愛はきらめきの中に〜貴重なミディアムテンポの曲だからやっているけど実は選曲ミスだったと思っていることについて




20160713204000836.jpg











https://www.youtube.com/shared?ci=haNbfF70zlU







先日のぽんきち10周年ライブで初めてTeTeがちょっとバー木馬で演奏した動画です。

ありちゃんが高解像度4Kでアップしてくれました!!ありがたや〜(o゚▽゚)o



TeTeのレパートリーで唯一ぽんきちがコーラスをしている曲なんですが、自分で選んでおきながら選曲ミスだったと思っているぽんきちです(・・;)

理由はコーラスはしたくなかったから・・・アレンジができたのでスタジオで初めて二人で合わせていたら、なっちゃんが「ぽんきちさん、この曲はコーラスがないと困ります!」と言い出したのです。

確かに実際に演奏してみるとメインヴォーカルだけでは繋がりがよろしくない・・・しまった〜っ(゚Д゚;)



動画の自信なさげなコーラスがそれを物語っていますが、ぽんきちは英語の歌が苦手なのです・・・聴くのは大好きだけど歌うのはイヤ(^_^;)

仕方なくコーラス付きで演奏していますが、今回の動画は二人の立ち位置がいつもと違うのが面白いなぁ(^-^)



ビー・ジーズの「How Deep Is Your Love」は1977年にシングルリリースされた曲で、映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の挿入歌でした。

TeTeは1970年代の洋楽カバーが多いユニットですが、この時代はポップスのスタンダードナンバーが量産された時代なので、カバーしたい曲はまだたくさんあります。

団塊世代のおじさま&おばさまは青春時代にリアルタイムで聴いていたでしょうし、若い世代にとってはたくさんの名曲がカバーされて知っていたりするので、これからも幅広いリスナーに楽しんでもらえる洋楽カバーユニットを目指して活動したいと思っています(^-^)











ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/07/13 20:41 | Comment(0) | TeTe[動画] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕らをつなぐもの〜亡くなったあとで知らされたたかりんさんの想い




20160713000920337.jpg












https://www.youtube.com/shared?ci=ZHyQij4d_6A








一昨日、日曜日の夜遅くに書いたブログで紹介したたかりんさんの動画です。

ちょうどぽんきちが彼に出会った頃の映像がアップされていたので、たかりんさんを知らない全国の方々に彼の生前の弾き語りを聴いて頂きたくてこのブログを書いています。



あの夜は結局明け方まで眠れなかったのですが、一時間程うとうとして仕事に行きました。

ほとんど寝ていなかったのですが、なぜかその日はあまりきつく感じることはありませんでした。

きっとこうやって彼を知るたくさんの人たちが彼の生前の弾き語りを聴いて、それぞれに偲ぶ時を過ごしているんだろうなぁ。



たかりんさんがぽんきちに対して抱いていた想いを、この数年間ずっと彼の側で過ごしていたという方から昨日FBのメールで知らされました。

そうだったのか・・・そんな風に想っていてくれたのかと、ぽんきちは初めて彼の気持ちを知ることができました。



ぽんきちは二度の手術を経験し、内臓をかなり切除したためこの10年間は平日は基本的に絶食という生活をしています。

たかりんさんも胃癌による手術をしたし、ほとんど食べられない時期も過ごしていました。

その方の話では、病気を宣告されてからのたかりんさんはぽんきちが目標の一人になっていたと・・・二人っきりの時にそう話していたから間違いないと。

二度の手術と絶食生活を乗り越えて音楽活動を続けているぽんきちですが、たかりんさんにはそんな風に映っていたなんて、まったく思いもしませんでした。



そして、自分も病気を乗り越えてぽんきちからいつお誘いが来てもいいように頑張るんだと言っていたそうなんです。

ぽんきちがたかりんさんと最後にメールのやりとりをしたのは半年前、レイぽんのライブ出演のお誘いをした時で、一度は出演を了解したもののその後すぐに体調不良で昨日から入院しているため出演できなくなったという内容が最後でした。

だから、たかりんさんはまたぽんきちからお誘いがあることを期待しながら頑張っていたんだなと・・・ぽんきちはその方のおかげで知ることができました。

もっと早く誘っておけばよかったという悔いは今もありますが、彼の生前の想いを知る前と知った後では何かが違う。

その方にはとにかく知らせてくれてありがとうございますという気持ちでいっぱいです。

ぽんきちにとってはとても大きな意味を持つメールでした。



FBでは繋がっていないその方は、ぽんきちの一昨日のブログを読んでメールをくれたそうで、FBでブログを拡散してくれた方々には本当に感謝しています。

ありがとうございました。おかげさまでたかりんさんの気持ちを知ることができました。

この場をお借りしてお礼を申し上げますm(__)m











ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/07/13 00:10 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知られざる名曲を掘り起こしてたくさんの人たちに聴いてもらう〜 カバーを演奏する楽しみについて




20160712211135017.jpg








https://www.youtube.com/shared?ci=TNQSMeHq_H0






先日のぽんきち10周年ライブをありちゃんが高解像度4Kの動画でアップしてくれました!ありがたや〜(o゚▽゚)o



ぽんきちはカバー専門というわけではありませんが、たまたまオリジナル曲を歌うヴォーカリストとご縁が無い音楽人生を歩んでいまして、今のところカバーユニットばかりの活動をしています。

カバーの面白い要素はたくさんありますが、その中に隠れた名曲を掘り起こしてたくさんの人たちに聴いてもらうという楽しみがあります。

今回アップした動画はレイぽんで演奏しているジャックスの「時計を止めて」という曲です。



ジャックスは1960年代の後半に活動していた日本のロックの先駆け的なバンドで、ヴォーカル早川義夫さんの難解な歌詞や当時としてのニューウェーブ的な音楽性がミュージシャンの間では今でも高く評価されています。

ジャックスを「日本のドアーズ」と評する人たちもいて、日本のロック界では伝説的なバンドなのです。

若い読者諸君にはジャックス?ドアーズ?って感じでしょうね(^_^;)

Wikipediaで詳しく紹介されていますので興味のある人はネットで調べてね。



ミュージシャンには高く評価されても一般リスナーに評価されなかったら売れないわけで、ジャックスは売れないバンドだったことが解散に繋がったようです。

それでも、この「時計を止めて」という曲はぽんきちが16歳くらいの時に聴いていたんですが、数年前にカルメン・マキさんが大泉洋・松田龍平主演の映画「探偵はbarにいる」の挿入歌としてカバーしていたのです。

そのカバーがあまりにも素晴らしかったので、ぽんきちが更にカバーしてレイぽんで時々演奏しているお気に入りの曲です。



基本的には誰もが知っている親しみやすい邦楽を多くカバーしているレイぽんですが、茶木みやこさんや佐々木幸男さんやariさんなど、最近の一般リスナーには馴染みが薄いアーティストの隠れた名曲をカバーする活動もしています。

隠れた名曲ってたくさんありますから、そんな曲たちを掘り起こして新しいアレンジでお届けするのもとても楽しいですね。

ユニットはその活動が次第に変化していくものですが、こういう楽しみはこれからもずっと続けて行きたいと思っています。











ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/07/12 21:24 | Comment(0) | レイぽん[動画] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリボでリベンジ全員集合!!(o゚▽゚)o〜レイぽんライブのお知らせ




20160712195044612.jpg






7月23日(土)福岡市中央区赤坂1丁目11-20サンシャイン赤坂1F「ドリームボート」

19:00 オープン
20:00 スタート

チャージ1500円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

レイぽん
永瀬トモエ


https://m.facebook.com/pages/ドリームボート/131017303657419







なんと無理のあるタイトルでしょうか(^_^;)

本来ならば4月に実現していたはずの初対バンライブなんですが、ライブの前日にレイさんのお母さんが骨折する事故があり、急遽キャンセルせざるを得なかったのです。

ドリボの藤城さんから同じ対バンライブのお誘いを頂きまして、リベンジと言えるのかよくわかりませんが、久しぶりにドリボでライブさせて頂きます!



お時間ありましたらぜひお越しください(^_^)ノ











ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2016/07/12 19:52 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイマーズは絶対に清志郎じゃない!!と言い張っていた少女は27年前のバンドメンバーだった〜もかりんとの出会いについて


今回は昨夜お通夜の受付をしていたもかりんとぽんきちの出会いについて書きたいと思います。



しゅうさんともかりんは「もかしゅ〜くりぃむ」というアコースティック・ユニットをやっていますが、彼らのライブはこれまで何回か観た記憶がありまして、アコギとキーボードで二人が歌うユニットです。

ライブでは特にお話しをすることもなく、もかりんはしゅうさんの相方なんだなという認識のままのぽんきちでした。

そんなある日、FBの誰かのタイムラインでたまたま彼女を見つけて、名前を見ると「もかりやよい」と書いてあり・・・う〜ん、何だか聞き覚えのある名前だなぁと思って、アップされている写真を見ているうちに、もしかして??

ぽんきちが20代の頃にライブしたパンクバンドのメンバーだった娘では!?(゚Д゚;)という気がしてきたのです。

それからいつか彼女にそのことを確かめてみたいと思いつつもなかなか会う機会がありませんでした。



先日、音吉さんの追悼ライブで久しぶりにもかしゅ〜くりぃむのライブを観る機会があり、演奏を終えた彼女に「ウララオカウラバンドを覚えているかい?」と質問したところ、「ええ〜っ!?あの時のギターの人がぽんきちさん??」という返事があり、長い間ぽんきちの中にあった疑問は一気に解決したのです。

今から27年前にビブレホールでライブした「ウララオカウラバンド」というバンドで、オリジナル曲のパンクナンバーやはっぴぃえんどの「はいからはくち」を演奏していました。

確かまだ当時のライブ音源のカセットテープが残っていたはずと思い出して、先ほど埃をかぶった山積みのテープの中を探してみると出てきました!!


20160711220435869.jpg




右から2番目がぽんきちで当時25歳、真ん中の少女がもかりんで当時20歳くらいでした。

あの日は西日本新聞の記者が楽屋に取材に来ていて、我々は新聞で紹介されたのです。

当時、もかりんは記者の質問にライブ出演の準備をしながらテキパキと答えていて、質問する記者の顔も見ずに無表情に的確に答える姿に、ぽんきちは「この娘すげーなぁ(・・;)」といたく感心したのを覚えています。



そして、とても印象に残っているのが、当時タイマーズが演奏する原発反対の歌が話題になっていた頃で、ぽんきちが「清志郎は面白いなぁ。」みたいなことを話していたら、もかりんが「タイマーズは絶対に清志郎じゃありません!!」と言って譲らなかったのです。

確か当時のもかりんはファンクラブというバンドのヴォーカルもしていて、ぽんきちには彼女はバリバリのロック少女に映っていました。



なぜ27年前のバンドメンバーなのに気が付かなかったかと言うと、もかしゅ〜くりぃむはフォーク系のユニットなので、今の彼女はあの頃とあまりにも印象が違っていたからです。

そして、もかりんもぽんきちに気が付かなかったのは無理もありません。あの頃とはぽんきちも別人になっていますからねぇ(^_^;)



以前からレイぽんはもかしゅ〜くりぃむ企画のライブからお誘いを頂いていましたがまだ実現していません。

27年の時を超えて、あの時のロック少女とまた同じステージに立つ日も近い・・・そんな予感がしているぽんきちです(^-^)












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/07/11 22:07 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする