机上のシュミレーションどおりにならないと覚悟はしていたけれど実際フリーランスになってみるとやっぱりそのとおりでした(^_^;)




20170222205338214.jpg





前職で働いていた頃に様々なシュミレーションを考えながらフリーランスへの転向をすべきかどうか悩んでいたぽんきちでしたが、散々悩んだあげく最終的には実際に動き出してみないとわからないという結論に達し、とりあえず今に至っています。

フリーランスのギタリストになって4ヶ月が過ぎましたが、とにかくすべてがゆっくりにしか動かないというのが正直な感想です。シュミレーションではもう少し速い展開を期待していましたが、とにかくスローモーションなんです。

やはり机上のシュミレーションどおりにはいかないものだなぁと実感しながら日々活動していますが、別の視点から考えてみますとゆっくりなんだけど確実に前に進みつつあるというのも間違いない事実です。

ギターレッスンにしてもライブ活動にしても、前職でフルタイムで働いていた頃にはできなかったことが新しくできるようになったのは事実なんですが、とにかくこのスローモーションがもっと何とかならんかなと(^_^;)



それとシュミレーションどおりいかないという点においては、時々想定外の出来事が起こるというのもまさにその通りでして、またその対応に追われるわけです。

しかし、今のところそんな想定外の出来事は嬉しいことがほとんどで、結局シュミレーションにはない新たな展開が始まって忙しくなるということなので、結果的には歓迎すべきことだったりします。

そして、想定外に起こる新たな展開はほとんどの場合、事前にぽんきち自身が種まきをしていたことが実を結んだりしているケースが多くて、誰かの紹介による出会いとかずっと以前から取り組んできたことがきっかけだったりします。

ですから、ルーチンワークを繰り返す仕事ではないフリーランスとなった今は、音楽関係であってもなくても、誰かと会ったりお話ししたりする機会を持つことの大切さを感じています。

誰かと会うことで、お話することで、想定外の展開が生まれるきっかけが生まれることについてはとても実感していて、ひとつのことが動き出すとそれに付随して様々なことが動き出すのです。

そういう意味でも机上のシュミレーションどおりにならないフリーランス人生というものを、今まさにぽんきちは体感していると言えます。



今とても感じているのが時間というものの重さですね。以前は音楽に使える時間は限られていましたが、今は人生のほとんどを使えるので、現在ぽんきちは時間に対して投資しているという感じです。

ただ、時間については悩ましい問題も抱えています。先日、某法人から演奏のお仕事の依頼がありました。普段は個人からの演奏依頼がほとんどなんですが、法人からの演奏依頼はギャラが一桁違いまして、フリーランスのギタリストになったぽんきちにとっては法人や企業からの演奏依頼がどれだけ頂けるかがこの先のギタリスト人生の成否を分けると言っても過言ではない部分があるのです。



実は法人等からの演奏依頼は以前もあってはいたのですが、いつもぽんきちの都合でお断りしていたのです。勤め人だった頃は平日の演奏依頼には全く対応できなかったのと、仕事の都合などで高額なギャラの演奏依頼を泣く泣くお断りしていました。

フルタイムで音楽以外の仕事をしているとそういうチャンスを逃すことになりがちで、そんなことを続けているとそのうちそういうお話も自分のユニットには来なくなってしまうのです。



今ぽんきちはフリーランスになってそんな悩みも解決したか?というと、実は相変わらず時間についての問題はありまして、今度は相方がフリータイムで働いている故に法人等からの演奏依頼をお断りしなければならないケースがこれから出てくる可能性があるということなんです。

今回はたまたま週末の演奏依頼だったのでお引き受けできたのですが、もし平日だったら泣く泣くお断りしていたはずです。ギャラが一桁違えば単純にその差は10倍ですから、正直言ってお断りしたくない仕事ですし、自分がプロとして認知されていると実感できる大切な仕事のひとつにもなるからです。



「プロになろうと思うならばその活動はプロと一緒にやらないといけない。」と言った人がいますが、これからぽんきちはこの言葉の意味するところをリアルに実感することになるのかもしれません。

確かにフルタイムのサラリーマンや公務員ではあまりにも自由がなくて、その現状に自分が身を置いていたり、自分がフリーランスになっても相方等のメンバーがその現状に身を置いている限り、プロとしての活動ができないのは当然です。

プロとはプロとしての仕事ができる人たちのことであり、その中には時間的なことも含まれているわけです。どんなに音楽的な才能があっても、プロとして依頼された仕事を遂行できる時間が持てない生き方をしている限りプロにはなれないでしょう。



しかし、こればっかりはそれぞれ個人の生き方というものがありますので、ぽんきちの場合は今のところ単独での音楽活動はできないわけではありませんが、ユニットという表現だからこそ高額なギャラの演奏依頼も頂けているわけです。

今回、法人から演奏依頼のお仕事を頂けたのは数年前からノーギャラで定期的に演奏する機会をぽんきちが作ってきたからです。まずはたくさんの人たちに自分のユニットを知ってもらうことが将来の仕事に繋がることになるので、報酬の有無に関係なく普段からその努力を惜しんではいけないということを自覚していたので種まきをしていたのです。

そして、机上のシュミレーションとして法人等からの演奏依頼も想定はしていましたが、それは相方がある程度自由の利く生き方をしている前提でした。つまり、それはプロのヴォーカリストという意味ではなくて、そういう演奏依頼に対応できる生き方をしてくれたらありがたいという期待です。 
 


生活という現実的な問題との折り合いもあるのでぽんきちの希望どおりにはいかないのも理解はしていますが、これは本当に難しい問題です。

とにもかくにも、いろんな意味で机上のシュミレーションどおりにはいかないのがフリーランスの音楽人生というものなんでしょうね(^_^;)










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/02/22 20:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする