「わたし失敗するので!!」「いたします!!」が口癖から「わたし失敗しないので!!」「いたしません!!」が口癖に変わるフリーランスのギタリストになるには?




20170209220629574.jpg






フリーランスの医師「ドクターX」こと大門未知子の口癖は「わたし失敗しないので!!」と「いたしません!!」でしたが、この2つの言葉が言えるフリーランスって凄いなと(^_^;)

今のところぽんきちの決めセリフは「わたし失敗するので!!」と言ってもおかしくない状態なのでこれではいか〜ん(゚Д゚;)

しかも仕事を選べる立場でもなく「いたします!!」が口癖という( ̄∇ ̄;)



とりあえず「いたします!!」はフリーランス一年目としては当然ですから、せめて「わたし失敗するので!!」を「わたし失敗しないので!!」に変えないといけません。

それでも絶対失敗しないと言い切れる人はすべての分野においてもなかなかいないわけですが、失敗を減らすことはできるはずです。

ぽんきちが考える失敗を減らす効果的な方法は落ち着くことです。落ち着きを失うと失敗するはずのないところでも失敗したりするものです。

冷静になって考えればわかるはずのことが慌てているとわからなくなったりします。だからまずは落ち着かないといけません。

先日、某所である試験を受ける機会があり、久しぶりに筆記試験なるものを受けました。準備不足が災いして制限時間内にすべて解答できるゆとりがなくて、予習していた内容の問題なのに頭の中が混乱してしまう経験をしました。

結果的には合格したのですが、久しぶりにリアルに冷静さを失っている自分を経験しました。



それでは落ち着くためには何をすればいいか?ですが、ぽんきちが考えるのは複式呼吸による深い呼吸と十分な準備です。

最近になって意識するようになったのでまだ上手くできていないのですが、ぽんきちはギターを弾く時に丹田(腰の中心部)を意識した真っ直ぐな姿勢と深呼吸をするように訓練しているところです。

長年身に付いた姿勢などの習慣は簡単に変えられるものではなく、緊張したりちょっと気を緩めると以前の前かがみな姿勢にすぐ戻ってしまうのです。

真っ直ぐな姿勢を保つためにはギターの抱え方や弾く角度も微妙に変えなければいけなくて、今はそれを意識しながら練習しているところです。



そういうことを継続しながら練習という準備を十分にすることが落ち着くことの第一歩だと考えていますが、今は日々やるべきことが盛り沢山でなかなか追いついていない状態です(^_^;)

ただこれはぽんきちにとっては絶対に乗り越えないといけない壁なので、時間がかかっても自分なりに有効な情報収集と工夫を繰り返しながら続けていきます。



わたし失敗しないので!!



ちっくしょう、これ言ってみて〜(>_<)










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/02/09 22:07 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無名なんだけど出音が美しいギタリストを紹介してみる〜海外のエレキギタリスト編・その1



今回はJamTrackCentral.comというサイトで紹介しているぽんきちが気になった海外のエレキギタリスト3人の動画をアップします。





https://www.youtube.com/shared?ci=-WRK8NTkAFE


まずは先日もブログで紹介したばかりですが、美しいオーバードライブサウンドが印象的なJess Lewisちゃんです。

弾き終わった直後のあどけない表情からするとこの動画もおそらく彼女が16歳くらいの頃にアップされた映像だと思われます。

彼女のプレイは正確で素早いポジションチェンジとピッキングの強弱でサウンドにメリハリをつけるトーンコントロールのセンスが素晴らしいです。

この動画ではジャジーな雰囲気が漂うフュージョン的なプレイをしていますが、他の動画を観るとアームプレイを駆使した(アームの使い方がめっちゃ上手い!!)バリバリのハードロックやブルースも弾いていますし、音楽的にとても守備範囲の広い美少女ギタリストですね。





https://www.youtube.com/shared?ci=P83-GDUy-h4


次は見るからにハードロックをやっていそうなお兄さんですが、ギターの音がとても美しいオーバードライブサウンドで弾いています。

ヌーノ・ベッテンコート風のギターを使用していますが、後ろに映っている卓型のエフェクターで歪ませているんじゃないかな?おそらくこれはマルチエフェクターでリバーブなどの空間系のサウンドもこれで作っていると思われます。

このお兄さんは典型的なロックタイプの弾き方をしています。左手の指を斜めにして弦を押さえていますが、先ほどのJess Lewisちゃんとは対照的です。

ロックギタリストはペンタトニック・スケールを基本的にしたフレーズを弾く機会がどうしても多くなるので、左手の指が斜めになる癖がつきやすいんだと思います。ぽんきちもエレキギターを弾くとこんな感じになります。





https://www.youtube.com/shared?ci=U_L9wysWCLQ


最後はフィンガーピッキングでテレキャスターを弾く大学生ぽい青年ですが、普通はこの手のプレイはアコースティックギターで弾くと思うんだけど(^_^;)

テレキャスターとボグナーのアンプでこんなに美しい音になるんですねぇ。ボグナーは10年以上前に登場したコンボアンプだったと思いますが、当時ぽんきちもかなり興味津々でした。確かマーシャルアンプを基本に設計されていたと思いますからイメージ的にはロックギタリストが使うアンプなんだろうなと思っていました。

テレキャスターはぽんきちにとってもエレキギターを弾くならこれ!!というギターなので、こんなアコースティック的なアプローチにも使えるならば、バンドに拘らなくてもいつかぽんきちもテレキャスターを活用できる日が来るかもしれませんね。



今回紹介した3人のギタリストはプレイも素晴らしいですが、それぞれのデモ演奏の曲そのものが素晴らしいので視聴していて飽きないんです。やはりハーモニーやメロディーはデモ演奏でも大切なんだなと思います。



以上、無名なんだけど出音が美しいギタリストの紹介〜海外のエレキギタリスト編でした(^-^)








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/02/08 23:44 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきち初めてソウルのカバーユニットでギターを弾く〜NANAKO初ライブのお知らせ




20170207212626948.jpg






2月18日(土)福岡市博多区中洲3-7-24 Gate'sビル7階「Gate's7」

開場 17:30
開演 18:00

[チケット]

前売 ¥2,500 /当日 ¥3,000【別途要1ドリンク代¥500】

※前売りチケットは受付取り置きもできますので、ご希望の方はぽんきちまでブログやFBのメッセージでご連絡ください。


[出演ミュージシャン]

NANAKO(Gu:ぽんきち)
サジオラブル
d.W.p(dancing Wahwah paradise)


http://www.gates7.com/access/
Gate's7地図







ぽんきちは若い頃ソウルミュージックが大好きでよく聴いていました。30歳くらいの頃には自分でディスコソウルのバンドを結成しライブもしていました。アース・ウィンド&ファイヤーとかエモーションズとかシェリル・リンなどをカバーしていましたが、今でも聴くのは大好きです。

そんなぽんきちでもアコースティックギターでソウルのカバーユニットはやったことがなく、これまでもJackson5やStevie Wonderなどをユニットのレパートリーとして演奏することはありましたが、本格的なソウルカバーというものはアコースティックでは未経験でした。



今回、Gate's7のオーナーからの紹介でヴォーカリストのNANAKOちゃんと知り合い、ぽんきちはアコースティックでのソウルを演奏する機会を得ました。

Gate's7で演奏するのは久しぶりなんですが200名の収容キャパがある大きなハコなので集客が大変です。どうかよろしくお願いします(^_^;)



実はぽんきちはTeTeのなっちゃんと出会う前に洋楽カバーユニットの構想を持っていた頃がありました。当時は邦楽カバーのレイぽんだけで活動していたので新しい洋楽カバーのユニットも欲しいと考えていました。

次のユニットはウィスパーヴォイスの癒し系かソウルフルなユニットがいいなぁ・・・と構想していたところにまだ大学生だった癒し系ヴォーカルのなっちゃんとの出会いがあり、結果的にTeTeが誕生したのです。

あれから7年以上の歳月が流れて、まさかぽんきちにソウルのカバーユニットで演奏する機会が訪れるとは予想していませんでしたが、これも仕事を辞めてフリーランスのギタリストになったからこそ巡ってきたご縁であることは間違いありません。

これでぽんきちはユニットが4つの活動になりますが、まだまだライブ本数が足らないので新たなユニットのご縁があれば増やしていく予定です。



ユニットの活動が増えたりギターレッスンが動き出すとどんどん忙しくなっていくのですが、忙しくなるのは大歓迎なので「ぽんきちさんは忙しそうだから・・・」と変な遠慮などはくれぐれもされないようお願いします。ライブやギターレッスンなど仕事に繋がるお話ならばいつでも大歓迎のぽんきちです。



まずはGate's7でのNANAKOの初ライブをよろしくお願いいたします(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/02/07 21:28 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギターが上達すると良いことしかない〜ぽんきち言い切った!!




20170206222110259.jpg





ギターが上達すると良いことしかありません。なぜならばぽんきちは15歳からギターの練習を始めましたが、この38年間にギターが上手くなっていくことでネガティブな要素が全くなかったからです。

ギターが上達することで最も良いことは人生が楽しくなることと自分に自信が持てるようになることです。



まずは音楽好きな人にとって楽器が弾けるようになることは楽しいことの何ものでもありません。特に自分が好きなミュージシャンの曲がギターで弾けたりすると、仲間を見つけてバンドができる可能性がありますし、仲間がいなくても弾き語りできる可能性もあります。

それまでは大好きな音楽を聴くだけだった受け身の姿勢から自分で表現するという能動的な姿勢に変化するのです。リスナーとしての自分はそれまでどおり存在しながら、自分がミュージシャンになってしまうのです。もうこれだけで快感だったりします。



人生は時には辛いこともあります。それは失恋だったり、友達に裏切られたり、学業や仕事で思った通りの成果が出せなくて、自分はダメダメだと落ち込むこともあります。

そんな時にギターを一生懸命に練習して以前よりも上達できたと実感したりすると、ダメダメだと思っていた自分に少しだけ自信が持てたりします。

ぽんきちのこれまでの人生はまさにそうでした。コンプレックスの塊のような人間だったぽんきちがそれなりにやって来られたのはギターのおかげです。



高校生の頃はエレキギターの音がうるさいと父親に怒られたり、結婚していた頃は「ご飯できたって言いよるやん!!(`_´)」って嫁さんから怒られたり・・・まぁそういうこともありましたが、基本的には良いことしかありませんでした。

何か落ち込むことが続いたり長く不遇の時期を過ごしていたとしても、黙々とギターの練習をしてステップアップできたと感じると「ギタリストとしての自分は以前よりもイケてるじゃないか・・・」と思えたし、恋人や配偶者がいない独り身の時にぽんきちを支えてくれたのはギターでした。



ギターに限らないと思いますが楽器は毎日コツコツ練習しているとある日自分が以前よりも上達していると気付く時が必ずあります。

それはギタリストとしての自分がワンランク上がる周期というものがあって、コピーする曲や練習内容によっても違いますが、正しい練習方法を続けていると、その周期のスパンは人それぞれですが誰にでも必ずやってきます。

その結果、自分だけで楽しむ音楽だったのが誰かに聴かせる音楽になったり、更に上達すると誰かに教えたりすることもできるようになります。

誰かに聴かせたり教えたりするようになると、それがいつの日か仕事にまでなる可能性もあるのです。



今日、ぽんきちはある若者にギターレッスンすることが決まりましたが、ぽんきちが若かった頃にギターを弾くことで人生が楽しくなったり自分に自信が持てたように、彼にもこれからそんな素敵な体験ができることを願って止みません。

ギターで自己表現することの楽しさを存分に味わってもらいたいし、人生が少しでも豊かになるお手伝いができたらぽんきちは本望です。



しかし、驚きだったのはギタリストぽんきちに興味を持ってくれた若者がいるという事実です・・・中高年にしか注目されてないと思ってました。マジで驚きでしたし純粋に嬉しかったですねぇ(^_^;)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/02/06 22:21 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分にとっての上質なものだけで埋め尽くす生き方をすることの大切さについて(サポートギターについての詳細説明付き)




20170205121229006.jpg







http://nozomicoaching.com/hikiyosenohousokukodawari/
【引き寄せている人の共通点。そのこだわりがあなたを作る。】





これって以前からぽんきちは気になっていたことでして、妥協の上に成り立つものばかりを選んで生きていると本当にそんなモノたちや人たちを引き寄せてしまいます。

何か自分の中に譲れない拘りがあって、それがもっと磨きをかけたいものだったりすると、そんなモノたちや人たちと自然に触れ合おうとするものです。

それを続けていくと自分にとっての上質なものだけで埋めつくす生き方ができるようになるのでは?と以前から感じていました。



例えば、音楽に関してお話しますと、とてつもなくクオリティの高いミュージシャンと出会って交流を持つようになると自分の中のスタンダードが変わります。

それまではこれくらいが普通だよなと思っていたレベルがそれじゃ全然ダメじゃん!!(゚Д゚;)と思うようになるのです。それで自分の中で変化したスタンダードを目指して努力するようになります。

自分にとってのスタンダードのラインが以前よりも高い位置に上がってしまったため、このままじゃいけないと真剣に思えるようになるのです。



これと逆のパターンもぽんきちは経験したことがあって、例えば自分よりもかなり緩い音楽活動をしている人たちと一緒にバンドをやったりすると痛い目に遭ったりします。

アマチュアだと音楽活動の在り方も様々でして、ぽんきちのように毎週ライブをしているタイプと、半年に一度のライブで十分やってる感を感じるタイプが一緒に音楽活動をするとろくなことがありませんでした。

音楽に対する意識がまるで違うので共に活動しているうちにトラブルに発展することが多々ありました。実際ウンザリすることもあったので、やはり一緒に音楽活動をする人たちは選ばないといけないなと深く反省したことがあります。

緩い音楽活動を望む人たちが悪いわけではなくて、そもそも音楽に対する姿勢や価値観が違い過ぎるとバンドは上手くいかないという、自然の摂理みたいなものだというお話です。



ですから、その人にとっての上質なものだけで埋め尽くす生き方をすることはとても大切だろうと思っていて、その辺のお金の使い方とか付き合い方とか徹底して考えている人が夢を実現できているんじゃないかな?と以前から考えていました。

おそらくどんな分野でもプロの人たちって彼らにとっての上質なモノや人にしかお金や時間を使わないんじゃないかな?ミュージシャンだったらその人が認めていたり興味のあるミュージシャンのライブにしか行かないのかも?

特に音楽活動をしていない人たちからするとそれって当たり前なんでしょうけどね(^_^;)自分が観たいライブだけにお金と時間を使うのは当然で、それ以外の理由でライブに行くって何なの?って話ですよね( ̄。 ̄;)



音楽に限りませんが、それを生業にしているか否かでお金や時間の考え方は変わるというか、変わらざるを得ないような気がします。

例えばぽんきちの場合、音楽以外の仕事をフルタイムでしていた頃は音楽のことだけ考えることはできませんでした。音楽のことを忘れなければいけない時間がたくさんありました。

しかし、音楽を仕事として考える生き方を意識するようになると一日中、毎日音楽のことを考えるようになりました。当然ながら普段交流する人たちも音楽関係がほとんどになりますし、お金と時間はほとんど音楽関係に使うようになるのですが、今回紹介したブログは「その中身が問題なんですよ」と言ってるわけです。



自分にとっての上質なものだけで埋め尽くす生き方をしなければ、それができなければ、夢を実現することなんてできないんですよと。それを実践して実際に夢を実現してきた彼女は言っているわけですね・・・若いのにたいしたもんだなぁ(^_^;)

これはぽんきちにとってもこれから肝に銘じないといけないことなんだろうと思います。これができるかどうかで未来は確実に変わってしまうだろうと。

夢を実現してきた人たちが実践してきたことはどんなことなのか?

それを知ること、そして自分はどうなのかを考えることはとても大切なことだろうと思っています。



最後に、今回のブログではぽんきちは音楽活動を一緒にするにはそのスタンスが近い人たちとすべきであると書きました。

それでは本格的な音楽活動までは考えていないという人たちとぽんきちが一緒にライブすることはあり得ないのか?と申しますとそんなことはありません。

そのためにぽんきちはサポートギターの依頼を受け付けています。

http://guitaristponkichi.com/support.html
ぽんきちサポートギターのHP



サポートギターと言うとぽんきちの普段の音楽活動での伴奏と区別がつきにくいのですが、ぽんきちは明確に分けて考えています。

毎月ライブをするようなしっかりした音楽活動においては、ぽんきちにとってヴォーカリストはバンドメンバーであり対等な立場の相方と考えています。ですからその場合はサポートギターという言葉は使っていません。

サポートギターはライブや発表会などで歌いたいという人たちのニーズに応えるため、ぽんきちがアコースティックギターでアレンジと伴奏をするという活動です。



ですから、基本的にスポット的な一点集中型の伴奏であり、普段音楽活動はしていないけれど、人前で生演奏で歌ってみたいとか歌わなければいけないという人たちのための伴奏です。

サポートギターは依頼者に歌いたい曲を指定して頂き、その人のキーに合ったアレンジをしてライブ等で伴奏します。福岡県内にお住まいであれば直接会って打ち合わせや練習ができますが、他県など遠隔地にお住まいの方であればネットでのやりとりになります。

具体的には、

1.歌いたい曲のセットリストを決めて頂く

2.ぽんきちが依頼者のキーに合ったアレンジをする

3.アレンジしたギター伴奏の音源をネットでご案内する(具体的にはYou Tubeに限定公開したアドレスを伝える等)

4.ご案内したぽんきちのギター伴奏音源で練習して頂く

5.ライブ等の当日(遠隔地であれば前日)にぽんきちが現地に出向きリハーサルや打ち合わせをする

6.ライブ等本番

以上の流れになります。



遠征での交通費や宿泊代などサポートギターに係る諸費用については事前に打ち合わせいたします。

先日ブログにも書きましたが、生演奏のライブというものはカラオケ店で歌う楽しさとは全く別次元の臨場感と楽しさがあります。

福岡県内は勿論ですが、他県の方でもぽんきちのギター伴奏で歌ってみたいという奇特な方がいましたらご連絡ください(^-^)











ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/02/05 12:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきち定価18000円のアコースティックギターを弾く〜イ・ビョンホン改めイビぽん




20170205010253890.jpg







https://youtu.be/ApX9jKzJuy0





1月21日にHOMEで演奏したイビぽんの「帰る」のライブ動画です。

イ・ビョンホン改めとタイトルにしましたが我々は最初からイビぽんです・・・すみません(^_^;)



イビさんのオリジナル曲にぽんきちがギターアレンジを加えて演奏しました。

この日ぽんきちが弾いたギターはヤマハのFG-180通称「赤ラベル」と呼ばれる1970年製のギターで、当時18000円で売られていました。

このギターはぽんきち弾き語り武者修行の旅ライブでしか使わないのですが18000円にしては響きが美しいのが特徴なんです。ちょっと音が軽いのでこれ一本だけの演奏だと物足りない感じがしますが、ギターが二本になるデュオならば使えそうです。

普段はマーチンやテイラーの贅沢ギターを使っているので超庶民的なギターでライブ演奏するぽんきちはレアです。

一応、老後の記念になるのでアップしました(^_^;)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/02/04 23:59 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今時の若者は・・・と言われ続けた人たちが今時の若者はと言うおじさんおばさんになる




20170203230050124.jpg





http://withnews.jp/article/f0170129003qq000000000000000W03j10101qq000014630A
若者イビリ、電車でキレる・・・困ったおじさんおばさん対処法三ヵ条




いつの時代もまだ人生経験の浅い若者たちがいたらないのは仕方のない部分もあるので構わないのですが、たっぷり人生経験を積んできた大人たちが社会の害になるのはマジでヤバいですね。

今回紹介した記事はとても面白くて、今の若者たちにとって親はバブル世代で祖父母は団塊の世代になりますが、それぞれの世代についてその時代背景を説明しながら、なぜ彼らは困った大人たちになってしまったのか?をセミナー形式でわかりやすく説明しています。

ぽんきちはバブル世代に分類されるおいさんですが、この記事を読んでいてウンウンと頷くことがたくさんありました。



要するに、世代間ギャップは仕方ないにしても少しでもお互いに生きた時代背景などを知ってそれぞれの価値観を理解し合いましょう!ということなんだと思います。

この記事を読んで耳の痛くなるおじさんおばさんはたくさんいると思います。思い当たる節が一つもない人はいないんじゃないかな?

そもそも生きてきた時代が違うわけですから世代間ギャップがあるのは仕方ないことですなんですが、興味深いのはいつの時代も「今時の若者たちは・・・」と訝しがる大人たちがいて、かつて大人たちにそんな風に言われていたはずの若者たちもおじさんおばさんになると「今時の若者たちは・・・」と嘆く大人になるという、負のスパイラル的な現実です。



ぽんきちにもおそらく「今時の若者たちは」的なおいさん要素はあるんだろうと思いますが、基本的に若者たちと交流する機会が普段の生活であまりないのです。

前職の国家公務員の世界では人員削減のためもう何年も新規採用が控えられていました。それで職場の一番若手は30代でしかも少数という高齢化した組織になっていました。

一方、音楽活動でも意外と若者世代のミュージシャンとは対バンライブをする機会があまりなくて、交流しているミュージシャンは圧倒的に同世代が多いのです。

これはぽんきちの勝手な想像ですが、中高年世代のミュージシャンは若者世代のミュージシャンとも交流はウエルカムと思っていますが、若者世代ミュージシャンはそんな風には思っていないんじゃないかな?少なくともウエルカムではないでしょう?

理由は音楽関係に限らずどんな分野でも上記の記事が当てはまるからだろうと思っています。だってぽんきちが若かった頃はおじさんおばさんミュージシャンと交流したいなんて思いませんでしたから。同世代で交流していた方が楽しいし音楽の趣味も合うし、説教臭い話は聞きたくもなかったからです。



唯一、ぽんきちの場合はTeTeのなっちゃんが深く交流してきた若者なんですが、彼女はちょっと変わっていて子供の頃から漫画も読まないしネットにもほとんど興味を示さない女の子なんです。SNSに依存するなんてことはまずなくて、一応FBなども登録していますがほとんど見ていないんじゃないかな?

おそらくFBはおじさんおばさんがたくさん居過ぎるSNSなので、LINEとかで若者たち同士で交流しているんだろうとぽんきちは推測しています。

そんな今時の若者らしいのからしくないのか、よくわからないなっちゃんですが、ぽんきちとは親子ほどの年齢差があります。そんな世代間ギャップを超えた相性の良さが我々にはたまたまあったので、奇跡的に親子ユニットとして長年活動ができているんだろうと自己分析しています。



そう考えると世代間ギャップを埋めるというのはネットの世界においてもさもありなんで、簡単なことではないなぁと思ってしまうのです。

ネットもリアルも共有できることが同世代の方が多いので、もうこれは必然としか言いようがないわけですけれど、いつの時代も大人たちは若者たちが訝しく、説教臭い話をしたり、過去の栄光を語りたくなるものなのかもしれません。



それでも駅員や店員にキレるのは60代や50代が圧倒的に多いという現実は看過できないと思います。ぽんきちも50代ですが我々はいったいどうしたんでしょうか?

もしかしたらあまりにも長く抑圧されてきた何かを自分の中に内包して生きてきたのかも?仕事だったり家庭だったり、様々な抑圧から逃れることができず一見落ち着いた大人を演じていても、ちょっとしたきっかけで爆発するのかな?

そして、それは弱い立場にある者たちに対して行われているのであれば、尚更おじさんおばさんは変わらなければならないと思います。



今時の若者たちは・・・と言う前に我々にはすべきことがあるのかもしれません。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/02/03 23:01 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

驚異的なクオリティのユーミンのカバーDaisyさん〜オリジナル曲とかカバー曲とかのお話




20170202220342321.jpg






https://www.youtube.com/shared?ci=wRlY3m1xksY
ベルベット・イースター




ユーミンのオリジナルの中でもぽんきちにとってベスト3に入るほど大好きな曲ですが、驚異的なクオリティの高さでカバーされている音源を見つけました。

まずは若い頃のユーミンにそっくりなヴォーカルに驚きます。声質だけではなくアンニュイな独特の雰囲気まで再現して歌っているのが素晴らしいです。

演奏とアレンジができる相方さんと一緒に作っているようですが、とてもしっかり作り込まれていて感心しました。



10年以上もアコースティック・デュオでカバーの活動をしているぽんきちですが、彼女のカバーを聴いて「やはりカバーでもいいんだ・・・」って思ってしまった(・・;)

こんなに長くカバー曲ばかりでライブしているぽんきちなのに、何か確信めいたものを与えるほどのインパクトが彼女にはありました。いや〜、本当に凄いです。

カバーとかコピーとか、そんな区別なんてもうどうでもいいってくらいの説得力がありますねぇ。



長く音楽活動をしていますとオリジナルとカバーのどちらで表現すべきかとか、それぞれに蘊蓄(うんちく)を持ったミュージシャンはたくさんいまして、それはその人たちの音楽活動に正直に現れるものなんです。

オリジナルを是とする人たちは当然ながらオリジナル曲中心の活動になりますし、カバーを是とする人たちはカバー曲中心の活動になります。

それはメジャーデビューを意識するしないに限りませんが、とりあえずほとんどの場合そうなった理由というものが存在します。



オリジナル曲中心の人たちにはオリジナルでなければならない理由があったりしますが、カバー曲中心の人たちにはあまり理由がなかったりします。

ぽんきちみたいにオリジナル曲を作る自分の才能に懐疑的なタイプがまさにそうでして、もしぽんきちに面白い曲がたくさん作れる才能があったらためらいなくオリジナル曲での活動もしていたでしょう。

但し、ぽんきちは何か伝えたいことがあるからという理由でオリジナルでの活動はしないだろうと思います。なぜならば伝えたいことなどないからです。それもミュージシャンとしてどうかなとは思ったりもしますが(^_^;)



ぽんきちが考えるのは良い音楽かどうか、それだけです。もし良い音楽が自分で作れるならばオリジナルでも構わないし、他者が作った良い音楽があればカバーでという具合です。

そういう意味ではオリジナル曲が作れるのであればカバー曲とのミックスで活動することも有りだと思っています。要するにそれぞれのクオリティにあまり差がないということがぽんきちにとって大切なことで、それ以外の要素はぽんきちの中には存在しません。

現状はぽんきちがオリジナル曲を作ったとしても自分がカバーしている名曲たちに敵わないのでやらないと。ただそれだけなんです。



なぜそんな思考になっているかと申しますと、Daisyさんのカバーしている「ベルベット・イースター」の音源に寄せられた視聴者からの多数のコメントがその答えです。

皆さん絶賛しているわけですが、これをただの猿真似だと、ユーミンに似ているだけの音源だと、一喝してしまうのは簡単です。

しかし、実際たくさんの人たちがこの音源を聴いて感動している事実は無視できないと思うのです。



要するに、コピーでもカバーでもオリジナルでも、何でもいいのですが、誰かを感動させられるかどうかが音楽に求められる意味だとぽんきちは思っています。

それにより癒されたり元気づけられたり、その感じ方は人それぞれでいいと思いますが、何かを感じられるかが大切なんだと。

極論を言えば、それ以外のことにはぽんきちはあまり関心がないので、その手段として練習したり表現方法に拘ったりしているという感じです。



最後にDaisyさんはオリジナル曲もアップしていますので紹介しておきます。




https://www.youtube.com/shared?ci=2XcB7bicjh4
会いたいって言えないよ



この他にもまだオリジナル曲が多数ありますので興味のある方はDaisyさんの他の音源も聴いてみてください(^-^)










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/02/02 22:04 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余命半年の生き方を30年続ける〜60回繰り返すだけでいいというマインドについて




20170201215045368.jpg






昨年は同世代の仲間が何人も逝ってしまいましたが、突然死や余命宣告通りに亡くなったり、自ら命を絶つ人もいました。

誰にも避けては通れない死という現実があって、それはいつか必ず訪れるわけですが、それを意識するかしないかで生き方はずいぶん変わってくるような気がします。

日本人の平均寿命で考えれば今のところ我々は80歳以上は生きる可能性は誰にでもあるわけで、そこだけにフォーカスするあまりに今という瞬間を生きる意味をあまり考えなくなってしまいがちです。



それでもあと半年の余命宣告を受けたならば、今という瞬間を生きることについて誰もが深く考えることを余儀なくされるのではないでしょうか?

今日という日をあと180回繰り返したら自分はこの世の中から消えてしまうのです。それでも納得できる余地が少しでもあるならば今の生き方に疑問はないのですが、もし納得できないならばそれはどこかに嘘を抱えて生きていると疑ってみた方がいいかもしれません。



あと半年の余命で生きる時にしたいと思うことをしたり、会いたいと思う人に会ったり、この世に残したいと思うことに取り組んだり、そんな生き方には嘘がありません。

そうやって生きる日々を半年間過ごし、それを60回繰り返すだけで30年になります。30歳の人は60歳になり、50歳の人は80歳になります。



同じ30年を生きるにしても、あと半年しか生きられない生き方を60回繰り返すのと、30年しか生きられない生き方を1回だけするのでは、その中身はずいぶん違ってくるのではないでしょうか?

一度きりの人生ですから、悔いのない生き方をしたいと誰もが思っているはずです。納得できないまま死ぬのは嫌だとぽんきちも思っています。

それでも事故や病気や災害などで死はある日突然訪れたりします。それは誰にもあり得ることです。だから命のフォーカスを短くし、その繰り返しを続けるのです。



結果的にあと30年生きたとしても、それならば悔いは残らないでしょう。

死を想うことの大切さは生きる意味を考えるためにあるのだと思います。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/02/01 21:51 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする