子育てをしながら好きなことを仕事にしている人は最強だと思う




20160310211309947.jpg







好きなことを仕事にできない理由として誰もが納得できる言い訳のトップに来るのが「家族を養っていかないといけないから。」という理由だろうと思います。

これを言われると「そうだよなぁ・・・」と誰もがとりあえず納得してしまうのですが、現実には子育てをしながら好きなことを仕事にできている人たちがぽんきちの周りにはいます。

彼らにしてみれば子育ては好きなことを仕事にできない理由にはならず、言い訳のひとつに過ぎないということになります。



おそらく、好きなことを仕事にできている人たちというのは、子供がいてもいなくても仕事にしてしまう人種なんだろうと。

そして、子育てを理由に好きなことは仕事にできないと考える人たちというのは、子供がいてもいなくても仕事にしようとしないのではないだろうか?

好きなことが仕事にできたらどんなにいいだろうと誰もが一度は考えるはずです。でも、そういう生き方をしないのは自分の中にそれなりの理由が必要で、それが才能不足だったり養うべき家族の存在だったりするのでしょう。



しかし、実際に子育てしながら好きな仕事をしている人たちが現実に存在するわけですから、これは要するに家族が生活できる所得水準であれば、好きなことを仕事にするのは特別なことではないということを意味しています。

更に言うならば、好きだろうと好きじゃなかろうと、家族を養えないような仕事はすべきではないということになります。

独身ならば自分一人が食べていければいいですが、家族を養う立場にあるならば、家族全員が食べていける仕事をすべきです。



そこで問題となるのがメンタルや体が病気になる程の負担が大きい仕事を我慢して続ける理由が「家族のため」という場合です。

簡単には辞められないという状況に陥ってしまうとなかなか抜け出せなくなります。独身の場合は心や体が病んでしまってもその仕事を辞められないのは、ある種の思考停止に陥っている可能性もあります。

自分の意に添わない仕事を続けていると、苦しいことや辛いことがずっと続く状況に陥ってしまうと乗り越えるのは難しくなりますし、おそらく長続きはしないでしょう。

耐性というものを考えるならば、最初から好きな仕事である方が困難な状況を乗り越えるパワーも継続できるのではないでしょうか?

そもそも好きなことって困難を困難とも感じないことは多々あります。それ故に本当に好きなことを仕事にしている人たちは強いと思うのです。



そして、誰もが好きなことを仕事にできない理由として納得してしまう「子育て」というキーワードも、それを言い訳にすることもなく好きな仕事をしている人たちは、ぽんきちはまさに最強だろうと思えるのです。










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/03/25 19:33 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする