突如閃光が走ったと思ったらドーンという音と激しい爆風に襲われる夢を見る




20160525005528241.jpg





先日見た夢なんですが、ぽんきちは職場にいてガラス張りのオフィスの向こうに見える信じがたい風景を目にして「さては核兵器が使われたな・・・北朝鮮か?」と考えると同時に、閃光の後に激しい爆音と爆風に襲われて目が覚めました。

たまに怖い夢を見て目を覚ますのですが、それが何ともリアルなんです。

若い頃から見る夢ですが、異国の爆撃機だとかUFOからの爆撃を受ける夢はマジで怖いですね〜。はるか上空に爆撃機などの大群がいて一斉に攻撃してくるんです(・・;)

これも途中で目が覚めるほど怖い夢でして、戦争を知らずに育った世代のぽんきちがなぜこんな夢を昔から見るのだろう?と考えるわけです。



おそらくは子供の頃から祖母に戦時中の話を聞かされていたからではないかと思います。ぽんきちの故郷の島は対岸に大日本帝国海軍航空隊の飛行場があったため、戦時中はアメリカのB29からの爆撃を受けていました。

祖母やまだ子供だった母たちはその度に裏山に掘った防空壕の中で震えていたそうですから、ぽんきちの脳裏には伝承としての戦争の記憶が刷り込まれているのです。

だから昔から爆撃されるリアルな夢を見るんだろうと自己分析しています。



戦争というものを現実には体験していなくても、子供の頃から伝承することで恐ろしい体験をイメージとしてインプットすることができるんですね。ぽんきちは自分の体験からも伝承には意味があると考えています。

途中で目が覚めるくらい怖い夢でも見なければリアルに戦争というものを体験したことのない我々にはわからないと思うのです。

恐怖心を持たない人間が戦争を起こすんでしょうから、戦争を起こさないためにも何らかの形で恐怖心を伝えないといけません。

ぽんきちの祖母は25年前に亡くなりましたが、戦争の恐ろしさを孫たちに伝える努力を怠らなかったことは素晴らしいと思います。



生の体験談を伝承できる人たちはどんどん減っていますが、戦争を知らない我々や特に子供たちには伝えて頂きたいです。本物を見て知っている人たちの話を聞かせて欲しいと思います。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/05/26 18:46 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする