あとどのくらい愛されるのか?あとどのくらい生きられるのか?




20170113181849859.jpg







https://www.youtube.com/shared?ci=1UsuUqefWp0






とても惹きつけられるギターの演奏をネットで見つけてふと考えてしまう。



あと30年生きたとしても彼のようなギターは弾けないだろうなぁ。

30年後のぽんきちは83歳だけど、それまで生きているだろうか?

もし、生きていたらまだギターは弾けているだろうか?

仕事はリタイヤしているだろうけれど、好きな仕事だったら体が動く限りは続けたいなぁ。



ギターが上手くなりたいなぁ。

欲を言えばキリがないけれど、もっと上手くならないと表現しきれないことがたくさんあるから。

あとどのくらい愛されるのかも、あとどのくらい生きられるのかも、誰にもわからない。



う〜む・・・(・・;)



どうでもいいけど今回のブログのタイトルは昔「赤いシリーズ」で百恵ちゃんが歌ってたやろ(^_^;)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/01/13 18:20 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真冬でも平日は冷たい栄養剤だけの食事で暮らしているぽんきちが言いたいこと




20170112212434185.jpg






ぽんきちの普段の食事は月に一度病院でもらう液体の栄養剤です。今は週末だけは相方とお腹に優しい食事を摂りますが、相方と付き合う前は基本的に一人で栄養剤だけの生活でした。

前妻と別居・離婚して相方と付き合うようになるまでの7年間そんな生活を続けましたが、辛かったのは真冬です。栄養剤は温めると成分が壊れてしまうため常温保存でも真冬はとても冷たく感じます。

今も平日はそうなんですが、相方と付き合い始めた頃、真冬の週末に自宅で鍋料理を食べた時はマジで感動しました。ぽんきちは7年ぶりに自宅で温かい料理を食べたからです。

一人で生きていた7年間で食事をするのは週末ライブなどの打ち上げで仲間たちと会っている時だけでした。外出時の仲間たちとの交流の時だけは自分に贅沢を許していましたが、自宅で味わう真冬の鍋料理には格別の感動があったことは今でも覚えています。



職場では部下や同僚たちの目の前で堂々と栄養剤を飲んでいました。おもむろに鞄から栄養剤パックを取り出しストローでチュ〜っと一気飲みするぽんきちの姿は異様だったはずです。だから職場の人たちはぽんきちが普通の食生活ではないことは知ってはいましたが、これが一日3食をほぼ毎日という生活はなかなかイメージしにくいことだっただろうと思います。

もう10年以上もこんな生活をしていますと、自分を不遇とは思わなくなるんですね。人間の適応力とは不思議なもので温かい食事が食べられなくてもそれを当たり前だと認識するようになりました。ただ、真冬になると冷たい栄養剤を毎日飲むことが辛いだけでした。

それでも自分が不幸だとは思わないのです。だから、誤解を恐れずに申しますと、一般的に障害者に対して不幸だと感じることから生まれる健常者の同情などは不要だとぽんきちは思っています。

もし障害を抱え自分を不幸だと思っている人がいるならば、そう思い続けているその人が不幸なだけで、障害を抱えていることが不幸なわけではないと思います。



人は自分の運命に順応して逞しく生きることができるし、そうでなければ生きていけないのです。そうなるまでには時間がかかることもありますから、周囲の人たちはそっと見守っていればいいと思います。

そして、時々叱ってくれる人がいるといいと思います。ストイックに生きるしかない運命を受け入れていても、時には自分に甘くなることがあります。いつも強い自分では居られないからです。

そんな時にしっかり自分を見ていてくれて叱ってくれる人がいることはとても幸せなことだと思います。



自分へのご褒美はほんのたまにでいい。そこに甘えを持ち込む自分がいるならば遠慮なく叱ってくれていい。

それこそが一人でいた頃よりも幸せだと思える瞬間なんだと思っています。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/01/12 21:25 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お客様は神様なのか?〜対価を払う側の優位性について




20170111123414657.jpg






http://ameblo.jp/ryokandayo/entry-11892005967.html
お客様、もう二度と来ないで下さいね






時間通りに到着する電車、時間通りに配達する宅配便、24時間営業のコンビニ・・・とにかく今の時代は便利で、特に日本人の時間の正確さとかサービス精神の旺盛さとかは世界的にも特筆するものがあると言われています。

やはりとても便利だし住みやすい国なんでしょうね。時に過剰なくらい対価を払う側に対して寛大な姿勢を求められたりもしますけれど、これって「お客様は神様です。」という昭和の時代に流行った言葉から今も変わっていないような気もします。

お金を払っている人間が偉いというおかしな価値観が様々な場面で浸透していると感じることがあります。お金を払っているから駅員に横柄な態度をしても許されるとか、お店で暴言を吐いても許されるとか。

何だか、この人たちは「お客様は神様です。」と本気で思っているんじゃないかな?とぽんきちは不思議に感じることもあるんですけれど、当然ですがお客様は神様ではありません。

お客様はお客様であり、それ以上でも以下でもありません。ぽんきち自身いろんな場所でお客様という立場になりますが、そうとしか思えないからです。



お金を払っていても払っていなくてもお客様はお客様です。彼らがクレームをしたならば対処しなければなりません。ぽんきちは公共機関で働いていた頃、公務執行妨害に該当するような酷いクレーマーではない限り、すべて対応するよう指示されていました。庁舎内から退去命令を出すケース以外はすべてクレーム対応していました。

理不尽な主張をするクレーマーから顔面に唾を吐きかけられた職員もいました。それが公務執行妨害に該当するのか、退去命令を出すほど周囲の利用者たちに迷惑をかける行為なのかは微妙なところですが、それに該当しない限りはそれでも真摯に対応する立場の仕事を我々はしていました。



ぽんきちも個人として対価を払っている立場で嫌な気分になることがあると憤慨することもあります。それでも冷静に抗議したりメールなどで善処を求めたりはしますが、大声でクレームしたり相手を傷つける言葉で罵倒したりはしません。

我々の住むこの国は「お客様は神様です。」という昭和の時代から続くある種の絶対的消費者優位の考えが浸透しているため、人として正常な判断ができなくなっている人たちを多く生み出している部分が多々あるような気がするのです。

人前で相手の自尊心を平気で傷つける言葉を吐いても「お金を払って来ているお客様なんだから」という理由だけで許されてしまうことがあったりもしますが、それって言葉を吐く人間も許してしまう人間も思考停止の何ものでもないと思います。

お客様は神様ではなく、時には退去命令になる場合もあるのです。



どんな場合に退去命令になるのかはその場のルール次第なんだと思いますが、ぽんきちの場合は公共機関だったのでその場の公共性を脅かすほどのクレーマーならば退去命令はあり得ました。つまり、他にも同じサービスの利用者がその場にいるわけで、彼らに対するサービスまでもストップしてしまう事態になるならば、そのクレーマーは排除しなければなりません。

わかりやすく申しますと、「他のお客の迷惑になる・・・出ろ!!」ですね。

そのクレームが善処されることで他のお客さんにとってもより良いサービスになるならば、それはサービスを提供する側にとっても将来的にはありがたいクレームに成り得ます。

そうではなくて、十把一絡げに「お金を払っているお客様だからどんなクレームしてもよい」となると、それは考えることを放棄した人間の主張でしかありません。もうそんな無責任な迎合主義からは脱却しないといけません。



思考停止に陥っている人間は自分が思考停止になっていることに気が付きません。それはぽんきち自身も経験者なのでよくわかります。

ぽんきちが今言えることは「常識を疑ってみましょう」ということだけです。

もし「お客様は神様です。」という常識をお持ちであれば、その常識はいつ、誰からインプットされたのかを考えてみるのもいいだろうと思います。

おそらくはずっと以前の子供時代であり、あなた自身のオリジナルではないはずです。



思考停止はありとあらゆる場面でずっと過去から我々の中にインプットされたものたちが引き起こしています。

きっと、ぽんきちの中にもまだそれはあります。

もし違和感を感じられることがあったらスルーせずに自分自身に問いかけましょう。

変革とか成長というものを加速させるものはその作業の繰り返しの中にこそあるのですから。









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/01/11 12:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ぽんきち弾き語り武者修行の旅・第二弾」のお知らせ〜パンチラ先生の武者修行の旅に相乗りライブする




20170110220913007.jpg






1月21日(土)福岡市中央区舞鶴1-1-30 天神ウィングビルU-4F
親不孝通り「HOME」

オープン 19:30
スタート 20:00

チャージ1500円+要1ドリンクオーダー

『パンチラ先生 武者修行の旅 ~其の十二~』

[出演ミュージシャン]

イビぽん(イビとぽんきちの弾き語り)
森田馨介
パンチラ先生


HOME
【Tel&Fax】092-716-5373
【Website】http://home-mori.com






「ぽんきち弾き語り武者修行の旅・第二弾」ですが、今回は弾き語りストのイビさんをお誘いしてイビぽんでお届けします。

弾き語り武者修行の旅の先駆者であるパンチラ先生からのお誘いでもありますし、ぽんきちは当然出演を快諾したわけですが、前回の第一弾は秋だったのでぽんきち弾き語りライブはこれからワンシーズンに一度のスパンでやっていくことを目標にします(^-^)



今回、迂闊だったのはパンチラ先生の武者修行の旅では必ずオリジナル曲を演奏しないといけないルールがあることを知らなかったことですかね(・・;)

イビぽんはライブで演奏するカバー曲をすでに決めていたので、パンチラ先生のリクエストにより今回はオリジナル曲も追加で演奏することにしました。



ぽんきちはカバー曲ばかり演奏するギタリストとしてずっと活動を続けていますが、実は20代の半ばまではオリジナル曲を作って活動していたのです。しかも「オリジナルじゃなきゃ音楽やってる意味ねえだろ!!」とかうそぶく若者だったのです・・・嘘みたいでしょ〜!?(^_^;)

しかし、その後ぽんきちも次第に音楽というものがわかってきて、カバー曲を演奏することの深い意味を理解するようになった・・・と言いたいところですが、実は自分にはオリジナル曲を作る才能がないということに気が付いて、20代後半から作詞作曲をやめてしまったのです( ̄。 ̄;)

何て言うのかなぁ・・・自分でどうも納得ができないわけです。作詞も作曲もどこかありきたりで、これはセンスがないぞと。それでこれからはアレンジとプレイに専念するギタリストになろうと決心して今まで長い間活動してきました。



ですから、今回のイビぽんも基本的にはカバー曲のユニットなんですが、一応この日のために25年ぶりくらいにぽんきちはオリジナル曲を作ったので、イビさんとぽんきちでそれぞれ一曲ずつオリジナル曲も交えてお届けするライブになります。

前回は伊勢正三さんの作品ばかりをカバーしてお届けしましたが、今回はちょっと趣向を変えてます。それでも1970年代のナンバーばかりです・・・おいさんやけんね、すみませんねぇ(^_^;)

しかし、今回のオリジナル曲には悩みましたねぇ・・・やはり自分には作詞作曲は向いてないと再確認する作業になりましたが、おそらくオリジナル曲を演奏するのは今回のライブが最後でしょう。なんかね、ぽんきちにはオリジナルは無理(^_^;)



パンチラ先生に触発されたわけではないのですが、ぽんきちも何の因果か弾き語り武者修行の旅ライブをするようになってしまいました。

まぁ、ワンシーズンに一度だけなのでお付き合いください( ̄∇ ̄;)

なお、森田馨介さんは弾き語りの大ベテランですし、パンチラ先生もすっかり弾き語りストとして確立した活動になっています。



パンチラ先生がHOMEでお届けする『パンチラ先生 武者修行の旅 ~其の十二~』ライブにぜひお越しください(^_^)ノ










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/01/10 22:10 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

篠山紀信の写真展に行ってきた〜人は肉体に支配されている




20170109235915463.jpg







福岡アジア美術館で開催されている写真力というタイトルが付いた篠山紀信さんの写真展に行ってきました。

ぽんきちは彼の写真集を数冊持っていますが、グラビア写真集の走りなのかな?昔ブームになった激写シリーズとか懐かしく思い出しながら鑑賞しました。



写真展では巨大パネル化された写真たちに圧倒されますが、誰もが知っている有名人ばかりが被写体で、三島由紀夫や90年代初期にバカ売れした宮沢りえちゃんのヌード写真など、何ともいえないパワーを感じさせる写真の数々が展示されていました。

個人的には60年代の古い写真でしたがカルメン・マキさんが10代の頃、寺山修司さん主催の天井桟敷に在籍していた頃の裸体が一番印象に残りました。少年のような体にふくよかなオッパイがアンバランスに感じられて、人間の肉体の不思議を感じました。

歌舞伎や大相撲など、多岐に渡る分野の著名人たちが被写体となっている写真展なので、写真に興味がなくても一般大衆の一人としてのぽんきちには十分に楽しめる内容でした。



人間は肉体が滅べば命も消滅するという当たり前なことを感じずには要られない、圧倒的な存在感を放つ写真の数々・・・

たまには写真展に行くのもいいものですね(^-^)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2017/01/09 23:58 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする