初心者ギタリストに読んでもらいたいぽんきちがライブの演奏中にいつも考えているギター演奏の肝について




20160629222903688.jpg






昨日はぽんきちはいつもライブでは初心を忘れないという内容のブログ記事を書きました。今回はもう少し踏み込んでぽんきちの初心マニアぶりを書いてみたいと思います。



ライブ前にナーバスになっていたり、演奏中に緊張するのは昨日のブログに書いたとおりなんですが、ライブでギターを弾いている時のぽんきちは次のことを常に意識しながら演奏しています。



その1 弦を押さえる指はフレットのすぐ左側を押さえる。

例えば3フレットを押さえる時は2フレットのすぐ右側ではなく、あくまでも3フレットのすぐ左側を押さえます。こうすることで弦を押さえる左手に無駄な力を入れずにしっかり音が出るようになります。



その2 1小節の最後の音までしっかり押さえて弾くためにポジションチェンジは素早く行う。

コードのポジションチェンジをする直前の音はどうしてもおろそかになりがちです。次のコードに移ろうとして1小節の最後の音を中途半端に鳴らしたりするので、意識して最後までしっかり押さえるようにしています。そのためには素早くポジションチェンジできる癖を付けなくてはいけません。



その3 余計なノイズを出さない。

コードを押さえたり指を離したりする時やピッキングする時に鳴らしてはいけない弦に触らない。余計な音を出さないように弾いてます。



その4 リズムを体の中心で意識して弾く。

歌も楽器も体全体でリズムを感じながら演奏するとリズムキープがしやすいので、常に一定のテンポを体の中心で意識しながら弾くようにしています。そのためには普段からメトロノームを使った練習が欠かせません。



その5 ピッキングのアタック感と角度を意識して弾く

これは初心者ギタリストには難しいかもしれませんが、ぽんきちは弦を弾く右手の角度を変えることでピッキングの強弱をつけています。弦に対して平行にピッキングすると音が大きくクリアになりますし、斜めにピッキングすると音が小さく柔らかになります。

そして、更に初心者ギタリストには難しいと思いますが、ピッキングする時は弾く(はじく)ように右手の指先を弦に当てています。

もしも、ぽんきちのアタック感が他のギタリストと違うとしたならば、それはこの弾き方の違いだろうと思います。

弦を弾く(ひく)と(はじく)とではどれほど出音が違ってしまうかは直接ぽんきちが目の前で弾いてみないとなかなかわからないと思います。

将来ぽんきちのギターレッスンを受けることになる生徒さんには目の前で実演したいと思いますが、微妙過ぎてわかってもらえないかも(^_^;)



但し、このアタック感についてはぽんきち自身ギターを弾き始めて30年くらい経って気付いたことでもあるので、初心者ギタリストの皆さんにレクチャーするのはレッスンを長く続けた生徒さんに限られそうです。いきなりは無理だと思いますので。



その6 相方であるヴォーカリストの歌をよく聴く

最後はバンド演奏で大切なのは周りの音をよく聴きながら演奏するということです。ぽんきちの場合はアコースティック・デュオなのでバンドメンバーは相方しかいません。だから相方の歌をよく聴きながら演奏しています。



以上がぽんきちがいつもライブで意識しながら演奏中に考えていることです。とにかくギターを弾くことの基本を意識しながら弾いています。





これらは過去ブログの「初心者のためのアコースティックギター講座」に書いていることばかりです。

http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ブログのカテゴリ「ギター講座」にアップしていますのでそちらも参考にしてください(^_^)ノ












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/06/30 21:10 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブではいつもギターを弾く手が震える〜ぽんきちの場合はむしろ初心を忘れることの方が難しいことについて




20160629212531255.jpg






http://misumiotsuki.com/?p=4472
いつも初演のつもりで準備して、 初舞台のように、パフォーマンスすること





いつも興味深いブログを書いているボイストレーナーのmisumiさんですが、この記事にもぽんきちは深く納得するものがありました。

レイぽんもTeTeも毎月ライブをする活動を何年もやっていますが、ユニットの活動を長くしていますと集客だとかもっと良いライブをすることは常に頭の痛い課題なのです。

彼女のブログ記事のテーマでもあるオーディエンスの期待に応えられる、集客に繋がる「次のステージ」をどうするか?という悩みは多くのミュージシャンが抱えているだろうと思います。



・・・いったい、どんな「次」を見せたらいいのか。

 

長年、考え続け、挑戦し続けてきて、辿りついた結論は、
けして、演目を変えるとか、目新しいことをするとか、
そういうことではありませんでした。



彼女が導き出した答えは「 いつも初演のつもりで準備して、 初舞台のように、パフォーマンスすること」ですが、ぽんきちもまさにその通りだと思います。

このことに気付かないでいると、変わり映えしないレパートリーが集客できない原因だと考えたり、自分たちらしくない期をてらった曲をやろうという考えに陥りがちです。

周りの音楽仲間やお客さんからも変化を求めるような指摘をされたりすると、尚更そんな気持ちになってしまうのです。



実際、ぽんきちも自分のユニットではこの手の話題は出ます。どちらかというと相方からもっとユニットに変化をつけたいという希望が出ますが、とりあえずユニットが持つイメージの大枠をはみ出さない程度の変化ならばぽんきちは了承しています。

ぽんきちはあまり周りの意見を気にしないタイプなんですが、レイさんとなっちゃんは割と敏感に反応しますね。ぽんきちが鈍感と言ってしまえばそれまでなんですが(^_^;)

ただ、こんなぽんきちですが他人の意見を聞くことも時には大切だとは思っています。でも、「時には」でいいと思います。他人の意見を聞くことと自分の信念や姿勢がブレることの区別ははっきりしておくことが大切なんです。



同じユニットで何年もライブをやっていてもライブ直前までの落ち着かない感覚はいつまで経ってもありますし、演奏中の緊張感はなかなか無くなりません。

今でも時々手が震えて困ってしまうのですが、気持ちはいつも初心に近い状態でギターを弾いています。手が震えるのは日頃の練習不足が大きな原因だろうと思いますが、気持ちが慣れることはあまりないですね。ぽんきちの場合は初心を忘れることの方が難しい(・・;)

だから、変わり映えしないレパートリーであっても飽きることがありません。ライブを聴いているお客さんたちはどうなのかわかりませんが、ぽんきちは飽きないです。常に新鮮な気持ちでステージに立っているような気がします。



あとはいつも初演のつもりで準備するまでの時間が常に取れたら手の震えも幾分は収まるのかもしれません。言い訳はしてはいけないですが、フルタイムで働きながらの音楽活動はとにかく時間の確保が難しいですね。

仕事から疲れ果てて帰ると何もしたくないことがよくあります。よっぽど音楽が好きじゃないと毎週末ライブとかはできないわけですが、ライブが週末に控えているとどんなに疲れていてもギターを弾きますから、自分でどんだけ好きなんだって思いますね(^_^;)



最後に、変化を望むことの是非についてですが、ぽんきちはユニットというものは自分たちが望む望まないに関わらず変化していくものだと思っています。

我々の人生が時と共に少しずつ変わっていくようにユニットも変わっていくものだと。

だから、misumiさんが書いているように



"もっと、もっとと貪欲に準備をした、駆け出しの頃の、
あのストイックさが、人の胸を熱くしたのではないか。
 
まだまだ、まだまだと、初演まで自分を追い込み続けた、
自信と不安のないまぜになった気持ちが、
いい意味での緊張感を伝えたのではないか。
 
いつもいつも初演や初舞台の新鮮さと一所懸命さと情熱を持って、
準備し、パフォーマンスできたなら、
「次」は「前回」の延長線上ではなく、毎回毎回が新しいステージになる。"



ユニットに大きな変化を求めなくても、ライブに臨む姿勢にこんなストイックさを持ち続けられるのであれば、お客さんたちはまた次のライブにも足を運んでくれるのではないだろうか?

お客さんたちが我々に望むのはこういうことなのではないかと思います。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/06/29 21:26 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日更新しているととんでもなく蓄積されていくことにやっと気が付いた〜過去ブログのバックアップをしていく作業で感じた変化について




20160628212219582.jpg






只今ぽんきちは毎日更新してきた過去2年間のブログ記事をバックアップする作業をしていまして、時間のある時に少しずつやっているのですが、これがめっちゃ大変なんです(・・;)

まだ2年なんですが毎日更新しているとこんなにも蓄積されているのか!!と実感しています。

ブログの運営会社が突然閉鎖する可能性もあり得るため、将来のリスク回避のための作業ですが、ライブ告知や写真ばかりのブログ記事は除いて、長文で比較的しっかりした内容の記事やギター講座などを中心にバックアップしています。



過去2年に遡ってバックアップ作業を始めて最近やっと今年1月の記事にたどり着きましたが、作業の過程で気が付いたことがありまして、毎日更新して2年目に入った頃から長文の記事が多くなっていました。

最初の1年間は捨てブログ的な記事も多くて、単なる日記みたいな内容もあるのですが、2年目になる頃にはその内容も濃いものが多くなっていたのです。

おそらくブログを書くことが習慣になってしまって長文が負担に感じなくなっているのと、ブログを書くことであらゆることに対して深く考える癖がついてしまったようです。

それ故にバックアップする記事も多くなっていてちょっと大変(・・;)

やはり早いうちからバックアップはしておくべきだと思いました(>_<)



過去ブログの記事については時々FBやTwitterで再アップしていますが、埋もれたブログを新たな読者に読んでもらうためにしています。

それなりの記事を書いていても最近ぽんきちのブログを知って読者になって頂いた方々は過去に遡って読む時間はなかなかないでしょうし、ぽんきち自身が印象的な過去ブログをピックアップすることで新しい読者は過去に遡る手間が省けます。

とりあえず半年以上前にアップした記事を再アップしていますが、それでも1年半分の記事がありますから、やはりブログ記事を蓄積することは意味があると実感しています。



しかし、たった2年間でもこれほど蓄積されていることを考えると、毎日更新を10年以上続けているブロガーなどはとんでもない数の記事が蓄積されていることになるわけで、ネット社会とはつまりはそういうことなんだなと改めて感じますねぇ。

普段は目に見えないウェブという空間が世界中に蜘蛛の巣のように繋がっていて、その空間には目に見えない膨大な量の情報が存在しています。

そこから我々はいつでもどこでも端末を使って情報を読むことができるわけで、その空間に自分という人間を存在させることが情報発信なんだなと。



そして、それは海を越えて異国の大陸で暮らす人たちにも瞬時に伝えることができているわけで、ネット社会で生きている我々はウェブ上では瞬時に地球の裏側にまで言葉や写真などの情報を届けることができます。

ぽんきちが今書いているこのブログも世界中の誰もが読むことができて、日本語さえわかればいつでもどこでも端末でそれは可能なんだなぁと考えると、やはりブログって面白いツールだと思います。

そんなブログを今日も書いていますが、蓄積していく先の未来にある世界がどんなものなのかとても楽しみですし、でもそれは毎日コツコツ積み上げていく地味な作業の先にしか広がることのない世界なんだろうと思います。



毎日コツコツ今日もブログ更新終了!!(^_^)ノ











ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/06/28 21:23 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あまりにもいい曲過ぎて敬遠してしまう〜ハマショーを演奏できないミュージシャンが多いことについて




20160627233240539.jpg









https://www.youtube.com/shared?ci=nX3Wqsx2gLY
もうひとつの土曜日







https://www.youtube.com/shared?ci=PdBBMKxGXSA
丘の上の愛







サングラスがいかんのかなぁ・・・


バンダナがいかんのかなぁ・・・


それともジーンズにシャツの裾を全部入れてしまうのがいかんのかなぁ・・・



浜田省吾というアーティストは本当にいい曲をたくさん書いていますが、なぜかミュージシャンたちに敬遠されてしまうのです(・・;)

実は若い頃はハマショーが大好きだったというミュージシャンはたくさんいるだろうと思うのですが、誰もライブでは演奏しないのです。

かく言うぽんきちもその一人なんですが、彼の曲を演奏する勇気がない(^_^;)

ハマショーの熱烈なファンからすると「なぬーっ、けしからん!!(`_´)」と言いたくなるでしょうね・・・でもね、なんだかね・・・無理(>_<)



これってどういう心理なんでしょうか?

「もうひとつの土曜日」なんて、もう死にそうになるくらい名曲だとぽんきちは思ってる。めっちゃ思ってる。

でもね・・・無理なんす(^_^;)



日本人の心の琴線に触れまくりの名曲揃いだし、彼の稀有な才能は十分に認めています。

たまに家でYou Tubeで聴いたりするとやはりめっちゃいい!!

ぽんきちはまだハマショーが大好きなんだなぁ・・・って思う。



でもね・・・無理・・・って3回も言うな(^_^;)



全国のハマショーファンの読者の皆様、申し訳ありませんm(__)m













ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/06/28 00:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここまで過去をさらけ出す最強営業ツール「セルフマガジン」の威力とは?〜ダンサー大瀧冬佳さんのセルフマガジンを読んで感じたこと




20160627201044515.jpg





20160627201054472.jpg






http://fuyukaohtaki.com
大瀧冬佳さんブログ



一昨日のかさこ塾フェスタ福岡で塾生たちのセルフマガジンが無料配布されていたので、ぽんきちはその中の十数冊を持ち帰りました。

セルフマガジンとは好きを仕事にするための営業ツールで所謂企業案内パンフレットの個人バージョンです。

一般の方々にとってはセルフマガジンを作る機会はほとんどないでしょうから、その意味がわかりにくいかもしれませんが、フリーランスで活動するにあたって仕事獲得の強力なツールに成り得る冊子とご理解ください。

ネット社会においてはブログを毎日更新して情報発信することはとても重要ですが、アナログな紙媒体の冊子で自己PRできるセルフマガジンはいつの時代でも通用する仕事獲得ツールなんだと、かさこさんは自身の経験から実感しているのです。

てすから、フェスタでも多くの塾生たちがセルフマガジンを無料配布していました。



その中で先日かさこさんがセルフマガジン大賞に選んだダンサー大瀧冬佳さんのセルフマガジンもあったので興味深く拝読しましたが、冒頭からインタビュー形式で彼女の壮絶な虐待の経歴が書かれてあり、ここまで過去をさらけ出したセルフマガジンというものの威力について考えさせられました。

結論から申しますと、とてもインパクトのあるセルフマガジンでした。インタビューの他には今の彼女がダンサーとしてできること、これからやろうとしていることなどが詳細に書かれてあり、仕事というものを意識した自己PRのツールとしてとてもわかりやすい内容になっていました。

セルフマガジンの威力については彼女自身がこれから実感していくだろうと思いますし、ぽんきちにはまだよくわかりませんから、その威力を知るためにはぽんきち自身がセルフマガジンを作ってみるしかありません。



彼女のセルフマガジンは大賞に選んだ後でかさこさんが編集の手直しをしたそうで、編集というものの重要性についても冬佳さんは自身のブログで綴っていました。

ぽんきちもこれからセルフマガジンの作製に向けて構想を練っているところだったので、自分のプロフィールの紹介について再考を迫られる内容のセルフマガジンでした。

ぽんきちにも負の経歴と呼べるものがあり、どこまで過去の自分をさらけ出せばよいのか迷っているのです。

若い頃からの難治性疾患により平日はほとんど食事ができないなど普通の人たちとはかなり違う運命を背負い、それは今も続いていますが、冬佳さんのように「ここまで自分の過去をさらけ出す」ことの意味を、この冊子を読んだ人たちに与える効果を、ぽんきちなりに考えています。



ぽんきちもブログではそれなりに自分の過去について書いていますから、セルフマガジンに書くことに躊躇する必要はないのかもしれません。

しかし、こうやってアナログな紙媒体の冊子で読ませるとかなりインパクトがあるんだなと改めて感じています。

ぽんきちはギタリストなので自分のセルフマガジンにはユニットの演奏を収録したDVDを付録にする予定で、以前ケーブルテレビ局の番組に出演した時の収録を視聴できるセルフマガジンになります。

それ故に費用は他の方々よりも何倍もかかってしまいますが、無料配布するDVD付きセルフマガジンを500〜1000部ほど作製する予定です。



内容については冬佳さんや他の塾生たちのセルフマガジン、そして以前かさこさんの講座を受けて知った情報などを参考にして具体的な構想を固めたいと思います。

デザインは音楽仲間のプロデザイナーに依頼するつもりですが、編集を自分でするかプロに依頼するかはもう少し考えてみる必要があると思っています。

セルフマガジンの出来次第ではフリーランスとして活動を始めてからの動向も変わってくる可能性があるので、なるべく納得のいく内容で仕上げたいと思っています。



ぽんきちマガジンの完成はまだしばらく先になりますが、出来上がったら普段お世話になっているお店に置いて頂いたり、ぽんきち自身があちこちで無料配布しますので、その時にはよろしくお願いいたします(^_^)ノ










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2016/06/27 20:12 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする