大人の不用意な一言で可能性が潰されてしまう子供たち




20151210204146922.jpg








http://s.ameblo.jp/inn6-y/entry-12104587148.html
空の色は何色?




子供の頃に夜空を群青色で描いた絵を先生から否定されたお話が印象的でした。

INN6のゆーすけさんのブログを読んでぽんきちにも心当たりがあるのですが、中学生の頃ぽんきちは晩熟型だったので学年で一番チビだったのです。

それが強烈なコンプレックスだったのですが、ある日学校の先生から「ぽんきちはたくさん食べないだろう?だからお前は背が伸びないんだ。」と言われたのです。

その言葉にショックを受けたぽんきちはその日の夜から異常に食べるようになったのです。



朝から食パンを5枚とインスタントコーヒーを2杯は飲み、晩御飯は3杯は必ずおかわりするようになりました。

最初は無理して食べていましたが、そのうち胃が大きくなったのか、暴飲暴食とも思える食生活にも慣れていきました。

両親はたくさん食べるようになったぽんきちが頼もしく思っていたようで、食欲旺盛になった息子の変化を歓迎していたくらいでした。



今思うと晩熟型だったために声変わりをしたのが高校一年生になってからだったので、それまではいくら食べてもそんなに変化があるはずもなく、声変わりをしてから急激に背が伸びるようになったのです。

しかし、その矢先にぽんきちは突然原因不明の下痢を繰り返すようになりました。

病院に行っても思春期特有の精神的なものだろうと診断され、胃腸薬を処方されるだけでしたが、病状は一向に改善しませんでした。

さすがに暴飲暴食はできなくなっていましたが、成長期を迎えていたぽんきちはそれなりに身長も伸びていきました。

ただ、あの少年期に原因不明の下痢が続かなかったらもっと伸びていたんじゃないか?とは思います。



その後も病状は回復せず、大学4年の頃になると激しい腹痛や倦怠感に悩まされるようになり、今の主治医と出会い原因不明の特定疾患の難病であると診断され、緊急入院しました。

ぽんきちの病気はマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸が原因の一つであると発表している国もあって、思えば少年期に朝から食パンを5枚食べていた頃もマーガリンはかなり摂取していました。

ぽんきちの病気は日本では30年前も今も原因不明とされているのですが、海外では食品添加物などの化学物質が原因であると発表している国もあるように、実際にマーガリンが製造禁止になっている先進国もあります。

30年前に原因不明だと告知され、いまだに原因不明としている日本という国・・・その一方でトランス脂肪酸が原因であるとして製造禁止にしている海外の国・・・

この違いに釈然としない思いがぽんきちはしていますが、この30年間にも若者たちを中心にぽんきちと同じ病気で苦しむ人たちは増え続けていて、ぽんきちが発病した頃よりも患者数は数倍になっているのです。



ゆーすけさんが子供の頃に先生から言われた一言で絵が嫌いになったように、ぽんきちもあの先生からの一言がなかったら無理な暴飲暴食に陥ることはなかっただろうと思っています。

先生を恨んでも仕方がないのですが、大人の何気ないたった一言がこれからの子供の人生に与える影響が如何に大きいかを考えずにはいられないのです。

そして、夜空が群青色に見えるという感性を否定してしまう大人の常識は、組織で思考停止のまま働き続ける大人たちになるための教育でしかないと思えるのです。

アメリカでは子供の頃から質疑応答で授業を進めるそうですね。映画などで観る授業風景だと、「コロンブスはなぜアメリカに来たと思う?」と先生が質問すると、「暇だったから」とか「アメフトが観たかったから」とか生徒たちは答える。

すると先生は「良い意見だね!違う答えもあるかな?」と肯定しながら授業を進めていく。

日本だとみんなと違う意見を言うと大人たちがその意見を潰してしまう。

だから日本人は他の人たちと自分だけが違うことをしていると不安になるんじゃないかな?

アメリカ人は他の人たちと同じことをしている自分に不安を感じてしまうくらい個性が尊重される環境で生きているんじゃないかな?



夜空を群青色に描いても、背が低くても、それを大人達たちが個性として肯定さえしていれば、我々にはもっと可能性ある人生が見つけられたかも知れないのです。

それでも我々は音楽という可能性を少年期に自分自身で見つけられたから良かったと思います。

例え大人たちの不用意な一言で傷ついても、自分で好きなことを見つけ可能性を伸ばす生き方を今の子供たちにもして欲しい。

ぽんきちは50年も生きてやっと常識を疑う生き方を模索するようになりましたが、もしこのブログを読んでいる若者がいるならば、この国の大人たちの言うことのすべてを信じてはいけないと忠告したい。

メディアから流れる情報もそのまま信じてはいけない。

自分で考え自分で生き方を見つけていってください。



そして、趣味であれ仕事であれ、自分が大好きなことから離れる生き方を選択してはいけない。

どんなに忙しくても大好きなことがいつも側にある生き方をしていれば、幸せは一瞬離れることはあっても必ず自分のところへ戻ってきます。

どんな形であれとにかく続けることが大切だとぽんきちは思っています。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/12/10 20:43 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする