長時間の演奏でも途切れない集中力はどうやって身に付けるのか?




20160508130425919.jpg






http://thechange.jp/studypower-4798.html
集中力を鍛えて、学習力を劇的にアップさせる9つの方法



よくプロのミュージシャンがアンコールも含めて3時間にも及ぶライブをやったりしますよね!?長時間の演奏でも途切れない集中力はどうやって身に付けるのだろう?

今回紹介した記事によると、一日6時間以上の睡眠時間や適切な栄養分を取ることが大切だと書いています。

昨夜はホテルのラウンジバーで45分を2ステージの演奏だったのですが、どうも2ステージ目で集中力が途切れてしまうんですね(・・;)

1ステージ目の後は1時間程度の休憩時間があるので、お店のメニューから好きなものを注文(サービスですが)できます。ぽんきちはいつもコーヒーとミックスサンドを頂きますが、カフェインと栄養分も取って2ステージ目に臨むわけです。

昨夜は前日しっかり睡眠も取れていましたが、それでもあと残り10分というところで集中力が途切れてしまいました。それまではほとんどノーミスで演奏できていましたが・・・もうめっちゃ悔しい(>_<)



プロのミュージシャンの集中力って半端ないですし、彼らと話してみるとやはりメンタルコントロールが大切だと言うんですね。ホテルのラウンジバーやレストランでのBGM演奏って普通のライブとは違う疲れ方なんです。

BGM演奏なので基本的にお客様は我々の演奏を聴いていないのでザワザワした環境での演奏になります。昨夜もすぐ目の前に某企業の団体客が20名ほど座っていました。もうすっかり慣れてしまったので、心の中で自分の演奏上の課題を意識しながらギターを弾く楽しみ方もできるようになってきました。

それ故に最後につまづいてしまうと悔やまれるし、自分の未熟さが悔しいのです。



お客さんが聴いていないならば割り切ってもっと気楽に演奏できないの?と思われるかもしれませんが、聴いていないようで必ず誰かが真剣に聴いているのです。

昨夜も1ステージ目が終わった後、その団体客の中の男性から声をかけられました。タック&パティが好きな方らしく、我々の演奏にもとても興味を示してくださいました。

ぽんきちはたまにTeTeでBGM演奏をしていますが、必ず誰かが反応してくれるので、やはり気は抜けないのです。それでもザワザワした環境での演奏は普段のライブよりも集中力を使ってしまうような気がします。もっと気楽になれるメンタルコントロールが必要だと感じていますが、これがなかなかできないんです。困ったもんだ(^_^;)



しかし、昨夜はそのお客様から来年予定されている企業の懇親会での演奏の依頼を頂きました。こんなありがたいお話を頂くこともあり得るので、やはりBGM演奏は馬鹿にできないのです。

そして、音楽を仕事として考えた場合、個人からの依頼が圧倒的に多い現状でこのような企業からの依頼を頂けるかどうかが大きな鍵になるとぽんきちは考えています。同じ演奏の依頼でも報酬のケタが違ってくるからです。

しかしながら、昨夜のように企業からの依頼が頂けるのも、誰かの心に響く演奏ができなければ実現はしません。やはり個人の心に伝わる音楽が企業からの依頼に繋がるのだと思います。



企業からの演奏の依頼ももっと頂けるようにならないといけませんねぇ。来年4月からはギタリストとして制限なく活動できるようになる予定のぽんきちですので、どうぞよろしくお願いいたします(^-^)









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/05/08 13:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする