25年以上働いてきた組織にはいなかった〜人生を変えてしまうほどの出会いはいつも組織の外に存在していることについて




20160819212826875.jpg






ぽんきちは基本的にオフィスでの仕事ですから、仕事で知り合える人たちというのも限られています。組織外の人たちとの接点もありますが、あくまでも仕事上必要な事務的なやりとりをすることばかりです。

同じ組織で長く働いている上司や部下や同僚と呼べる仲間たちはとても似た思考をしています。たまに異なる思考を持った人たちもいますが、組織の中では変人と思われていまして、ぽんきちも彼らは変人だと思っています(・・;)

そう考えると25年以上働いていてもそこには自分の人生を変えるような出会いというものがないのは無理もないような気がします。これは定年まで働いても変わらないでしょう。



ぽんきちにとって人生を大きく変えるような出会いはすべて今の自分が所属している組織以外で出会った人たちでした。それはリアルに知り合うミュージシャンだったり、ネットの向こうで情報発信している人たちでした。

ぽんきちも子供の頃から画一的な教育を受け、組織で働くことを前提としたような価値観を徹底的に叩き込まれるような少年時代を過ごしてきました。

いずれ組織で働くからには従順でなければならない。組織に対していちいち疑問を持っていては仕事になりません。みんなで同じベクトルの思考を持ち、組織の目的を達成するために働くことが大切で、そこに人生を変えるような出会いなどは必要ないのかもしれません。



そして、それは多くの人たちにとっては楽なことでもあります。組織の安泰は自分の生活の安泰を意味しています。まずは安定した暮らしができることを重視する生き方では最も合理的だからです。

ぽんきちは最近思うのですが、そこに幸福感を求める人ならばそんな生き方を選択するのは当然だろうと。自分であれこれ考えなくても生きていける人生ならば、多少の不満や体調を壊すくらいのストレスは受け入れるんだと、そっちの方がまだましだと考えてしまうのは不思議ではありません。

ただ、そんな当たり前だと思っていた生き方が通用しなくなりつつある時代になってきていて、そこに潜むリスクがあることに気付き始めた人たちも多くなってきているような気がします。



かと言ってすぐに生き方を変えられるものではありません。同一労働同一賃金を目指さないといけないほどに格差社会が深刻になっている現在では、所得のフラット化を目指す政策を推し進めるしかないのかもしれません。

単純に考えれば、所得の少ない非正規雇用者のために所得の多い正規雇用者の賃金を削って、フラット化にシフトしていくという方向性になります。

理想的なのは正規雇用者の賃金はそのままに非正規雇用者の賃金を底上げできればいいのですが、右肩上がりの経済成長が望めない今となってはそれも難しいのでしょうね。



実際のところ、どのくらい格差社会が広がっているのか?それは様々な業種で働く人たちの賃金を目にする仕事をしているとよくわかります。

ぽんきちは今そういう仕事をしていますが、はっきり言って凄い格差があります。この人はこんなに高い給料を貰っているのか!?と驚いたり、この人はよくこんな給料で生活できているなぁと余計な心配をしたり・・・しかし、これが現実なんです(・・;)



格差社会の解消を目指すこれからの社会は、かつての日本型社会主義だった中流意識社会といったい何が違うのだろう?

多くの国民が中流意識を持って生きていたあの時代はもう来ないのではないか?と思っていましたが、そんな時代をまた目指していくつもりなのだろうか?

少子高齢化が続く限りそんな世の中にはならないような気がしますが、少なくとも同じような価値観で組織で働くことが当たり前とされた生き方では、皆が豊かさを感じることは難しくなってきています。



それでも、人はなかなか生き方を変えられるものではありませんから、何らかの出会いやきっかけを待つしかないのかもしれません。

ぽんきちは今の仕事以外の世界をなるべく知るきっかけがたくさんあることが大切ではないかと考えています。職場と家の往復だけの人生はお勧めしません。

自分とはまったく違う価値観で生きている人たちの存在をもっと知ることが肝心で、人生の可能性の多様さを感じられる環境にシフトしていくことで、画一的な価値観や生き方に支配されない自分に変えていけるんだと思います。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/08/19 21:29 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする