演歌と歌謡曲をバカにするな




20170331223301021.jpg







https://youtu.be/2kOQfc1FswE
舟唄大好き(o゚▽゚)o




誰もが知っている演歌歌手の五木ひろしさんは30種類の楽器が演奏できるそうです。

五木さんのコンサートでオーケストラをバックに歌う彼が余興でそのオーケストラに自らが参加し、ほとんどの楽器を演奏してしまうというパフォーマンスも見せてくれることもあるのだとか。

五木さんは演歌歌手であると同時にずば抜けた才能を持ったミュージシャンなのです。



かつて昭和の時代には「流し」という職業の弾き語りストが存在していました。福岡市内の繁華街でもまだカラオケが一般に普及していなかった頃、スナックや居酒屋などを渡り歩き、お客さんのリクエストに応えて3曲3000円とかで弾き語りしていたそうです。

時にはお客さんの歌に合わせてギター伴奏することもあり、どんなキーでも即座に対応して完璧な演奏をしていたのだとか。

彼らが演奏するのはもっぱら演歌や歌謡曲が中心であったことは当時の時代背景から容易に想像できますが、流しで生活していた人たちは2000曲くらいレパートリーがあるのが普通だったそうなんです。



いつだったか演歌歌手の八代亜紀さんがニューヨークのジャズクラブでライブする様子を追いかけたドキュメンタリー番組がありました。

八代さんはもともとジャズシンガー出身で、いつかニューヨークのジャズクラブで歌ってみたいという夢を持っていたそうなんです。

その番組の中でニューヨーカーたちの前でジャズを歌った後、ライブの最後に彼女の代表曲である「舟唄」を完璧な演歌のアレンジで歌いました。

その歌はニューヨーカーたちから絶賛されていました。最後の曲が一番良かったと言うコメントばかり番組では流していましたが、それは嘘ではないだろうと思います。



数年前には由紀さおりさんが海外で絶賛され大きなセールスを上げましたが、昭和の時代の演歌や歌謡曲は世界に認められるクオリティがあるとぽんきちは思っています。

ぽんきちは洋楽好きで若い頃にロックやポップスに目覚めてギターにのめり込んで生きてきました。その過程で演歌や歌謡曲をバカにする雰囲気はいつも感じてきましたし、若かった我々にとってそれは自然なことだったのです。

しかし、昭和の時代の演歌や歌謡曲が世界に知られていないだけで、本当はとてもクオリティの高い音楽世界だったのだと、それなりの年齢になった今は理解できるようになりました。

当時の練りに練られた歌詞とメロディーとアレンジ、そして歌として表現する歌手の技量は半端ない凄さだったのです。



今はYou Tubeで過去の音源もたくさん聴くことができます。

若い音楽好きな読者の皆さんにも昭和の時代の歌を聴いて頂きたいと思っています。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/31 22:33 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「実は、わたし、下手なんです 歌が下手なんです 下手で、仕方なくて」〜ユーミンは本当に歌が下手なのか?ぽんきちはソロ弾き語りに転向するのか?




20170330231230516.jpg






http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51254
ユーミンと大物右翼「頭山家」の知られざる血脈と交流(週刊現代)



〈「最近、ご活躍みたいね」と尋子が言った。

ユーミンはダージリンを一飲みすると、出されたイチゴを食べ始めた。この人、どれだけ食べるんだろう。同席した玉子がそう思うほど、黙々とイチゴを食べ続けた。山ほどあったイチゴを完食すると、ユーミンは冷めかけた紅茶をもう一口飲んで、「実は……わたし」と言った。

「え?」

尋子が身を乗り出した。

「実は、わたし、下手なんです」

「下手?」

「歌が下手なんです」

尋子と玉子は顔を見合わせた。

「下手で、仕方がなくて」

尋子が笑い出した。そして「良い娘だね。正隆は良い嫁をもらったね」。

尋子は玉子に何十枚もの色紙を持ってこさせ、ユーミンにサインを書かせた。
ユーミンはその日以来、イチゴが食べられない。〉

〜本文より抜粋〜






https://youtu.be/36d-SKvLh4o





ユーミンのデビューアルバム「ひこうき雲」のレコーディングには一年間という期間をかけて制作されたらしいのですが、そのほとんどはユーミンの歌入れにかけた時間だったのだとか。

それくらいユーミンの歌は不安定だったわけですが、ぽんきちは今勝手に個人的に一方的にユーミンに強烈なシンパシーを感じています(・・;)

なぜかと申しますと、最近弾き語りをするようになって、当時のユーミンと同じ心境になっているからです。



そもそもユーミンは本当に歌が下手なのか?ということなんですが・・・まぁ下手ですよね(^_^;)

もともとユーミンはシンガーになるつもりは全くなくて、楽曲提供者になりたかったわけで、コンポーザー志望の彼女がシンガーとして世に出てしまったのは当時のプロデューサーの先見性だったんでしょうね。この娘は歌は下手だけどきっと売れると。

希望に反する売り出され方をしたユーミンはずいぶん苦しんだんじゃないかなぁ・・・でも、当時のプロデューサーの判断は間違っていなかったと今はご本人も認めているはずです。



ぽんきちが最近ソロ弾き語りをフリーライブでするようになった理由はいくつかありますが、一番大きな理由は平日のライブができるようになるためです。

今はヴォーカリストの都合で週末が中心のライブしかできていません。それでは仕事を辞めてフリーランスになった意味がないので、平日のライブをするためには自分で歌うしかないと覚悟を決めたからなんです。

しかし、大きな問題があって、シンガー志望でもなく、これまでまともに歌ったことのないぽんきちは当時のユーミンと同じ問題を抱えているわけです。しかも、弾き語りですからもともと下手な歌が更に下手になるという悪循環の真っ只中にいるわけです(>_<)



そもそも、昔からぽんきちには歌いたいという欲求がなくて、選曲するにもなかなか決まらなかったりしています。とりあえず単純に良い曲だなぁと思うナンバーを選んでいます。

それでも平日にライブできるようになれば、そこで歌っているミュージシャンたちは平日に音楽活動ができている人たちですから、もしかしたらぽんきちのギターに興味を示すヴォーカリストが現れるかもしれません。

ぽんきちにとっても気に入るヴォーカリストとの出会いがあるかもしれないわけで、平日にライブがしたいならば自分が平日にライブをすればそんなチャンスもあるだろうと考えているのです。



それと、弾き語りで平日のライブもできるようになればそれだけ露出が増えます。ぽんきちのギター伴奏をたくさんの人たちに聴いてもらえる機会が増えるので、ギターレッスンの営業活動にもなると考えています。

はっきり申しますと、ぽんきちは自分のギターを聴いてもらいたくてライブ本数を増やすために弾き語りをするのです。

しかし、弾き語りである以上は歌もちゃんとしないといけません。歌いたくないならギターインストでいいのでは?という意見もあるんでしょうけれど、ギターレッスンを希望する初心者ギタリストのほとんどが弾き語りをしたいからギターを習いたい人たちなんです。

だから、ぽんきちは自分が弾き語りライブを経験しないとその肝というものを教えられないと考えているのです。

要するに仕事上、やむにやまれず弾き語りを始めたわけです( ̄∇ ̄;)



今はフリーライブで修行の身ですがいつかはチャージ付きのライブもできるようにならないと意味がありません。そしてライブに足を運ぶお客さんは「歌を聴きたい」という方々が多いのは事実ですから、ユーミンと同じような悩みを抱えながらぽんきちはソロ弾き語りライブをする未来がやってくるのかもしれません。

ただ、今のぽんきちの弾き語りはかなり厳しいので時間がかかると思います。

もし、ぽんきちがソロ弾き語りライブをするようになったとしても平日が中心になるはずです。週末はユニットのライブが中心になりますから、バランスよく音楽活動ができるようになることが理想です。

この先、平日でもライブできるという何人かのヴォーカリストとの出会いに恵まれたら弾き語りライブはする必要性がなくなりますが、しばらくはそんな出会いもなかなかないだろうと予想しています。



本当は歌いたくない弾き語りストなんているのかな?たぶんぽんきちくらいでしょうねぇ( ̄。 ̄;)

人生は実に予測不能なもので、一年前は今の自分は全く想定していませんでした。

あり得ないことが当たり前に起こってしまうのが人生なのです。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/03/30 23:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーライブ(フリーマイク)という空間について考える〜まだ未熟なので経験を積みたいという人たちに最も適した場所がある




20170329213022480.jpg





http://misumiotsuki.com/?p=5684
「同情破り」「ゲリラ戦」「修行」・・・?




福岡県の北部に位置する宗像市にオフコースという名前の喫茶店があります。

小田和正さんの大ファンであるせっちゃんがオーナーのお店なんですが、もう7年くらい前から必ず毎週木曜日の夜に誰もが参加できるフリーライブが開催されている珍しい喫茶店なんです。

毎週たくさんの弾き語りストたちが集まるいつも満員御礼の大盛況のイベントでして、彼らにとってフリーライブは週に一度の待ちに待った楽しい時間と空間なんだなというのがとても伝わってくるのです。

最近になってぽんきちは車で一時間近くかけて宗像市にあるオフコースのフリーライブに参加するようになったのですが、一応こっそり弾き語りの修行をしようと思って始めました。

こっそり始めたものの、いざ参加してみるとフリーライブという空間が持つ効用を強く感じたので、お役立ち情報の意味で今回はブログに書くことにしました。



まず、ぽんきちがフリーライブに参加することにした理由はこれまでソロ弾き語りの経験が無いためとにかく経験を積みたいと思ったからです。

昨年の秋からぽんきちは「弾き語り武者修行の旅」と題して福岡市内のお店でワンシーズンに一度だけ仲間のミュージシャンを誘ってライブをしています。

これはデュオという形態での弾き語りなのでソロ弾き語りではありません。長年弾き語りストとして活動している仲間の協力を得ながらライブしているわけです。



要するに、ぽんきちはまだソロ弾き語りでライブするにはあまりにも未熟過ぎると自覚しているため、お客様からチャージを頂くライブはできないと考えているのです。それで、まずは誰もが気楽に参加できるフリーライブで修行をすることにしたのです。

わざわざ宗像市まで行くのはオフコースは以前から懇意にしているお店であることと、何年も毎週木曜日の夜にフリーライブを開催し続けている安心感からです。つまり、木曜日にオフコースに行けば必ず弾き語りができるというブレないシステムが気に入ったのです。

福岡市内にもフリーライブをやっているお店はあるみたいなので、木曜日以外の平日の夜ならばいずれ覗いてみようかなと思っています。



フリーライブに参加するようになってぽんきちが実感しているのは、自分はまだ未熟でちゃんとしたライブに出演するのはまだまだだと自覚している人にとっては最適な空間だということです。

オフコースのフリーライブでは参加者が2〜3曲ずつ次々と弾き語りしていきますが、「誰もが参加できる自由な演奏空間」という大前提があるので気負いが必要ないんです。

それと、この日はフリーライブです!!とはっきりイベントとしてアナウンスされた空間なので、お客さんたちに全く気兼ねしなくていいのです。

福岡市内にはいつでも演奏できるというお店があることは知ってはいるのですが、他のお客さんの中には演奏をするとか聴くとかを目的ではなく来ている方々もいます。気兼ねせずに演奏するにはお店が「この日はフリーライブです」と決めた日がある方が演奏しやすいのです。



絶対に弾き語りライブはしないと言い続けていたぽんきちがソロ弾き語りの修行を始めた理由についてはまた改めてブログに書くとして、今回のテーマは「 まだ未熟なので経験を積みたいという人たちに最も適した場所がある」です。

ぽんきちはとにかく弾き語りの経験を積みたいならばフリーライブに参加することをお勧めします。

そして、ある程度自分で納得できるレベルにまで成長したらチャージ付きのライブに出演すればいいと思います。

フリーライブとは言ってもライブはライブです。人前で弾き語りするので緊張しますし、思うように歌えなかったりギターも間違ったりします。その実践的な練習とも修行とも言えるライブを積み重ねることができるのです。



今のところ、ぽんきちのソロ弾き語りはギターは長年弾いているのでそれなりになってきていますが、歌が酷いですね(^_^;)

ピッチは定まらないし、マイクの使い方は距離感が掴めないし、声質は選曲によってコロコロ変わるし・・・ど素人そのものなんです(・・;)

普段ユニットでちょっとコーラスしている分には誤魔化せますが、フルで歌うソロ弾き語りではそれが全く通用しません。とにかく強烈なプレッシャーにやられてしまうぽんきちなんですが、ライブで弾き語りしているミュージシャンってやっぱり凄いなぁと改めて感じていますし、フリーライブをしているお店の存在があるのはとてもありがたいと思っています。



ですから、これから弾き語りを始めたいとか、まだ始めたばかりの人たちはフリーライブをやっているお店を見つけましょう。

そこでたくさん恥をかいて自分を磨きましょう。

そして、人前で弾き語りすることのワクワク感も知ってライブの楽しさもたくさん味わいましょう。



ぽんきちも弾き語りは初心者です。

まずはフリーライブでたくさん失敗しながらソロ弾き語りができるようになりたいと思います(^-^)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/29 21:31 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血液型から診るぽんきちの人間関係について




20170328212602863.jpg





今回は捨てブログです。

いきなりの捨てブログ宣言も如何なものか?と思いますが、基本的にぽんきちは血液型診断とか占いなどに興味がありません。

今回は何となくこれまでと現在のぽんきちの人生を振り返ってみて、自分の人間関係と血液型に特徴が見られることに気付いたのでブログに書くことにしました。

捨てブログなので読んでも読まなくてもどっちでもええです・・・適当やなぁ( ̄∇ ̄;)



血液型は4タイプで、日本人はA型が4割、O型が3割、B型が2割、AB型が1割ですよね?

ぽんきちはA型なんですが、それぞれの血液型に関わり方の特徴があるんです。



まず、一番多いA型タイプですが、ぽんきちと同じ血液型だからかわかりませんが、ぽんきちにとっては親友になるタイプです。

ぽんきちにも数少ない親友がいますが、確か大学時代の親友はA型だったような気がします。彼とは今でも交流がありますが、これまでの人生で消えていった親友もいます。それを親友と呼んで良いのか?という疑問はありますが、頻繁に交流していた時期は確かにあったわけで、当時は親友と認識してそれなりに長く交流していた人たちはやはりA型タイプでした。



次にO型タイプですが、ぽんきちにとってパートナーになるタイプです。特に女性に多いのですが、現在のプライベートの相方、レイぽんのレイさん、TeTeのなっちゃんはO型だと思います。

他のユニットの相方もいますけれど血液型を知らないので今はわかりません。そもそもぽんきちは血液型に興味がないのでわざわざ聞いたりしないのです(^_^;)



次にB型ですが、ぽんきちにとって同志とか仲間になるタイプです。例えばINN6のPちゃんとかもそうですし、ぽんきちはちょっと個性の強い人たちと仲良くなる傾向があります。

ぽんきちはなぜか以前からB型タイプの人から気に入られる傾向があるのですが、ぽんきちも割とそんな彼らが嫌いではなく面白い人だなぁと思う傾向があります。



最後にAB型タイプですが、このタイプはもともと人口が少ないからか関わる機会が少なかったですね。そして、関わったとしても長続きしません。嫌いというわけではなくて、交流している時はとても好きなタイプなんですが、気が付くと消えているタイプなんです。



以上が血液型から診るぽんきちの人間関係についてですが、基本的にぽんきちは相手の血液型に興味がないので現在交流している人たちの血液型はほとんど知りません。

もし血液型を知っていたらもっと詳細に分析できるのかもしれませんね。

しかし、正直に申しますと、捨てブログ宣言するくらいですからそんな分析もどうでもええと思っております( ̄∇ ̄;)











ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/28 21:26 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者のためのアコースティックギター講座〜G7thカポのチューニングが狂わない取り付け方について




20170327212836373.jpg





今回のギター講座はアコースティック・ギタリストに人気の高いG7thカポの使い方について書きたいと思います。

通常、カポを取り付けると弦にテンションがかかるため、正しい音程よりも少し高くなることがあります。要するに少しチューニングが狂うわけです。

結論から申しますと、G7thカポはネックの下側から挟むように取り付けるとチューニングが狂いません。



通常は写真のようにネックの上側から挟むように取り付けると思います。


20170327212924880.jpg


ぽんきちはマーチンのギターを使っていますが、この取り付け方だとカポのネジ部分が6弦側になるため、弦に強いテンションがかかり5弦と6弦の音程が少し高め(♯)になります。

但し、この取り付け方だとぽんきちのマーチンは1〜4弦はシャープしません。



それで、取り付け方を逆にしてネックの下側から挟むように取り付けてみました。


20170327213002262.jpg


すると、1〜6弦まで全くシャープすることなくすべての弦が正しい音程をキープしていました。

ネックを挟む位置を変えて1〜5フレットまで試してみましたが、すべてのフレット位置でシャープすることなく正しい音程をキープしていました。

これはG7thカポの特徴としてネジ部分のない先端部は挟む力が弱めなので、ギュッと強めに挟んでも太い5弦と6弦に強過ぎるテンションがかからないため、音程が少し高め(♯)にならないんだと思います。



但し、ギターによってネックの太さや形状は違いますから、ぽんきちのマーチンがまたまたG7thカポと相性が良いだけという可能性もあります。

ギタリストの読者で今現在G7thカポを愛用されている方はご自分のギターで試してみてください。もし、ぽんきちと同じようにネックの下側から取り付けるとチューニングが安定するならば、他のギターでもこの取り付け方が最適ということになります。



今回はカポを使用してもチューニングが狂わない取り付け方がないものか?といろいろ試しているうちに発見したのですが、それには理由があります。

ぽんきちは最近カポを使用した時のチューニングをシビアにしようとすることに決めて、今月のライブからカポを取り付けたら必ずチューニングするようにしたのです。先月まではだいたい合っているからいいか!?くらいにアバウトな感じだったのです。

しかし、ライブで演奏するセットリストにカポを使用する曲が少ないライブでは問題なかったのですが、たまたまカポを使用する曲が多かったライブがありました。しかも、1〜3フレットまで取り付ける位置も様々だったのでチューニングの時間が予想以上に長くなってしまったのです。

ヴォーカルもMCで長く話すほどのネタが無ければ困惑してしまいますし、チューニングの回数が多いとライブの流れが止まってしまうという悪影響があるとわかったのです。



それで、もともとチューニングが安定していると評判のG7thカポならば取り付け方次第でもっと安定するのではないか?といろいろ試してみたのです。

とりあえずぽんきちのマーチンではこの取り付け方がベストだとわかりました。

ぽんきちは写真の赤い部分を右手でギュッと強めに握って取り付けています。あまり強くするとシャープすることがあるので力加減は慣れが必要みたいです。


20170327213025335.png


ギター講座の過去ブログにも書いていますが、カポを取り付ける時はフレットのすぐ横(2フレットに取り付ける時は2フレットになるべく近づける)で取り付けましょう。

そうすれば強めに握っても弦が強いテンションの影響を受けにくいので音程がシャープしにくくなります。





今日のまとめです。


G7thカポはネックの下側から取り付けるとチューニングが狂わない!!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ











ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/03/27 21:31 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする