離婚・SNS開始・アコースティックデュオの活動を同時に始めたぽんきち




20151228231853169.jpg






2015年もそろそろ終わろうとしています。

2016年はどんな一年になるのだろう?とぼんやり考えながらこのブログを書いています。



ぽんきちは離婚とSNS開始とアコースティックデュオの活動を始めたのが同時でして、2006年の5月だったのですが、今思うと自分の人生にとってとてつもなく大きな転換点となった年でした。

当時のSNSはmixiでしたが、ギタリストぽんきちと名乗りアコースティックデュオで活動を始めるにあたり、SNSはライブ告知や自分の音楽観などを語るツールとして最適でした。

SNSと音楽活動が完全にリンクしていて、瞬く間に音楽関係の仲間達が増えていきました。



この10年間でユニットもいくつか作り、充実した音楽活動を続けて来られたのはラッキーだったとしか言えません。

素晴らしいヴォーカリストたちとの出会いに恵まれ、途切れることなくライブを重ねる人生を送ることができました。

ライブができなかったのは入院していた数ヶ月だけですから、音楽的にはとても恵まれた環境で過ごすことができています。



来年の5月でギタリストぽんきちとしての活動が丸10年となりますが、個人的には再び大きな転換点となる年になるかもしれないと思っています。

平日の人生には触れずに週末の楽しい音楽活動の日々だけをSNSに綴っていたぽんきちが、自分にとってはパンドラの箱だった仕事について語るようになったのが一年半前からです。

自分は二重生活をしている。それは平日のスーツに身を包んだ勤め人としてのぽんきちと週末のミュージシャンとしてのぽんきちです。

そのあまりの乖離に平日のぽんきちにはずっと蓋をして生きてきました。

SNSでは語らないようにしていた平日のぽんきちをブログという新たなツールで語り出してしまった・・・語らずにはいられないほど限りある命について考えるようになってしまったのです。

それは50代という年齢に突入したことでもあり、体質が著しく変わるほどの大手術をしたことでもあり、スマホの普及により自分と同じ一般人である方々が日々の積み重ねで好きを仕事にしているという事実をネットで知ってしまったことが理由でした。



自分の生き方に疑問を持つようになって2年近くになりますが、自分自身に問いかける日々はそろそろ終わりにする時なのかもしれません。

いくら考えても未来は予測不能で、実際に動き出すことでしか見えてこないものがあるという結論になりつつあります。

離婚して、SNSで情報発信して、アコースティックデュオで活動を始めて、それぞれ10年という節目の年を迎えますので、折り返し地点が近づいているという意味ではちょうどいいのかもしれません。



早ければ来年、どんなに遅くても再来年には新しい生き方をする準備を確実にしていますが、この年齢になると一年はあっという間です。

仕事の都合で今は待機の状態ですが、あと2ヶ月以内には方向性がハッキリするので、限りある時間で引き続きできるだけの準備をしつつ、新年を迎えたいと思っています。



今年もギタリストぽんきちのブログを読んで頂いてありがとうございました。

読者の皆様にとって新しい年が素晴らしい一年となりますように!!










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/12/31 13:03 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かつて共に戦った同志が母になった日




20151229131451593.jpg














FBには知り合いかも?という表示が出ますが、かつて共にユニットで活動していたヴォーカリストが今月16日に無事に男の子を出産したことをFBで偶然知りました。

病院ではなく助産院で産んだらしく、彼女らしいなぁと思いながら、母となった彼女の未来を祝福せずにはいられない気持ちになりました。

今はもう連絡を取り合うこともなく、お互いにそれぞれの道を歩んでいるのでぽんきちはブログに綴るだけなんですが・・・美佳ちゃん、おめでとう!!



ぽんきちはこれまでたくさんの方々とご縁を持ちながら生きてきましたが、彼女ほど誠実な人はいなかったというのが今のぽんきちの正直な印象です。

メンタルな病気を乗り越え、自分の信じる道を真っ直ぐに生きる人だったので、その過程で成長し、学んできたものをたくさんの人たちにも癒やしの術として与えようとしている。

彼女の毎日更新されるブログを読むこともほとんどないぽんきちですが、何となくわかるのです。

彼女は今も誠実に自分と向き合い、他者の幸せも願いながら生きている。

新しい命を育みながら、これからも彼女らしく生きていくはずです。



彼女がいなければぽんきちはギタリストぽんきちにはなれなかった。

彼女との出会いがぽんきちの人生を180度変えたのは紛れもない事実ですし、タイトルに「共に戦った」と書いたのは、ぽんきちのユニット至上最もストイックに音楽に向き合ったアコースティック・デュオだったからです。

ライブがあろうと無かろうと週に一度のスタジオ練習は欠かさず行い、ライブ本番は必ず録音して二人で聴きながら反省点を確認していました。

身内に不幸があっても彼女は週一度のスタジオ練習を欠かさなかった。

個人的にも離婚直後に活動を始めたユニットだったので、当時はぽんきちにとって精神的な支えになっていたのが音楽活動であり、彼女はそんなぽんきちと共に戦う同志でもあったのです。

最初の半年間は想像を絶する緊張感の中でライブをしていたこともあり、今のギタリストぽんきちがあるのはそんな日々を乗り越えてきたからです。



あれから10年近い歳月が流れ、彼女は母になり、ぽんきちは精力的に音楽活動を続けています。

やがてTeTeのなっちゃんも結婚し、母になる日が訪れるはずです。

ぽんきちの洋楽ユニットは彼女たちにとって青春の一時期に音楽という輝く彩りを添えるものとしてこれからも存在し続けるのだろうと思います。

そして、ぽんきちはいつかまた新たなヴォーカリストと洋楽ユニットとして活動していく・・・その繰り返しの中で生きていくんだろうと思っています。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/12/30 12:09 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりにCDを買った〜Diana Krall「wallflower」




20151229121348753.jpg















ぽんきちは年に一枚くらいのペースでCDを買いますが、久しぶりにカバーアルバムを聴いています。

ジャズヴォーカリスト&ピアニストのダイアナ・クラールの新作でデイヴィッド・フォスターのプロデュースです。

デイヴィッド・フォスターはジェイ・グレイドンとの共演アルバム「エアプレイ」が有名ですが、80年代のポップス界をリードした名プロデューサーでもあります。
とにかくヒット曲がたくさんあります。



ダイアナ・クラールとデイヴィッド・フォスターは共にカナダのバンクーバー島で育った同郷のミュージシャンなんですね。

25年前に出会ってからデイヴィッドはいつかダイアナと一緒に仕事がしたいと思っていたそうですが、「彼女はジャズ界の住人で僕はポップス界の住人だから、難しいかもしれない」と考えていたのだとか。

ダイアナにしてみればデイヴィッドはポップス界の巨匠であり、自分からは言い出せなかったのかもしれませんが、今回はデイヴィッドが熱望してやっとコラボが実現したようです。



ウォールフラワーは60〜70年代のポップスの名曲をカバーしてダイアナが歌っていますが、彼女はピアノは弾かずヴォーカルに専念しています。

10代の頃はポップスに夢中になり、特にジョニ・ミッチェルに強い影響を受けて育ったそうで、12歳ではじめて買ったレコードもエルトン・ジョンの「蒼い肖像」で、彼は今でも永遠のヒーローだと言っています。

クラシックやジャズに精通し、高い演奏力で聴衆を魅了するダイアナは完全無欠なジャズヴォーカル&ピアニストの印象が強いのですが、音楽的な懐はとても深く、大衆的な音楽を歌うことにもこだわりなく表現するミュージシャンです。

ジャズミュージシャンは閉鎖的でジャズ以外は音楽とは認めないくらいの勢いでクローズドするタイプが博多には多いですが、世界的なミュージシャンってもっとオープンなのかもしれませんね。



ただ、ジャズミュージシャンはオリジナルだけでなくカバーを演奏することが多いので、そういう意味ではぽんきちも親しみを感じることがあります。

今はロックやポップスのミュージシャンもカバーを演奏したりアルバムを発表するのが当たり前になっていますから、オリジナルとかカバーとかを云々すること自体があまり意味を持たない時代なのかもしれませんね。どれも音楽なんだと、素晴らしいものは素晴らしいんだと認めればいいじゃないですか!と思います。



60〜70年代というぽんきちが最も愛してやまない名曲の宝庫とも言える時代の曲たちをカバーしたウォールフラワーは、とてもシンプルなアレンジばかりのアコースティックな作品集に仕上がっています。

じっくり浸って聴くもよし、BGMとして流しながら聴くもよし、音楽は身近にある心の栄養剤なんだと、考えるのではなく感じるだけでいいんだと、そんな気持ちで気軽に聴いて頂きたいアルバムです。








ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/12/29 12:14 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBで繋がっていない読者のためのフォト集〜TeTe春吉るたん編





20151228202715853.jpg





20151228202731040.jpg





20151228202741325.jpg





FB_IMG_1451189981571.jpg






FB_IMG_1451189895501.jpg






FB_IMG_1451189882579.jpg






FB_IMG_1451189848712.jpg






FB_IMG_1451189836085.jpg






FB_IMG_1451189729288.jpg






FB_IMG_1451189788924.jpg







TeTeはたまにホテルのラウンジバーやレストランでBGM演奏をすることがあります。

今回はじめてお世話になったレストラン「春吉るたん」での演奏風景をアップしました。



ぽんきちは10年近くアコースティックライブで演奏してきましたが、おそらくこの日の演奏が今までで最高のプレイができたような気がします。

基本的に音楽が目的ではない、食事とお喋りを楽しむために来店したお客様ばかりなんですが、この日のTeTeの吸引力はこれまでになかったものでした。

ライブ終了後、この写真を撮りながらその様子を見ていた相方の興奮ぶりでそれがわかったのですが、6年間ユニットで活動してきてやっとここまで来れた・・・とぽんきちは一人感慨に浸っていました。

なっちゃんの落ち着いたヴォーカルとぽんきちの自在にコントロールできるギター演奏がはじめて実現したライブでしたが、この時の精神状態を忘れずにこれからもライブできるようになりたいと思います。



TeTeは土日と祝日であればBGM演奏ができます。

春吉るたんではお店のPAに持参したアンプを繋いで広い空間全体にヴォーカルとギターの音を届けることができましたが、PA等の音響設備がなくても通常の喫茶店くらいの広さであればぽんきちが持参するアンプで十分にライブができます。

洋楽ポップスの生演奏によるBGMのご依頼がありましたらこれからもできる限り応じますのでよろしくお願いいたします(^_^)ノ










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/12/28 20:30 | Comment(0) | TeTe[写真] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐ丸8年〜レイぽん結成9年目の年が始まります。




20151227124209271.jpg







1月9日(土)『HOMEのツーマンライブSHOW!!』

【出演】
■レイぽん
■ゼリカワ商店
1500yen(要別途1ドリンクオーダー)
open19:30start20:00

【場所】
親不孝通り HOME
〒10-0073 福岡市中央区舞鶴1-1-30 天神ウィングビルU-4F

【Tel&Fax】092-716-5373
【Website】http://home-mori.com






2016年ぽんきちにとって最初のライブはレイぽんでHOMEに出演します。

オーナーの森さんは赤坂Dream Boatの頃からお世話になっていて、実はぽんきちと名乗ってはじめて演奏したライブが当時ギタリストの淳平さんがオーナーだったドリボだったのです。

もう10年近く前になりますが、当時はプロのバンドのツアーなどで淳平さんは忙しくいつも不在だったので、お店はまだ20代だった森さんが出演者のブッキングなどのほとんどを仕切っていました。

なので、ぽんきちは森さんがドリボのオーナーだと勘違いしていて、その頃からずっと「森さん」と呼んでいます。



対バンのゼリカワ商店はジゼリさんと長谷川商店(はせやん)のユニットで、個性と才能あるミュージシャン同士のコラボが楽しめる面白いユニットです。

音楽的なクオリティも高くて、ソロ弾き語りで十分活動できる二人がコラボすると強力なユニットになるという典型的なユニットですね。


お時間ありましたらぜひお越しください!



2016年もレイぽんをよろしくお願いいたします(^_^)ノ









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


posted by ぽんきち at 2015/12/27 12:49 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする