TeTe& Miss Rhythm Blues Band Live at Zoe




20160806184605434.jpg






8月20日(土)福岡市南区大橋1-2-19 伊藤ビルB1F「music cafe Zoe」(西鉄大橋駅の東口から出て左側に歩いてすぐ)

オープン 20:00
スタート 21:00

チャージ1500円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

TeTe
Miss Rhythm Blues Band






8月のTeTeはZoeでみゆきちゃんのブルースバンド「 Miss Rhythm Blues Band 」のマンスリーライブにゲスト出演します。

昨年12月以来の対バンライブになります。ブルースバンドとご一緒する機会は以前はたくさんありましたが最近はこういうブッキングは少なくなりました。ぽんきちにとっては貴重なライブです。

アコースティックとブルースという異色の組み合わせでお待ちしています。よろしくお願いいたします(^_^)ノ











ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/08/06 18:48 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一生働き続ける人生だからこそ好きなことを仕事にしたい〜好むと好まざるとに関わらず元気なうちは働くことが当たり前になる時代に生きることについて




20160806122908862.jpg







少し前までは60歳で定年退職を迎えあとは年金生活を送るのが普通でした。ぽんきちの両親はそんな老後を送っていますが、我々の世代ではもうそれは望めません。

ぽんきちは27歳の時に今の仕事に就きましたが、夢を捨てて現実だけを見つめて生きる選択をしたのは、まずは生きるためでした。そして、もう一つ重要だったのが、定年退職後は年金生活をしながら自分のやりたいことができる生活が待っていると期待したからでした。

現実的にはよほど貯金がない限り60歳から働かずに年金生活するのは難しくなっています。今は年金の支給開始年齢は65歳からに段階的になるようになりましたが、いずれは70歳からになると思います。そして、更には75歳からになるのかもしれません。



元気なうちは働きたいと望む人たちは多いと思いますし、年金の支給開始年齢がどうなろうとも、一生働き続ける生き方はこれからは極当たり前になってくるでしょう。

そうなると、仕事の中身が問われる時代になってくると思うのです。定年退職までは生活のためと割り切って働くという過去の価値観から意識を変えられないままだと、未来においても生活のために割り切る働き方はずっと変わらないという現実にいつ気付くのか?

それに気付いたならば今何をすべきなのかを考えなければ手遅れになりかねないとぽんきちは最近はよく考えます。65歳まで再雇用されてもその後も元気ならば働き続けるわけで、いったいいつになったら割り切った働き方から本当に自分が望む働き方ができるようになるのか?



おそらく割り切った働き方を続けている限り、一生それは変わらないでしょう。年を取れば取るほど、キャリアを積めば積むほど、仕事というものは簡単には変えられなくなります。先延ばしにすればするほど生き方は変えられなくなって、いつか自分が望む働き方をという幻想は幻想のままで終わるのです。

その途中で多くの人たちが癌で亡くなったり不慮の事故で亡くなったりしています。いつかはという思いは今何もしなければやって来ることなく終わるということにいつ気付くのか?

今の積み重ねが未来を作るという動かしようのない現実があるならば、今を変えられない自分は未来も変えられないと思うのです。それに気付いていながら何もできないならば、何もしようとしないならば、甘んじてそんな未来を受け入れるしかない。

好きなことはずっと続けるということ自体は誰にでもできます。楽しいことだから誰に何と言われようとも続ける人は続けます。それを仕事にしたいと思ったら、そのためにやるべきことも考えないといけなくなります。そして覚悟を決めて踏み出す決心も必要になります。



人はなぜ生まれて来るのだろう?

この永遠の問いに明確に答えている人たちがいます。

胎内記憶を残している子供たちに「あなたはなぜ生まれてきたの?」と質問すると、子供たちは「世の中の役に立つために生まれてきたの。」と答えるそうですね。「まずはお母さんを喜ばせるために生まれてきたの。」と答えるのだとか。

生まれて来る意味が誰かの役に立つため、世の中の役に立つためであるならば、それは仕事そのものであると言えます。仕事とは誰かの役に立つ、世の中の役に立つことをすることでその報酬を頂き、自分の生活を支える行為だからです。



それ故に、ぽんきちは仕事について考えることは、なぜ生きるのか?を考えることだと思っています。仕事を軽く考えることは生きることを軽く考えることに等しい。

仕事に嘘をつくことは生きることに嘘をつくことに等しい。

そして、仕事は人生の多くの時間を占めるものです。これから一生働き続ける生き方が当たり前になるならば尚更です。

仕事について深く考えることは生きることを深く考えることなんだと思います。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/08/06 12:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする