毎日遅くまで残業しているとどうしようもなくキャッチーで商業的な音楽で腐った心をチンしたくなる




20150408211850457.jpg












サミー・ヘイガーがヴォーカルとして加入したヴァン・ヘイレンの第1弾シングル曲だったと思いますが、若き日のぽんきちはこの曲を聴くとなぜか血沸き肉躍る感覚になっていました(・・;)

エディーがずっとシンセベースを弾いてる変な曲でしたが、このどうしようもないキャッチーさがたまらんのです(o゚▽゚)o

ヴァン・ヘイレンって工事現場のおっさんたちがバカテクミュージシャンになったみたいな感じのハードロックバンドだったので、難しい事務仕事をしているぽんきちには対極的な快感を与えてくれる大好きなバンドでした。



どうしようもなく忙しくて、どうしようもなく複雑な仕事を毎日遅くまでしていると、もう頭がどうにかなってしまいそうなんです。

クソだぜ!!俺はクソだ〜っ!!

ぽんきちは心の中で猛烈に叫んでいたりする(>_<)



エディーよ〜、なんでギターを弾かんのよ〜、でもかっこええからぽんきちは大好きやで〜。゚(゚´Д`゚)゚。


posted by ぽんきち at 2015/04/08 21:19 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする