生きる世界を変えたからこそ出会えた人たちがいる〜人間万事塞翁が馬の如く生きる




20160716115322152.jpg






https://mizote.info/image/02profile/30kaisetu_jinkan.html
人間万事塞翁が馬の解説



仕事を失ったり大切な人を失ったり、我々はこの世の終わりとも思える大きな喪失感に襲われる瞬間が時々あります。

そんな不幸が順番にやってくるならばまだなんとか対応ができたりもしますが、時には複数の不幸に同時に襲われることもあります。

そんな時、その大きな負荷は自分のキャパを越えてしまい、心が潰れてしまうこともありますが、人間万事塞翁が馬という諺があるように、その出来事があったからこそ出会えている人たちがいたり、あの苦しみを乗り越えたからこそ今の自分があると思えることもあります。



苦しみの最中にある時は今と過去がすべてになっていて未来など考えられないものです。特に大切な人を失ったりすると過去に苦しめられます。幸せだった頃の日々たちが独りぼっちになった今の自分を苦しめるのです。

そんな経験を誰もが繰り返して生きています。わかってはいるけれど、その時は過去から続く今がすべてです。

でも、その後で出会う人たちはその別れがあったからこそ出会えた人たちも多いはず。

その後で働くことになった仕事は失業したからこそ取り組むことになった仕事も多いはず。



我々は何かを変えたくても新しい世界に生きることに躊躇し、恐れを払拭できず前に進めないことがありますが、大きな喪失感を伴う不幸な出来事はある日突然やってきて、否が応でも我々の人生を変えてしまいます。

あの人がいなかったら生きていけないと思っていた自分はそれでも生きている。

失業したら生きていけないと思っていた自分はそれでも生きている。

仕事については大きな負債を抱えて死を選ぶ人たちが後を絶ちませんが、この国の法律は人として営む最低限度の生活を営む権利を生存権として保障しています。

だから、死を選ぶ必要はないのですが、人としての責任感や尊厳を重視するからか、または死という選択をせざるを得ない状況まで追い詰められるのか、自ら命を絶つのです。



生存権が保障されていると知っていても、そんな状況に陥る人生にはなりたくないと誰もが思うはずです。自分からわざわざそんなリスクは冒したくないと思うのが普通です。

しかし、突然の不幸に襲われるのは仕方ないですが、自分から人生を変えたいと願う場合はリスクを恐れていては何も変わらないので、そんなリスクも覚悟の上で前に進む選択をした人だけが自らの意志で運命を変えているのでしょう。

そして、自分の意志で変える決心をした場合、突然やってくる出来事とは違って、そのための準備をする期間を持つことができます。

決心をせずに準備ばかりしていては何年も準備ばかりで時間は過ぎていくでしょう。決心をしたら準備をすると同時に実行に移す時も決めてしまう。後は実践の中で必要な準備も並行してやっていく。

本当に準備しなければいけないことって実際にやり始めてから気付くことも多いのではないかと思います。やってみなければわからないことがたくさんあるだろうと。

だから、リスクを抱えて実行に移すしかない。そもそもリスクのない人生なんてこの世の中には無いのですから。



失恋するリスク

離婚するリスク

失業するリスク

交通事故に遭うリスク

癌になるリスク

災害に襲われるリスク

あらゆるリスクはすべての人にあるわけで、リスクを恐れて前に進めないのは生きることを半分放棄しているようなものです。



手に入れたからこそ失うように、失うからこそ新しいものを手に入れるのだと思います。

人生はその繰り返しの中にあるわけですから、その中に自分で選べるものがどれだけ多くできるかが大切です。

自分の意志で生きる。

与えられたら人生ではなく自分で掴み取った人生を生きる。

人生にはリスクがつきものだからこそぽんきちはそう思っています。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/07/16 11:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする