初心者のためのアコースティックギター講座〜Fコードの攻略法について




20150609174929587.jpg






今回のギター講座はFコードの攻略法について書きたいと思います。



まさにこれからギターを始めるという方にうってつけの講座ですが、Fコードが押さえられなくて挫折する人が多いのがギターという楽器なのです。

A、C、D、E、Gまではなんとか順調にマスターできたのにFでつまずいてしまう・・・それは下の写真のように人差し指で1弦から6弦まで押さえるバレーコードだからです。




20150609175014194.jpg




最初は左手の押さえが効かないため、Fコードだと音がきれいに出ない・・・何度挑戦してもやっぱり出ない・・・それでギターを止めてしまうんですね(・・;)



そこで、ぽんきちがお勧めするFコードの攻略法ですが、とてもシンプルでして「6弦と5弦は押さえない!」という弾き方です。

つまり、6弦と5弦は弾かなくてもいいということです。

この場合1弦と2弦の1フレットは人差し指、3弦の2フレットは中指、4弦の3フレットは薬指で押さえます。



6弦の1フレットはルート音のF(ファ)なので必ず弾かないといけないと思い込んでしまいがちです。

ギターの演奏は必ずしもルート音を弾かないといけないわけではありません。

ただ、ルート音を弾くと曲が引き締まるのは確かなので、それならば4弦の3フレットが1オクターブ高いルート音のF(ファ)なので、それなりに引き締まる演奏になります。



では、いつまでこの簡略化したフォームでFを弾き続けるのか?という話ですが、まずは簡単なバレーコードに慣れることから始めましょう。

下の写真はBmですが、6弦の2フレットは押さえずに1弦から5弦までを人差し指で押さえましょう。




20150609175146915.jpg




このコードのルート音B(シ)は5弦の2フレットなので6弦まで押さえる必要はないのです。

まずは1弦から5弦までのバレーコードから練習していきます。Bmコードがきれいな音で弾けるようになるまではFコードは簡略化したフォームで弾き続けてください。



Bmコードがきれいな音で弾けるようになったら、最初の写真のFバレーコードを5フレットで押さえる練習をしましょう。

これはAのハイコードになります。1フレットのバレーコードよりも5フレットのバレーコードの方が左手が体に近くなり、手首の負担が少ないため押さえやすいのです。

これでバレーコードでもきれいな音が出せるようになったらFのバレーコードに挑戦してみましょう。

以前よりははるかに押さえが効いて音が出るようになるはずです。



バレーコードは使わずに左手でネックを握るようにして親指で6弦の1フレットを押さえる方法もありますが、今回はバレーコードを攻略することに焦点を当てて説明しました。

一般的にアコースティックギターの場合、1弦が0.12のライトゲージを使用することが多いのですが、Fコードが攻略できるまではテンションが緩やかな1弦が0.10のエクストラライトゲージを使用することをお勧めします。

バレーコードのFコードにつまずいてギターを止めてしまうくらいならば、フォームを簡略化したり、テンションの緩やかな弦を張ったりして、とにかくFでも押さえやすくしてしまうのがベストです。

Fコードはとても使用頻度の高いコードなので、Fコードでつまずかない練習方法を選択することが大切だろうと思います。





今日のまとめです。


Fコードは6弦と5弦を押さえない練習から始める !!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ







ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html


ぽんきちのアコースティックギター講座
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


posted by ぽんきち at 2015/06/12 20:01 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする