いつかやろう・・・いつかやりたい・・・そういう人ほどやる前に死ぬかもしれない論(・・;)




20160228130415074.jpg






ぽんきち邸のテレビの横には古いテレキャスターが鎮座していますが、嫌でも目に入るところにあるので「こいつも活躍できずに不憫な奴よのぉ〜( ̄。 ̄;)」といつも思って眺めています。

なぜかエレクトリックなバンド活動には恵まれないぽんきちでして、テレキャスターはじっと佇むばかりのオブジェになっています(・・;)



ぽんきちのテレキャスターと同じように家のどこかで佇むばかりのアイテムたちは各家庭に一台とまでは言わないまでも、かなりの確率で存在しているだろうと思います。

持ち主たちからは「いつか活躍させてやるからな!」と言われながら何年とか何十年とか歳月が流れているという(^_^;)

いつになったら活躍させてもらえるのかなぁ・・・とじっと佇む彼らの期待は叶えられる日が来るのでしょうか?



いつかやろう。いつかやりたいという人ほどいつまでたってもやらないものだという意見をネットでも目にしますが、その通りですね。自分のことで考えてみるとエレクトリックな音楽活動がそうです。

ぽんきちの場合は以前はもっとリアルにバンドメンバーを探していましたが、ここ数年はアコースティックの活動が充実していることもあり、はっきり言って何もしていません。それなのにエレキギターも弾きたいなどと言う典型的な他力本願オヤジになっています(>_<)

「ぽんきちさんの人脈ならばバンドメンバーはすぐに見つかるんじゃないですか?」という意見もあって、確かにそうなのかもしれません。本格的にバンドメンバーを探していた10年前と今とでは音楽的な人脈は雲泥の差があります。

それなのに何もしないということは本気じゃないんですね(^_^;)



したいしたいと言いながら具体的には何もしないのは本気でしたい気持ちがないからです。確かに各パートのバンドメンバーを揃えるのは大変です。自分がやりたい音楽の志向が他のメンバーと合うのか?も考えないといけません。

アコースティック・デュオだとヴォーカルとの相性だけですが、バンドだと各パートとの相性もあって、メンバー探しも活動の継続もユニットの場合よりも大変です。

それでもやりたいという気持ちがなければバンドは作れないわけで、いつかそんな気持ちになるのか?と問われたら何も言えないですね。



つまり、このままだとぽんきちは一生バンド活動はしない人生になるでしょう。一歩を踏み出す本気の気持ちが無いのならばそうなります。

これはぽんきちのエレキギターに限ったことではなく、いつかやろうとか、いつかやりたいと思っているだけで何も行動に起こしていないことはこの先も実現しないのです。

いつかは一生来ない。死ぬまで来ない。

このままでは我々は実現しないまま死にますね・・・ぽんきち言い切った( ̄∇ ̄)



やりたいことがあると言いながら行動に起こさない人たちの気持ちがよくわからないな〜と思っていたぽんきちでしたが、灯台下暗しでしたねぇ(・・;)

自分でブログを書いてとてもよくわかりました!!



その気持ちは本気じゃない!!ぽんきち言い切った( ̄∇ ̄;)



本当に実現したいならば今日から動き出さないといけませんよ〜(^_^;)









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/02/29 21:25 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TeTe 初の長崎遠征ライブです(^-^)




20160228172001330.jpg






3月19日(土)長崎県長崎市本石灰町5-12 ニコニコビル4F「Deme's Duck Soup」

長崎のデメさんのお店でTeTeワンマン投げ銭ライブです!

19:30 オープン
20:00 スタート

チャージ 3000円(飲み放題)



http://s.tabelog.com/nagasaki/A4201/A420101/42000974/
Deme's Duck Soup






Soul Weavingのバンマスせいぼうさんのご紹介で、せいぼうさんが敬愛するギタリストであるデメさんのお店でのライブです。


過去には宿六兄弟やGUN∞Pepeが福岡から遠征ライブをしていますが、TeTeは長崎でライブすることも初めてです。


当日はTeTeのワンマンで休憩を挟んでの2ステージの投げ銭ライブとなります。



長崎市とその近郊にお住まいの方々はお時間がありましたらTeTeに会いに来てください。


デメさんのお店でお待ちしています。よろしくお願いいたします(^_^)ノ







ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2016/02/28 17:20 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌い方が変わるシンガーとコール&レスポンスを求めるシンガーについて




20160227145606653.jpg






多くの大御所アーティストたちが年齢を重ねると共に歌い方が変わってしまうことに違和感を感じていたのですが、これは加齢による声帯の劣化も影響しているのかもしれません。

これは仕方のないことなんだと思っている方々もいることでしょう。

ただ、そんな大御所アーティストの歌う昔のヒット曲を聴いた時にがっかりしてしまう自分がいるのも事実で、この件について興味深いブログ記事がありました。


http://misumiotsuki.com/?p=3665
一流の人は「飽きない」。



若い頃のピッチと歌声で完璧に歌うことがどれほど難しいことか・・・それは音楽に携わっているシンガーならば誰もが認識していることだと思います。

ジャズミュージシャンのようにその瞬間のインプロビゼーションだけで聴かせる即興演奏的な世界に醍醐味を感じる音楽好きな方々もいますし、音楽の楽しみ方は人それぞれです。

このブログ記事に書いているように、山下達郎さんの歌やそのバックを支えるミュージシャンたちのプロフェッショナルな姿勢に感銘を受ける音楽好きな人たちもいて、どちらにも音楽の楽しみ方があるとぽんきちは思います。



ぽんきちはギタリストとしては後者を好むタイプですから、アレンジも基本的には変えることはしなくて、いつも同じ歌とギターを届けられるユニット作りをしています。

ぽんきちの場合はアドリブのセンスがないので必然的に表現を変えない音楽活動をしていますが、30年前に大好きで聴いていた曲がそのままにご本人によって再現されるライブはやはり感動的でしょうね。

好きであればあるほど細部に渡ってその曲には思い入れがあったりしますから、リアルに当時の音楽をそのままの歌と生演奏で聴けるライブはある人にとっては涙が出るほど感動するというのも理解できます。



一方で、人間はずっと同じではいられない。劣化であれ成長であれ年齢を重ねるほどに変化していくものだとも思います。

ただ、あの頃のままの歌と演奏を完璧に観客に届けられるライブには往年のファンを大満足させる力があるのは間違いありません。やはり多くの観客はあの頃のままの音楽を期待していますから、山下達郎さんのようなアーティストはプロ中のプロなんでしょうね。誰もが真似できることではないのだと思います。



昔、ビルボード福岡である大御所アーティストのライブに行った時、誰もが知っている大ヒット曲の演奏中にそのアーティストが観客にコール&レスポンスを求めたんです。

ぽんきちの近くに座っているおじさんが「アンタの歌を聴きに来たのに・・・ちゃんと自分で歌わな!!(`_´)」とそのアーティストに聞こえる声で意思表示したのです。

あれにはぽんきちは完全におじさんに共感しましたねぇ・・・ビルボード福岡ってチケット代も高いし、何が悲しゅうて往年の名曲でご本人ではなく観客たちの下手な歌を聴かされなければならないのか?と思いました(・・;)



観客が求めているのは何なのか?

それに応えるライブができているのか?

やはりそれを理解し応えられるライブができるミュージシャンは観客の満足度が高いし、自分の成長や他者との一体感というものはそれに応えられるものであることで初めて意味があると思います。

お互いがWinWinになれるライブを目指さないといけませんね(^_^;)









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/02/28 12:03 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風景画からエロまで何でも描く〜90歳まで森羅万象を描くことはポジティブなのか?ネガティブなのか?




20160227131356993.jpg






先日、FBのタイムラインで葛飾北斎の作品を紹介した記事を見つけて思わず惹きつけられてしまいました。


http://bakumatsu.org/blog/2012/12/hokusai.html
幕末ガイド



北斎はよほど描くことが好きだったんでしょうね。80代になっても彼の描く画には衰えを感じません。

自らを画狂老人卍(がきょうろうじんまんじ)と呼び、 現状に常に満足せず、引っ越し93回、改名すること30回。生涯現役として描いた絵は3万点。

「世界第一の画工になる」と本気で宣言し、80歳を越えても、「猫一匹も描けない。意のままにならない」と、悔し泣きをした老人。

それが葛飾北斎でした・・・と記事には書かれています。

この衰えない情熱はポジティブ志向からくるのか?いつまでも自分を認めることができないネガティブ志向からなのか?



いずれにしても、こんなに幸せなお爺ちゃんはなかなかいないだろうと思います。

目的を達し満足することを誰もが求めるものですが、自分のライフワークとなるものは満足してしまうと終わってしまうような気がするのです。自分が呆けてしまうような気がします。

ぽんきちもそうですが、周りのミュージシャンたちも自分に満足しているミュージシャンはおそらく一人もいません。みんな満足できない自分を乗り越えたくて葛藤したり、それでも大好きなことだからもっといいライブができるようになりたいと思いながら音楽活動をしている人たちばかりです。

おそらく我々もこんな日々がずっと続く人生を送るのです。



最近、SNS疲れする人たちのことがネットで話題になっていて、ぽんきちの知り合いのブロガーたちもそれについてブログ記事を書いていました。

ぽんきちは個人的にはSNSに疲れたらログアウトすればいいと思っていますし、しばらく休めばいいと考えるタイプです。アカウントを削除してもいいですが、またやりたくなった時に最初からやり直すのも面倒臭いですよね?だからログアウトしてお休みすればいいと。

なぜ疲れてしまうのか?をぽんきちなりに考えてみたのですが、義理がたい人や他人に気を遣い過ぎるタイプだったり、いろいろ理由はあると思います。

それと一つにはポジティブな生き方をしている人たちの投稿で溢れているのが原因なのかな?と思ったりもします。

ポジティブな生き方ができている人たちを傍観している自分がいて、そんな自分が居心地悪く思えるのかも?何もなければ何も見なければ感じないことなのに、SNSで見てしまうがために不必要に自分の中のネガティブな部分を刺激されるのかもしれません。



ぽんきちは毎日ブログ記事を書いていて、基本的にポジティブな内容が多いし、活発に音楽活動をしていてポジティブな生き方をしていると読者には認識されていると思います。しかし、ぽんきちもSNS疲れはしないまでもポジティブになれない時もあります。

目的を持って毎日ブログを更新していることだけでも十分にポジティブじゃん!!だから、ぽんきちさんは毎日がポジティブじゃないの!?と思われる方もいるでしょうね。

ぽんきちは思うのですが、今こうしてブログを書いています。ぽんきちは好き勝手に自分が思うこと、考えていることを書いていますが、まずはこれでいいと。好きなことを仕事にするためという目的があって毎日更新していますが、普通の人たちにはなかなかできない毎日更新ができるのは自分のことをブログでアウトプットしているからだと思います。

だからポジティブだから毎日更新しているのは少し違うかなと。そして、ぶっちゃけで言ってしまいますと、アウトプットするって気持ちいいですよ(^_^;)

他人の批判さえしなければ基本的に毎日自分をアウトプットってOKだと思いますし、罪がない。そう考えるとブログの毎日更新は誰にでもできる可能性はあるものだと思います。



レイさんもなっちゃんもぽんきちも、普通なんですよ。きっとみんなと変わらないし、週末に好きなことをしているだけなんです。

月に3回ライブしたって10日に1回好きなことができているに過ぎません。毎週釣りに行っている人とたいして変わらないわけです。

もし、そんな人たちが輝いて見えるならば、たまたまそんな人生のそんな部分を切り取ってSNSに切り貼りしているからだと思います。

SNSはその人の人生の一部しか見えないわけですから、ネット上の他人の人生を意識するのは意味がありません。



ただ、一つだけ言えるのは、我々には大好きなことがあって、できれば一生追い求めたいと思えるものを持っていることです。

先日、仕事で久しぶりに以前職場で仲の良かった同僚に会いました。彼はエリートコースに乗って今は忙しい上部機関で働いていますが、ぽんきちが彼と仲良くなったのは彼がギター製作という趣味を持っているからです。

自宅に工房を作りエレキギターを自作している話を仕事の休憩時間によく話していました。

久しぶりにゆっくり話す機会があり、「今はどんなギターを作っているの?」と尋ねたら、「もう4年前から作ってないんですよ。忙しくてね・・・」と言った彼の寂しそうな顔がぽんきちは忘れられないのです。

ギターを自作するってどれだけギターが好きなんだ(@_@)という話なんです。そんな彼が仕事で疲れて工房にこもる情熱さえも無くしていたのです。

それはそれで彼が選んだ生き方ですからぽんきちは何も言えませんし、彼と同じような生き方をしている人たちはたくさんいます。あまりにもたくさんいます。



北斎が死ぬまで満足できなかったように、大好きなことを追い求めている人たちはそれがポジティブだろうとネガティブだろうと関係ないのです。

追い求めずにはいられないのです。

追い求めずにはいられないかどうかの違いだけですが、それによって生き方が違ってくるのです。良いとか悪いとかではなく、自分の人生から離れられない何かがあるのです。



その何かが北斎が求めたものなんだろうと思います。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact



posted by ぽんきち at 2016/02/27 13:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンビニでホットドリンクを買ったら「ストローは付けますか?」と聞かれた(・・;)




20160221201304003.jpg






先日、仕事でJR博多駅の近くに出張した際にコンビニで温かいお茶を買いました。その時、店員さんから「ストローは付けますか?」と聞かれたので、ぽんきちは思わず「え?ストローですか?」と聞き返してしまったのですが、その時は意味がわかりませんでした。

当然ながら「ストローですか?要りません!」と返事したのですが、最近のコンビニのマニュアルではホットドリンクにストローを付けるようになっているのかな?と不思議に思っていました。

そこで、ネットで調べてみたところ、どうもホットドリンクでもストローを要求するお客さんがいるようなんです。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1419140594
Yahoo知恵袋「ストロー要りますか?」



ホットドリンクをストローで飲む?火傷するんじゃね??

そう思ったので更に調べてみたところ下記の記事がヒットしました。

https://locari.jp/posts/39292
ホットドリンクにストロー?そこには女性に嬉しいメリットがたくさんある



おおおぉぉぉ!!海外ではホットドリンクをストローで飲むための専用ストローがあるらしい(@_@)

確かに、ぽんきちは仕事帰りに職場の近くのコンビニでホットのレギュラーコーヒーをよく買いますが、歩きながら飲んでいると唇を火傷しそうになります。

立ち止まって飲めよ!って話なんですが、コンビニから駐車場までの路地は人影もなく、寒いものだからついつい歩きながらでも飲みたくなるのです(^_^;)

このホット専用ストローは便利やな〜(・・;)



女性に限らずぽんきちにも嬉しいアイテムかもしれません( ̄∇ ̄;)










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2016/02/26 19:05 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする