新たなスタートは厳しいものと決まっている




20170118233329738.jpg



先日の「ケイコとマナブ」のライブは福岡に今年初めての寒波が襲った夜でさすがに集客は厳しいものがありました。「こんなに寒い夜に外出はしたくないよなぁ。」とケイコと話しながらお店に向かったのですが、予想を裏切らない展開にやはりと(^_^;)

これまでのユニットも例外はありますが最初のライブはその内容は厳しくなることが多かったですね。レイぽんもTeTeも今でこそそれぞれに確立した活動になっていてリピーターのお客さんもできていますが、ユニット結成当初はそれはそれは厳しいものがありましたからねぇ。

ステージというのは特別な空間です。どんなに小さなお店であってもステージに立ち表現するという行為は得体の知れないプレッシャーに包まれます。それ故にいつもの自分でいることが難しくなるのです。それ故に悔しい思いをするライブは活動の初期にはありがちなんです。



ぽんきちはアコースティックライブだけでもこれまで数百本のステージで演奏してきましたが、この得体の知れないプレッシャーは今でも感じていますし、それが自分たちが作り出している幻影であることも知っています。

それでもその幻影の支配から逃れることはなかなかできません。ステージで演奏を始めると自分の中の何かが変わるのです。特に10年以上前にアコースティック・デュオで初めて音楽活動を始めた頃などは酷かったです。初めの半年間くらいはもうその場から逃げ出したいくらいのプレッシャーに襲われていました。

さすがにこれだけ場数をこなすとステージを楽しむ術も身に付けていくわけですが、それでも得体の知れない感は消えないわけです。



そんなプレッシャーを常に感じながらもやはりライブは止められないのは、得体の知れない感にはプレッシャーだけではなく幸福感も含まれているからなんだと思います。

ライブは麻薬です。

この得体の知れない幸福感を知ってしまうと止められなくなってしまうのです。ステージはとても怖いくせに中毒になったかの如くまた次のステージの準備を始めている自分が常にいます。



音楽活動というものはその濃さについてはとても個人差があるものでして、例えば毎月ライブ一本という活動で十分にやってる感を味わえる人もいれば、月に何本もやらないと満足できない人もいます。

ぽんきちはどちらかというと後者のタイプですが、現実的には活動しているユニットの状況や集客力の関係でライブの本数を抑えてしまうという事情を抱えて活動しています。福岡という特定の地域で一つのユニットでたくさんのライブをするのはやはり集客に影響します。それ故にぽんきちはギタリストとしてたくさんのユニットで活動する必要性に迫られているとも言えます。



そういう意味では「ケイコとマナブ」もぽんきちにとってはとてもありがたい貴重な活動の場ですし、来月はまた別の新たなユニットが始動する予定です。様々な人たちを介してご縁を頂いたボーカリストたちと一緒にライブできることはフリーランスのギタリストになったぽんきちにとっては欠かせない大切な活動になります。

ぽんきち自身のギタリストとしての活動も、ユニットで表現する場合のスタートも、新たに動き出すということは厳しいものなんだと自分に言い聞かせています。

何事も最初から完成度の高いものはできないと、たまにそういうこともあるけれどそれはたまたまで、普通は無いんだと。これまでの経験からもそれはハッキリ言えます。



ちなみにケイコの歌は洋楽よりも邦楽の方が心に響いたと対バンしたすらごとやの秋澤くんが言ってたけれど、なんとなくわからなくもないなと。

こういう感想は貴重でして、おそらくケイコ自身も自覚していないだろうと思いますし、これからの活動におけるヒントになるかもしれないのです。



新しい活動を始めるとまたどっと忙しくなるものでして、なかなか当初の予定どおりには行かないものだなぁと困惑している部分もあります。とにかく動き出すと新たな展開が生まれるので目の前の優先事項がコロコロ変化するんですね(・・;)

まずは直近の音楽活動の準備が最優先になるので、その時々で目の前にある課題に全力でぶつかるしかないのかなと思います。自分で望んだ生き方ですし、今は自分の活動と様々なご縁を頂く方々のために投資するしかないかなと。



得体の知れないプレッシャーも新たなスタートにありがちな厳しさも、楽しみながら克服したいですね。楽しさを見失ったらこんなリスクの高い生き方はやってられないわけですから。

これが克服できたらいいやろなぁ・・・って思いますねぇ。自分のイメージする演奏も活動も現実にできたらなぁと。

厳しさも楽しさに昇華できたらこの先なりたい自分になれる可能性も見つけられる気がしています。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2017/01/18 23:34 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする