大人の音楽を聴いて育った子供たち




20161015133321225.jpg







https://www.youtube.com/shared?ci=VYqL5mOP-q4





歌謡曲というものが音楽シーンから消えて久しいですが、ぽんきち世代は歌謡曲が全盛期だった1960年代から70年代にかけて子供時代を過ごしました。

それ故に、子供の頃から大人の音楽を聴いて育った世代でして、今の子供たちのようにAKB48やジャニーズのようなアイドル系しか聴かないという子供ではありませんでした。

勿論、当時からジャニーズはあったし、アイドル系も聴いていましたが、アイドル系は聴いている音楽の一部に過ぎなかったと思います。梅沢富美雄の「時には娼婦のように」も聴いていたわけです(^_^;)

演歌は当然ながら歌謡曲って大人の恋愛を歌った曲が多かったわけで、ぽんきち世代は歌詞の意味がわからなくてもそんな歌謡曲を口ずさんだりしている子供たちだったのです。



今回、紹介している音源はぽんきちが中学生の頃に大好きだった正やんの曲で、これはかぐや姫が1970年代の終わりに再結成した時に発表されたアルバム「かぐや姫フォーエバー」の中に収録されていました。

この曲を聴くと今でも切なくなりますねぇ・・・思春期真っ只中の頃を思い出すっちゅーか(^_^;)

この曲もずいぶん大人な歌詞でして、「あぁ 君の長い髪と胸の膨らみを 愛して時は流れた つい昨日までは・・・」ですよ!!めっちゃオトナじゃん(゚Д゚;)



こういう大人の音楽を聴いて悦に浸る子供たちが当時はたくさんいたわけで、大人の恋を知らないくせに「あぁ 僕の心の中に寂しい椅子がある そう昔君もそこに座っていたんだね・・・」というフレーズに切ないわぁ〜って一人カセットテープレコーダーの前で聴き入っていたわけです・・・マセたガキだったな( ̄∇ ̄;)

しかし、これって今も変わらないセンシティブな要素だと感じるのが、子供の頃から大人の音楽を好んで聴いている若者が稀有な音楽的才能を持っている傾向があるということです。

若くして音楽的な才能を発揮してプロになったりするミュージシャンはかなり早いうちから大人の音楽に親しんでいると思うのです。



ぽんきちが可愛がっているアーティストの伊藤祥平くんもそうでした。10代の頃からソウルやブルースに興味を持って聴いていたわけで、彼の稀有な才能はそんなバックボーンがあったからこそだと思います。

彼は二十歳でメジャーデビューしましたが、早熟な感性を持っているかどうかということは、ミュージシャンにとって将来を決定付ける大きな要素だろうと思います。

ぽんきち世代や少し上の世代のミュージシャンたちがメジャーで息の長い活動を続けているのも、そんな要素がかなりあるのだろうと。早熟な子供時代を過ごした人たちがプロになり、新しい音楽シーンを作ってきたはずです。



そう考えると今の音楽シーンの中から突出した音楽的才能を持ってデビューする人たちってある種すごいなぁと思うのです。同世代と趣味が合わない変わり者だったんじゃないかな?

大人の音楽を好んで聴いている若者がどのくらいいるのかわかりませんが、今は稀有な才能が出にくい時代なんじゃないかなって思います。

そして、たまにそんな才能を持ってデビューしたとしても、なかなかメジャーでは成功しにくいのではないかと。今の時代では売れないかもしれませんねぇ。



それでも、ニッチな分野だからこそ成功している人たちもいるわけで、音楽の世界でもこれからもそんな志向を持ったミュージシャンが支持される時代が続いて欲しいと思います。

売れてないけれど一部のリスナーには熱狂的に支持されているから生き残るみたいな、そんなミュージシャンがこれからも息の長い活動を続けられる世の中であればいいと思います。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


サポートギターのご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/support.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/10/15 13:33 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする