○○音痴は克服できるのか?




20161105191234721.jpg





生まれつきスポーツが得意な人っていますけども、運動音痴の人はスポーツが得意にはなかなかなれないと思うのです。

生まれつき絵が得意な人もいますが、これも苦手な人はなかなか得意にはなれないと思いますが、絵画教室で基礎をしっかり学べば上手くなるのかな?

歌の音痴はトレーニング次第である程度は治せるみたいですね。ぽんきちは若い頃は今よりも音痴だったので、毎日大きな声で歌うことと自分の歌とギター伴奏を録音しながらヘッドホンで聴く練習をしていました。

これってレコーディングの現場でボーカリストがヘッドホンをしながら歌う状態とほとんど同じです。ヘッドホンからダイレクトに歌声と伴奏が聞こえるのでピッチのズレがよくわかるのです。

それで気になる部分を修正していましたが、だいたい歌がフラットしがちで、もう30年くらい毎日歌うという練習はしていないので、また元に戻った感はあります(・・;)



所謂、○○音痴ってやつはとても厄介でして、ぽんきちは稀に見る方向音痴なんですね。今は車はナビがあるし歩けばスマホがあるしでとても助かっていますが、文明の利器無しだと気が付くと逆方向に進んでいることが多々あります。

こればっかりは自分でもどうにもできなくて、相方にいつも呆れられているのですが、ギターについてはなぜか奇跡的に上達できたのです。

子供の頃は音楽の成績が悪かったのに人並み以上に上達できたのはやはりギターの楽しさがわかったからなのかな?って思っています。



そう考えると○○音痴には治せるものと治せないものがあって、その楽しさがわかる要素のあるものならばトレーニング次第で治せるのかもしれないと思います。

楽しいところまで行きつく前に止めてしまうと音痴も克服できないままですが、楽しくなってくると気が付くといつの間にか克服できていたということなのかなと。

ギターに関して言うと、Fコードが押さえられなかったり、左手の指が痛くて仕方なかったりで、最初はひ〜ひ〜言いながらも、自分の好きな曲が弾けるようになると嬉しくて仕方なかったわけで。

自分のギター演奏が下手だとか指が痛いとか言う前に、こんなに楽しいことが世の中にあったのか!!という楽しさを発見してしまったことが当時のぽんきちにとっては大事件だったわけです。



使い古された言葉ではありますが、「好きこそ物の上手なれ」が音痴克服の最善策なんだろうなと思います。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/11/05 19:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする