハローワーク体験記・志望動機についてでした(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/21 22:19 | Comment(0) | ぽんきちのハローワーク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBで繋がっていない読者のためのフォト集〜TeTe 十八ライブ(photo by ありちゃん、つぐさん)




FB_IMG_1490016084687.jpg





FB_IMG_1490027797878.jpg





FB_IMG_1490016036846.jpg





FB_IMG_1490030413075.jpg





FB_IMG_1490030437536.jpg





FB_IMG_1490030453135.jpg





FB_IMG_1490030473326.jpg





FB_IMG_1490030482165.jpg





FB_IMG_1490030489744.jpg





FB_IMG_1490030493651.jpg









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール



ぽんきちのアコースティックギター講座


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。


posted by ぽんきち at 2017/03/21 12:33 | Comment(0) | TeTe[写真] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっとたくさんの人たちにライブバーの存在を知って欲しい〜決して敷居の高くないライブバーという空間について




20170320232657239.jpg





ぽんきちは自分のライブがない週末は仲間たちのライブに行くことが多いです。ぽんきち自身がお客さんになって純粋に生演奏の音楽を楽しんでいますが、先日も興味深いユニットの対バンライブに行ってきました。

そんなライブでよくお会いする純粋に音楽好きなお客様と隣同士になったのでお話したのですが、彼は仕事で嫌なことがあっても週末にお酒を飲みながらお気に入りのユニットのライブを観ると癒されると話していました。

以前はこんなお店が福岡にたくさんあることは知らなかったそうで、最近はいろんなミュージシャンのライブを観ることが楽しみになっているのだとか。



ライブバーはお客さんが20人も入ればいっぱいになってしまうような小さなお店が多いですが、だいたいライブはチャージ1500円〜2000円くらいで要1ドリンクオーダーというシステムが多いです。ドリンクも500円くらいです。

生演奏の持つ臨場感はライブ独特のものです。博多には一般的には知られていなくてもクオリティの高いミュージシャンが多いのですが、最低でも2000円くらいからの料金でそんなライブを楽しむことができる世界がライブバーです。

ぽんきちは一般の人たちにあまり知られていないこのライブバーの世界を裏音楽界と呼んでいます。



10年以上前、まだぽんきちがアコースティック・デュオで活動をしていなかった頃に、あるメジャーなプロデューサー兼ミュージシャンがネットに博多の音楽シーンのことを書いた記事を偶然見つけて読んだのです。

そこで彼は博多のライブバーを中心とした音楽シーンを裏音楽界と呼んでいまして、そのクオリティの高さに驚いたという内容の記事でした。

その後、ぽんきち自身もライブバーの世界でアコースティック・デュオのギタリストとして活動するようになり、博多の裏音楽界の魅力にどっぷり浸かっていきました。



もちろん、プロとアマチュアが混在した音楽空間だったりするのですべてのライブがそうではありませんが、お客さんは自分が行きたいライブを選べるわけですから、週末にお気に入りのミュージシャンのライブを楽しめばいいと思います。

ネットでも知り合いでも何でも構いませんが、何かをきっかけにライブバーの世界を知ってとても満足できるライブを観ることができたら、そこから更に別のミュージシャンのライブへと広がっていくこともあると思います。

ぽんきちがここで申し上げたいのは、ライブバーは決して敷居の高い音楽空間ではないので、音楽好きな方々には気軽に足を運んで頂きたいのです。



週末にお気に入りのミュージシャンたちのライブを楽しんでいる彼のように、たくさんの人たちにライブバーの存在を知って頂きたいと純粋に思っています。ぽんきちもいろんなお店で週末にライブしています。

ぽんきちは現在4つのユニットで活動していますが、どのユニットでも構いませんので、ライブバーという敷居の高くない音楽空間を知るきっかけにぽんきちのユニットも使ってください。せっかく毎日ブログを更新しているので、ぽんきちがきっかけになってライブバーの世界を知ったという人たちが少しでも増えると嬉しいのです。



皆さんのお越しをいつでもお待ちしております(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/20 23:27 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイぽん& Contrail アコースティックライブのお知らせ



20170319224034556.jpg





3月25日(土)福岡市中央区清川1-10-14-2F「Live Bar i&i」

オープン 19:00
スタート 20:00

チャージ1500円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

Contrail
レイぽん


http://greens.st.wakwak.ne.jp/905911/
Live Bar i&i







今月のレイぽんは久しぶりに男性デュオContrailとの対バンライブです。

彼らはオリジナルとカバーを演奏していますが最近はオリジナルの方が多いのかな?ぽんきちにとっては可愛い後輩ミュージシャンの彼らですが、とても良いライブをするユニットに成長しているので、ぽんきちがお誘いして今回ライブすることになりました。

お時間ありましたらよろしくお願いいたします(^_^)ノ








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact





posted by ぽんきち at 2017/03/19 22:41 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事の中でワクワクすることや感動することがなかった〜それを純粋に寂しいと思っていた




20170318233632786.jpg





ぽんきちは芸能人など所謂有名人の書いたブログは読みません。あくまでも普通の人たちが書くブログを好んで読みますが、ある日「朝起きて今日の仕事のことを考えてワクワクする人生をあなたは送っているだろうか?」という問いかけを書いたブログを読んだのです。

いつだったか、誰が書いたブログだったのか憶えていませんが、おそらく3年以上前だったと思います。当時のぽんきちはまだ勤め人で、将来は今の状況になるなんて夢にも思っていなかった頃でした。

当時のぽんきちにとってその問いかけは軽くショックでした。なぜならば仕事にワクワク感を求める発想そのものがなかったからです。仕事とはまずは生活を支える手段であり、誰かの役立つことをすることで報酬は得るもののそれは面白い内容であることは少なく、むしろ世知辛いものであることが当たり前だと考えていたからです。



様々な職業の人たちがブログで自分の生き方を発信する時代になり、その中にはワクワクしたり感動したりする要素を持った仕事を自分で選択し生きている。世の中にはそんな普通の人たちがたくさん存在していることを知って、ぽんきちはそれまで当たり前と思っていた自分の中にある職業に対する価値観が揺らぎ始めたのです。

仕事柄たくさんの失業者を見ることが多い現場で働いていたものですから、世の中の厳しい現実や世知辛い話は普通の人たち以上に見聞する立場にいたのです。

それ故にぽんきちの職場で働く人たちは現実だけを見つめて生きている人たちが多い職場だったと思いますし、ぽんきち自身も長くそんな環境で生きてきて、そのことに疑問を持たない生き方をしていました。



仕事とはそういうものだと、ワクワク感や感動などというものはプライベートの趣味やお付き合いの中で発見するものだと思っていました。

それなのに、毎朝起きてワクワクする気持ちもない、むしろどんよりする気分になる案件を抱えていたりすることの方が多かったりする日々に、本当は「これっておかしくないか?」という想いが実は以前から心の奥底に存在していることに、少しずつ目を向けるようになっていきました。

本当は疑問を持たない生き方をしていたのではなく、その部分は見ないようにしていたのです。しっかり見つめてしまうと自分を支えているものが根底から揺らいでしまうような気がして怖かったのです。



それを裏付けるのが、ぽんきちがブログを書くようになる前は、情報発信する内容はもっぱら週末の音楽活動のことばかりでした。mixiやFBなどのSNSは2006年から始めていますが平日の仕事のことはほとんど書いていませんでした。

楽しくないことは書かない。楽しいことだけを書く。それがぽんきちにとってのSNSでしたし、それ自体は悪いことではありません。しかし、人生の大半を占めるのは時間で考えるならば平日の自分であり、週末の自分ではないという事実に、自分とはいったい何なのか?と考えるようになりました。

ワクワクすることや感動することが週末にしかない自分の人生とはいったい何なのか?と。このまま残りの人生を終えようとしている自分とはいったい何なのか?と。



そういうものが週末にあるだけでもぽんきちさんはマシですよ!という意見もあるのでしょうけれど、他者の人生はあくまでも他者の人生に過ぎません。相対的に考えることではないと思っています。

ぽんきちはただ純粋に寂しいと思ったのです。自分で自分の人生をそうしてしまっている現実が寂しいし、変えられる方法はないのだろうか?と考えるようになりました。

そうこうしているうちに同世代の仲間たちが一人また一人と癌などの病気で亡くなっていく年齢になっていることも、自分自身が治癒できない病気を抱えていることも、未来を真剣に考えるきっかけになっていきました。



結論としては、人生の大半を占める仕事という不可欠な要素の中にワクワクすることや感動することがあれば、もっと充実した人生を送りながら死に近づけるのではないか?という想いに至って今があります。

その上で最大の障壁は食べられるかどうか?だけなので、今のところ食べられるための手段を持つことを目標に進めていくしかないので、そのための環境作りに没頭しているのが今現在のぽんきちです。



寂しいのは自分で寂しい自分にしている事実を認めることと、他者や環境のせいではないと思うことからぽんきちは始めました。

3年前のぽんきちも今のぽんきちも自分で選んでその時のぽんきちが在ります。

今は寂しくないのか?と問われたならば、あの頃の寂しさとは違う寂しさがあると答えるかもしれません。

しかし、今は答えを出す時期ではないし、やるべきことが山積しているので、今目の前にあるそれらをただやっていくだけです。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/18 23:37 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする