かつて共に戦った同志が母になった日




20151229131451593.jpg














FBには知り合いかも?という表示が出ますが、かつて共にユニットで活動していたヴォーカリストが今月16日に無事に男の子を出産したことをFBで偶然知りました。

病院ではなく助産院で産んだらしく、彼女らしいなぁと思いながら、母となった彼女の未来を祝福せずにはいられない気持ちになりました。

今はもう連絡を取り合うこともなく、お互いにそれぞれの道を歩んでいるのでぽんきちはブログに綴るだけなんですが・・・美佳ちゃん、おめでとう!!



ぽんきちはこれまでたくさんの方々とご縁を持ちながら生きてきましたが、彼女ほど誠実な人はいなかったというのが今のぽんきちの正直な印象です。

メンタルな病気を乗り越え、自分の信じる道を真っ直ぐに生きる人だったので、その過程で成長し、学んできたものをたくさんの人たちにも癒やしの術として与えようとしている。

彼女の毎日更新されるブログを読むこともほとんどないぽんきちですが、何となくわかるのです。

彼女は今も誠実に自分と向き合い、他者の幸せも願いながら生きている。

新しい命を育みながら、これからも彼女らしく生きていくはずです。



彼女がいなければぽんきちはギタリストぽんきちにはなれなかった。

彼女との出会いがぽんきちの人生を180度変えたのは紛れもない事実ですし、タイトルに「共に戦った」と書いたのは、ぽんきちのユニット至上最もストイックに音楽に向き合ったアコースティック・デュオだったからです。

ライブがあろうと無かろうと週に一度のスタジオ練習は欠かさず行い、ライブ本番は必ず録音して二人で聴きながら反省点を確認していました。

身内に不幸があっても彼女は週一度のスタジオ練習を欠かさなかった。

個人的にも離婚直後に活動を始めたユニットだったので、当時はぽんきちにとって精神的な支えになっていたのが音楽活動であり、彼女はそんなぽんきちと共に戦う同志でもあったのです。

最初の半年間は想像を絶する緊張感の中でライブをしていたこともあり、今のギタリストぽんきちがあるのはそんな日々を乗り越えてきたからです。



あれから10年近い歳月が流れ、彼女は母になり、ぽんきちは精力的に音楽活動を続けています。

やがてTeTeのなっちゃんも結婚し、母になる日が訪れるはずです。

ぽんきちの洋楽ユニットは彼女たちにとって青春の一時期に音楽という輝く彩りを添えるものとしてこれからも存在し続けるのだろうと思います。

そして、ぽんきちはいつかまた新たなヴォーカリストと洋楽ユニットとして活動していく・・・その繰り返しの中で生きていくんだろうと思っています。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/12/30 12:09 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする