演歌や歌謡曲の歌手の後ろで伴奏しているミュージシャンたちの演奏が凄いんですけど(・・;)




20161206215953378.jpg






最近は歌謡曲の歌番組はすっかり少なくなりました。NHKで演歌歌手たちが歌う番組くらいでしょうか?そもそも歌謡曲というジャンルがいつの間にか無くなってるし(^_^;)

昔は「ダン池田とニューブリード」に代表されるオーケストラでの伴奏はテレビの歌番組では当たり前でしたが、今考えると贅沢な伴奏ですよね。人件費がめっちゃかかってるじゃん。

ぽんきちは「ひとりダン池田とニューブリード」と題して山口百恵ちゃんのカバーなどもしていますが、またボツになりそうなんで宣伝しておこう( ̄∇ ̄;)


https://youtu.be/2Jc5MYVM7hQ





1970年代まではオーケストラでの歌伴奏はテレビでよく見かけましたが、最近NHKの歌番組を何となく観ていてふと思ったのですが、 演歌や歌謡曲の歌手の後ろで伴奏しているミュージシャンたちの演奏が凄いんですけど(・・;)

なんだか歌の伴奏として完璧な感じがして、名もないプロミュージシャンたちなのかもしれませんがさすがプロだなぁと。とにかく上手い!!

一般的な視聴者だとテレビの歌番組を観ていてそんなことは考えないと思いますが、ぽんきちはついついバックのミュージシャンたちの演奏に注目してしまうのです。



それと、最近これまたすっかり観なくなりましたが、日曜日のお昼にやってるNHKのど自慢!!

これもステージで歌う一般出場者の伴奏はプロミュージシャンの生演奏だと思いますが、よぼよぼのお爺ちゃんやお婆ちゃんがリズムやテンポがめちゃくちゃでもそれに合わせて伴奏してたりしますよね?

最近は観てないので何とも言えませんが、昔はそんなお爺ちゃんたちにもやさしく寄り添って演奏していたような・・・アコーディオン奏者の横森良造さんだったかな?彼が居た頃はそうだったような記憶があるのです。



以前、メジャーの世界ではオリジナル曲を毎月10曲以上作り続けないと通用しないという話を聞いたとブログで書きましたが、歌番組で伴奏しているミュージシャンたちも相当のクオリティがないとやっていけないんでしょうね。

今回アップした写真は苦節25年で今年の紅白歌合戦に初出場が決まった演歌歌手が歌っていた歌番組のワンショットです。

彼女泣いてましたね。10代でデビューして40代でやっと夢を叶えたそうで、彼女の涙を見ていたら和田アキ子さんが今年は出場できなかったのは良かったじゃないかと思えました。

だって、ずっと紅白出場の夢を目指して頑張ってきた若い歌手が出場できる枠ができたってことでしょ?



老兵は死なず ただ消え去るのみ・・・です( ̄∇ ̄)









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/12/06 22:02 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者のためのアコースティックギター講座〜最初に覚えるスケール練習について




20161205210609168.jpg





今回のギター講座は最初に覚えるCメジャーのスケール練習について書きたいと思います。



結論から申しますと、スケール練習は音楽理論の基礎であるCメジャーのイオニアンスケールから練習するのが基本です。

今回はぽんきち手書きのスケール表を写真でアップしました。本当は印刷できるようにPDFデータも貼り付けするつもりでしたが、なぜかプリンターのスキャン機能がエラーになって貼り付けできませんでした・・・すいません(・・;)

スケール表はタブ譜になっていて上が1弦で下が6弦で表記しています。



一般的にメジャースケールと呼ばれるスケールをイオニアンスケールと言います。そしてキーがC(ド)のイオニアンスケールはピアノの鍵盤で弾くと白い鍵盤だけでドレミファソラシドが弾けるハ長調になります。

つまり、このスケール表に表記されたポジションはピアノの白鍵盤と同じ音階になっています。

ギターを始める時に最初に覚えるコードがCですが、これはC(ド)をルート音としたC(ド)E(ミ)G(ソ)の3和音から成り立っています。この3和音をトライアドと言います。トライアングルは三角形ですが3和音をトライアドと呼ぶのもそこからきています。



まずはドレミファソラシドをギターで弾く練習をしますが、この音階がギター指板のどのポジションにあるのか覚えるためにスケール練習が必要になります。

これはコードを押さえる手の運指の練習にもなりますし、アップダウンで交互に弦を弾くオルタネイトピッキングの練習にもなります。



ここで注目して頂きたいのがスケール表にドレミファソラシドではなく数字で表記している点です。ギターの場合は音階をルート音に対する度数で理解するとコードの理解もしやすくなります。

キーがC(ド)なので

ド →R
レ →2度(9度)
ミ →△3度
ファ→4度(11度)
ソ →P5度
ラ →6度(13度)
シ →△7度
ド →R(ルート)

Rはルート
△はメジャー
Pはパーフェクト(完全)

という意味です。

スケール表では2と4と6がそれぞれ9と11と13で表記しているポジションもあります。この場合、度数はテンションコードで使われる9、11、13の奇数で表記するのが原則なんですが、初心者の場合はR、2、3、4・・・とした方が覚えやすいだろうと考えて両方の表記にしています。

特に6〜4弦は度数を順番に数えやすいように9、11、13は使っていません。3〜1弦は両方の表記が混在していますが、これはコードを押さえた時にsus4とか6thや9thのコードをイメージしやすいような表記にするためです。



Cのローコードに対応したドレミファソラシドが弾けるスケール練習は下記の表を参考にしてください。


20161205210635999.jpg



ローコードのスケールが弾けるようになったらハイポジションのスケールもそれぞれ練習してみましょう。


20161205210713672.jpg


20161205210744890.jpg



スケール練習をする時はゆっくり正確にオルタネイトピッキングで弾くようにしましょう。特にハイポジションでのスケール練習はアコースティックギターでは弾きにくいのですが、これをマスターするとコード弾きだけではなく曲の間奏でギターソロを弾く時にとても役立ちます。

また、運指の練習をすることは素早いコードチェンジにも役立ちますから、自分は弾き語りしかしないというギタリストにとってもスケール練習は必須と考えて取り組みましょう。

そして、度数のポジションを覚える時はR(ルート)に対して何度という風に意識しながら練習するとそれぞれの度数の位置関係がわかりやすくなります。




今日のまとめです。


スケール練習は様々なポジションのCメジャーから覚えることから始める!!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/12/05 21:09 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は食べるというコミュニケーションが無くても生きていけるのか?




20161204223533568.jpg





ぽんきちが本格的に音楽活動にのめり込んだのは10年前からですが、ちょうどアコースティック・ギタリストに転向した頃でした。

音楽が大好きというのもありましたが個人的にぽんきちには特殊な背景がありまして、その頃から基本的に食べない生活を始めたことも音楽にのめり込む大きな要因になったと思います。

食べることで体内の消化器系内臓を破壊されてしまう疾患だったため、別居〜離婚と同時期に基本的に食べない生き方をする決心をしたのが正確に言うと11年前からです。



病院から与えられる栄養剤だけで栄養補給する、所謂食べないという生活は想像を絶するストレスを生みました。結婚生活を続けていた頃のぽんきちにはそのストレスに耐えられることができなかったのです。

離婚を決意したことが食べないストレスに耐えられる覚悟をぽんきちにもたらしたのですが、あれから11年の歳月が流れ、今でもぽんきちを悩ませているのが「食べるというコミュニケーションを完全に失った時にどうするか?」ということです。

今は相方と過ごす週末だけは食べるようにしていますが、この先まったく食べられなくなる可能性は否定できません。ぽんきちにとって食べるという行為は栄養補給ではなく人とのコミュニケーションを維持する手段なのです。



先日、久しぶりに一人で帰省してましたが、普段一人暮らしの母がずっと喋りっぱなしでぽんきちは魂の抜けたうそ太郎のようになっていました(・・;)

それはいいとしても(母ちゃんの話聞けよ( ̄∇ ̄;)って)困るのが食事でして、以前は母の手作りご飯が楽しみというのもあって帰省中は食べていましたが最近は一人暮らしになって料理するのもおっくうらしく、基本的に手作りしなくなっています。

普段はスーパーで買ってきたお惣菜が多くなっていても、久しぶりに帰省した息子には手作りの食事を作り一緒に食べたいのでしょう。基本的に食べられないぽんきちは母とのコミュニケーションのために手作りではないおかずがあったとしてもやはり食べてしまうのです。



更には、これから音楽を仕事にするためには様々な人的交流は不可欠です。交流の場ではどうしても食べるという行為が付きものになるので、それがぽんきちを悩ませるだろうと。

我々のコミュニケーションにおいて食べるという行為は重要な要素です。それができないとなると仕事の獲得にまで影響を及ぼす可能性もあるため、体調管理とのバランスがこれからはもっと難しくなるだろうと予想しています。



食べるというコミュニケーションは無くてはならないものだと思います。ぽんきちは食べたいと言う欲求はすでに超越できています。10年以上に及ぶ平日が絶食中心の生活がそれを証明していますが、コミュニケーションの手段を失う覚悟までは持てません。

現時点では食べるという行為を必要最低限に抑えてコミュニケーションの手段としての食べるという大切なツールを失わないようにするしかないと思っています。

食べるという当たり前な行為は人としてのコミュニケーションには無くてはならないものだと思いますし、誰かと食事をすることはお互いを理解し合いささやかな幸せを分かち合う大切な行為なんだとぽんきちは実感しています。



ぽんきちが食べないでいられるのは慣れもありますが、実は大好きなことがあってそれに没頭できる人生を選んでいることが大きな理由でもあります。

食欲というものを極端にコントロールし自己を抑制することができるようになれたのは活発な音楽活動のおかげでもあるのです。あまりにもストイックな生き方を長年に渡り受け入れていられるのは、大好きな音楽活動を続けるという欲求が満たされているから。つまり、ぽんきちは自分の中で欲求を相殺してバランスを取っているのです。



最後に、ぽんきちは平日はほとんど食べないという特殊な生活をしていますが、週末に食べる場合は和食だと楽なんです。うどんやおそばやお魚や湯通してある野菜が中心の和食は消化器系に負担が少ないようです。

これからもぽんきちが食べるというコミュニケーションを失わない人生を送るためには和食がキーワードになるだろうと思っています。

改めて日本の食文化は優れているなぁと実感しています。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2016/12/04 22:37 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日更新するという自分に課した目標を達成するためにたまにどうでもいいブログも書くけど気合いを入れて書いた記事よりたくさん読まれて微妙な気分になる(・・;)




20161203122429166.jpg






ぽんきちがブログを毎日更新して2年半が過ぎました。初めはレイぽんのオフィシャルブログで毎日更新を始めて、その一ヶ月後にギタリストぽんきちのブログに移行しました。

10年間更新し続けるのが目標なのでまだ7年半もあります。それまでに自分が望む生き方を確立することが最終的な目標ですが、まずは音楽を仕事に取り入れる生き方ができるかどうかがぽんきちにとっての喫緊の課題です。

フリーランスとして安定を求めるのは本末転倒でしょうから、安定はしていないけれど生きていける状態にはならないといけません。そのためにブログを書くわけですから毎日更新は苦になりませんがその内容についてはなかなか満足できるものではありません。



いつも長文である必要はないし、せめて内容の濃いものにはしたいと思っていますが、毎日更新となるとこれがなかなか難しいものでして( ̄。 ̄;)

しかも、他のブロガーの方々も時々書いていますが、気合いを入れて書いたブログよりもどうでもいい内容の記事がたくさん読まれたりするので、そんな時はむむむ・・・と微妙な気分になります(・・;)

気合いを入れて書くと想いが空回りする感じがしますねぇ。一つは他者目線になっていないまま書いてしまうからなのかもしれません。つまり自分の想いばかりが先行したブログになってしまっているんでしょうね。

そして、どうでもいい内容のブログが読者にとって「それあるある!!」な反応になりがちだったりするのかもしれません。他者から寄せられる共感や興味というものはそんな無駄な力が入っていない自然体の中にあるんだろうと。



ぽんきちの音楽活動で例えるならば、アレンジをする時に時間をかけて練り込んだものはライブでの反応がイマイチだったり、一時間くらいでサッとアレンジできたものが意外にウケたりするのと似ています。

どうもハマるというのは考察の深さとか時間の長さは関係ないような気がします。ハマる時はあまり考えないで短時間でもハマるわけで、それが他者のツボにハマればバカウケしたりするわけで、何だかいろいろ考えるのがどうでもよくなってきますねぇ( ̄∇ ̄;)



しかし、やはり外に向けて発信する以上はある程度のクオリティをキープしながら届けたいと思うのは当然なので、やはり何事にも考察は必要だろうと思います。

そして、それができなければおそらく仕事に繋がるブログにはならないでしょう。おそらくは個人的な日記とあまり変わらない存在意義のものとしてネット上に積ん読されるだけなのです。

それでは毎日更新している意味がない・・・少なくともぽんきちにとっては意味がないので、誰に向けて何を届けたいのかを常に意識する癖をつけないといけませんね。



ぽんきちはギタリストとしての価値を見いだしてくれそうな人たちに向けて、その価値が確かなものであると感じられるものを届けたいと願っています。

そのためにはネットとリアルでどんな活動をすべきかをいつも考えて行動すべきなんです。

これから先、それができるかどうかで未来は決まるんだろうと思っています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/12/03 12:25 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くの人たちにとっては好きなことを仕事にするのは別世界の話なんだろう〜それでも言葉にするのがいいと思う




20161202213448045.jpg






好きなことを仕事にする・・・なんだか途方もない別世界の話だなぁと感じる人たちは多いだろうと思います。

ぽんきち自身、2年半前までは完全に別世界の話でした。毎日眠い目を擦りながら同じ職場に通勤し、忙しい時期には毎日残業もこなし、生活するための仕事の中にも何とかやりがいを感じようと努力する日々においては。



残りの人生は好きなことを仕事にすることを目標に生きてみようと考え始めてからは、途方もなく別世界だったものが、少しずつですが自分にひたひたと近づいて来る日々になりました。

別世界を現実世界に変えるためには何をすればよいのか?そればかりを考えるようになりましたが、具体的にやるべきことが少しずつわかってきて、悩みながらも実際にできることから始めて2年半経った今はやっと一歩踏み出したところです。

今はこれまで考え続けてきたことを実践する時期を迎えています。ブログを毎日更新して情報発信を続けることは勿論ですが、営業ツールを作ることやライブ本数を増やすためのユニット作りやギターレッスンに向けての準備など、やるべきことはたくさんあって、今はそれらを現在進行形で少しずつ進めている状況です。



実際に動き出してまだ2ヶ月がやっと過ぎたところですが、すでに実際に動き出してみなければわからないと予想していたことが起こりつつあります。

勤め人として働きながらでは絶対にできなかったことが今は自由にできるわけですが、それだからこその変化が少しずつ起こっています。

音楽の世界は人の繋がりで様々なチャンスや新たな展開が起こり得る世界です。極論ですがぽんきちのこれまでの経験から言っても、むしろそれしかないんじゃないか?って思えるのが音楽の世界なんです。



だから、この世界は実際に動き出してみないとわからないし、その展開においてはなるべく制限のない状況に自分を持って行くことが有利になることもあり得るのではないかと。

今、投資すべきは自由に動けるぽんきち自身の環境に対してです。音楽を愛する人たちになるべく接し、たくさん話をすることが何より大切だと感じています。

制限のなくなったぽんきちを知ってもらうことで新たな展開に繋がる何かを与えられることもあるわけで、今のぽんきちは情報提供など協力をしてくださる方々へのお願いを惜しまずしています。



いずれ今の状況に営業ツールが加わることで、更に情報提供をして頂く方々にもわかりやすく具体的なご案内が可能になるはずです。

営業ツールを持たない今でさえ変化が起こりつつあるわけですから、自分のこれまでの実績や今できることや未来において実現したいことが明確化されたツールを持つことで、もっと大きな変化を起こせる可能性はあるだろうと思っています。



そして改めて思うのは、自分はこうなりたいとかこれからやりたいことなどをハッキリ言葉にした方がいいということです。

最近のぽんきちは初対面の方にも将来なりたい自分について話すことが多くなりました。たくさんライブができるギタリストになりたい。ギターレッスンもしたい。将来はレッスンスタジオ付きのカフェも始めたいと、臆面もなく語ったりしています。

すると、その話を聞いて具体的なアドバイスをくれたり、ぽんきちにとっては貴重な情報提供をしてくれたりする人たちが意外といたりするのです。



だから、やりたいことがあったり将来なりたい自分があるならば、それを言葉にするのがいいと思います。そして、それを実現するために毎日欠かさず何かひとつでも続けるのです。

ぽんきちの場合はブログを書いたりギターの練習をしたりは以前からですが、上記に書いた今やるべきことを毎日少しずつやっているわけです。

これに加えて、実際に動き出してはじめて起こってくる事象にも対応していきます。これらの繰り返しの中で変化しながらも将来なりたい自分を目指していきます。



実現などできないかもしれない。だけど、まずは言葉にしてみる。
言葉にすると未来の自分の姿がイメージできるようになります。そして、そのイメージに向かって行動を起こします。

ぽんきちは2年半前から言葉にすることと少しずつの行動を起こし、今はやっと実践の段階に入ったところです。

そして、ひとつわかったことがあるのですが、いろんなことを同時進行でやっているとそのすべてがスローモーにしか進行しないのです。しかし、誰かを巻き込んで期日を決めてしまうと必然的に優先順位が決まって取り組みが具体的に動き出すのです。

例えば、新しいユニットのライブする日とお店と対バンを決めてしまうと、関係者を巻き込んでいるので優先的にその準備をやらざるを得なくなります。今はライブ以外のことも関係者を巻き込んで決めていることがあるのでそれも同時進行で準備している最中です。



つまり、これらは実際に動き出したからこそできていることであり、それはぽんきちにとって在職中には決してできなかった具体的でリアルな取り組みになっています。

何もかもこれからですが、なりたい自分になるためには、まずは言葉にしないと始まらないような気がしています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2016/12/02 21:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仕事で本音を言う上司はあなたが初めてでした」と部下から言われた〜もっとキャリアを活かせる流動的な社会になることを望む




20161201203834566.jpg







昨夜ふと寝る前に思い出したことがあります。

前職を退職する日に部下たちが駅近くの居酒屋で送別会をしてくれました。彼らが飲んでいる各テーブルを回っていたら、一人の部下から「仕事で本音を言う上司はあなたが初めてでした。」と言われたのです。

その時ぽんきちはちょっと驚いたのですが、思い返してみると管理職になってからも自分たちの仕事や職場が抱える矛盾について、ぽんきちは本音を遠慮せず口に出していたような気がします。

そう言えば出張から帰ってきたその部下と時間外に我々が抱える仕事の矛盾に関することも立ち話をしていたなと。彼はぽんきちよりも年上ですが自分たちの仕事に対してピュアな姿勢を持つタイプでした。真面目過ぎるくらい一生懸命なおじさんでしたね。



そんな話は彼だけではなく何人かの部下たちとも話していたような気がします。ぽんきちは彼らに対しても遠慮なく本音を言っていたのでしょうね。

どこの組織にも多かれ少なかれ矛盾を抱えた要素はあるでしょうし、大きな組織であれば業務は複雑となり尚更そんなことはあったりするものです。

しかし、そんな組織で働いているといつの間にか従順になってしまうのかもしれません。特に我々には行動規範として上司の命令には従わないといけないということもありました。組織の都合を優先する上司であっても従わないといけないわけですから、いろんな矛盾を感じていてもみんな黙って受け入れて働いているのです。



従順になってしまうのは保身からくることが多いのではないかと思います。今の仕事や組織にはこれからもずっとお世話になる、その他の世界は自分にはないと考えていると、従順になってしまうのは仕方ないことでもあります。

ぽんきちが彼らの上司になった時にはいずれ自分はこの組織を去っていくという気持ちがあったので遠慮なく本音を話してたんだと思います。組織に執着する気持ちはもう無くなっていましたから。

ただ、本音を言う上司というのは新鮮に感じるようで、それはある種の信頼を生む可能性があると思います。彼らにとってぽんきちはそれまでにないタイプの上司に映っていたでしょうから、それが上記の理由によるものだったのは彼らにとっては残念なことだったかもしれません。本当はそんなタイプの上司がもっとたくさんいて、自分たちの職場にも長く居て欲しいのかもしれません。



長く続いたこの国の終身雇用制はすでに壊れつつあるとは言っても終身雇用制の組織はまだたくさんあります。ぽんきちが所属していた組織もそうでしたが、大きな組織であるほど正規雇用の職員にとっては今でも安定感は抜群なわけで、やはり組織の都合を優先させる姿勢はこれからも続くと思います。

雇用に流動性があることが当たり前の社会になることの利点は組織における思考停止を防止できるという点にあると思います。今の会社にしがみつく理由がなければ食品偽造だとか粉飾決算だとか、自分たちの保身のために組織が抱える問題点に目をつむる必要性もなくなるでしょう。

雇用の流動性が担保されない社会における組織ではその世界が唯一であるという価値観を生み出しやすいので、仕事を失いたくない気持ちがいろんな弊害を生み出す可能性があると思います。



そんな弊害が過剰なストレスやメンタル疾患や過労死などを生み出す原因にもなるのでしょうし、我々の身近にはそれは当たり前に存在しています。

組織では転勤や配置転換は当たり前にやっていても、社会全体ではまだまだ終身雇用制を望む人たちが多いですし、流動性による浄化作用もある程度の社会的安定性が担保されなければ難しいでしょう。

ぽんきちはフリーランスのギタリストになる決心をしていたから前職では本音が言えたに過ぎません。本音が言えない管理職になってしまっているかつての仲間たちの気持ちも理解できます。

もっと誰もがキャリアを活かせる流動的な社会になっていけたら今の閉塞感も少しは緩和されるかもしれないのにと思います。



40歳以上での転職は自殺行為に近いという認識がいつかなくなる社会になればいいと思いますねぇ。

本音で生きられる人生は楽しいものです。

我々が目指すべき本当の一億総活躍社会とはそういうものだろうと思います。










ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/12/01 20:39 | Comment(0) | ぽんきちのハローワーク体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする