レイぽんの曲をぽんきちアレンジのまま自分で歌ってみた




20160424224550553.jpg







先日のレイぽんで出演予定だったライブは急遽辞退することになったのですが、前日にレイさんのご家族が骨折する事故が起きたことが理由でした。

昨年もmarrio(まるりお)のライブ当日にヴォーカルのメグちゃんの彼氏が交通事故に遭い、病院に張り付け状態のメグちゃんが出演できなくなったライブがありました。

その時はレイさんは既に予定が入っていたため、これからデートに出掛けるというなっちゃんにお願いして急遽TeTeで出演することで何とかキャンセルせずにライブができました。



ユニットを掛け持ちでやっているとこんなメリットもありますが、いつもそれぞれの相方がピンチヒッターで歌えるとは限りません。こんな時にぽんきちが弾き語りできるミュージシャンだったらなぁ・・・という想いもあって、最近は少しずつですが弾き語りを自宅でやってみたりもしていますが、基本的にぽんきちは自分が歌いたいと思う楽曲がないのです(・・;)

ぽんきちは歌伴ギタリストとしてこの10年間ずっとアコースティック・デュオで活動してきましたし、やはり誰かの伴奏をすることが好きなんです。

歌で表現してみたいという欲求が基本的にないので、いざ弾き語りをするか?となると選曲にも困ってしまうのです。



それならば、これまで自分がアレンジしてきたユニットの曲を歌ってみるか!?と思って、レイぽんやmarrioの曲を弾き語りしてみたりするのですが、これがめっちゃ難しいのです(@_@)

そもそも自分が歌う想定でアレンジしていないので弾きながら歌うにはちょっと無理がある曲もあります。

それと歌ってみて気が付いたのですが、ぽんきちのアレンジは音が拾いにくい・・・ぽんきちは原曲とは違うコードやコード進行でアレンジすることが多く、そのコードの構成音の中に歌い出しの音が含まれていないこともあります。

すると歌い出しの音が拾えないフレーズもあって、普段から歌っているレイさんやなっちゃんはもう慣れてしまっているのかもしれませんが、ぽんきちには難しいということに気が付きました(・・;)



ぽんきちのアレンジ方法は、まず原曲を聴いてコードを拾い紙に簡単なコード譜を書きます。歌メロを覚えたら後は原曲は聴かないようにしています。頭の中で流れる歌メロと紙に書いたコード譜を見ながらギターアレンジしていきます。

その過程で必要性に応じて使うコードやコード進行を変えていくのですが、歌メロが常に頭の中で流れているので、原曲とは全く違うアレンジになってもとりあえず歌メロには合うのです。

今回、自分で歌ってみて気が付いたのは、歌メロは頭の中で流れるのと実際に歌うのでは違うということです。おそらく、カラオケで歌い慣れている人がぽんきちのギターアレンジで歌うとすぐには歌えない曲もあるかもしれませんね。

実際に生演奏で歌い慣れているヴォーカルだから抵抗感なくぽんきちアレンジで歌えているのかもしれません。



とにかく、自分のユニットの曲を弾き語りするのはなかなか難しいものだということがわかりましたが、それでもぽんきちが多少は弾き語りできるようにならなければと思うもう一つの理由が、将来のギターレッスンのためです。

おそらく、初心者向けアコースティックギターレッスンを始めた場合、ぽんきちのような歌伴ギタリストを目指す人よりも弾き語りしたいという人が圧倒的に多いのではないか?と予想しています。

そうなると弾き語りとして効果的なアレンジのレクチャーをすべきであって、歌伴ギタリストとしてのアレンジのアプローチが得意なぽんきちは弾き語りというものを理解しないといけません。

そのためには自分が弾き語りをしないとわからない部分もあるわけで、ライブの有無に関わらず弾き語りはしておいた方がいいだろうと。



これから年齢的にレイさんは親御さんの介護生活に入り、なっちゃんは結婚し子育てに入る時期がリアルに近づいてきています。

ぽんきちは自らの音楽活動に変化の時期が来ているのは間違いありませんし、基本はこれまでどおりアコースティック・デュオでの活動に軸を置きながらも、活動内容の多様化を図る必要性を感じています。

その中の一つが弾き語りなのかもしれませんが、それはソロの活動という意味ではなく、これからはユニットの中でぽんきちが弾き語ることもありますよというレベルだろうと思っています。

もちろん、女性ヴォーカルに限らず男性ヴォーカルやギタリストなどと活動することもあると思いますし、ギタリストぽんきちにとっての変化を楽しみながらこれからの音楽人生を構築できたらいいなぁと思っています。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/04/27 21:21 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週休3日制が当たり前になる働き方を目指してみる




20160426232735111.jpg






http://news.yahoo.co.jp/feature/154
仕事で私が壊れる 人生を搾取する「全人格労働」




好きなことを仕事にを目指しているぽんきちですが、もし週休3日制が当たり前の世の中になったら、現状に満足していない人たちがもっと好きなことに向き合える社会になるかもしれないと思っています。

実際に週休3日制を採用する会社が僅かですが現れつつあるようですが、それでも1日を10時間労働にして週40時間労働制はキープしているようです。

やはり生産性を考えると40時間は必要なんでしょうか?32時間ではダメなのかな?

個人的には週30時間を割らなければ大丈夫と言える社会になれたらどんなにいいだろうと妄想してしまいますねぇ・・・毎週3日休めるならば仕事が好きだろうが好きじゃなかろうが4日くらいはがむしゃらに働いてもいいと思える人たちは多いのではないでしょうか?



週休3日制になるとそれだけで夢が広がりますねぇ・・・温泉旅行に行く人たちがきっと増えますよ(o゚▽゚)o

ぽんきちは音楽活動も今よりも活発にできるでしょうし、それでいて旅行やドライブも楽しむ時間は増えるでしょう。

サービス業は潤う可能性はあります。仕事の収入は減るかもしれませんが、意外と経済の循環は良くなるかもしれません。働き過ぎで疲れていると遊べなくなりますから、よく働きよく遊べの社会を作るためにはやはり労働時間の短縮は喫緊の課題だろうと思います。



子育てもゆとりがないと厳しいでしょうし、今は経済的なゆとりばかりを求めてしまっていますが、経済力を求めるがために時間的なゆとりが犠牲になっていてはいつまでたっても少子化は改善されないでしょう。

要は週4日の労働をいかに効率的にして生産性を高めていくかだと思います。だらだらサービス残業をすることに慣れ過ぎた働き方は変えていかなければなりません。

長時間労働が報われた時代は過去のものとなったのであれば、我々はもう意識を変えていく必要があります。



週休3日制?誰もが週32時間で働くなんてそんなの無理だよ!そんなんじゃこれからの超高齢社会を支えられないよ!!(>_<)という意見もあるでしょう。

それではこのまま週40時間労働を続けていれば超高齢社会は支えられるのでしょうか?2025年には3人に1人が65歳になり、5人に1人が75歳になる社会がやってくるのです。

老人ばかりの世の中がすぐそこまでやって来ているわけですから、ここは思い切って国民総週休3日制で死ぬまで働く元気な老人大国を目指すのもいいかもしれません。


単純に週休3日制という響きに癒されませんか?

何だかええなぁ〜(o゚▽゚)oと思いませんか?

あべっち、思い切ってそんな世の中にしちゃいなよ!!(ノ^^)ノって言いたくなりませんか?



単純にそう思える人たちが圧倒的多数ならば、そんな世の中に変えられる可能性はあるんじゃないかな?

せーの!!で全国みんな一斉に週休3日制で働いちゃいなよ。シフト制ってこんな時のためにあるんだよ。

どうせどんな業界も不都合な真実を隠して、みんなで渡れば怖くない赤信号を抱えて働いてるんだから、週休3日制だってみんなで渡れば怖くないだろ?



よく働きよく遊べ!!

遊べの部分だって経済を動かす原動力になれるよ。












ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/04/27 00:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする