仕事からくたくたに疲れて帰った日に10分間だけギターに触る練習方法について




20150312224006515.png






ぽんきちはなるべく毎日ギターの練習をするようにしていますが、仕事が忙しくてくたくたになって帰った日などは、とりあえず独自に考えた方法で10分間だけでもギターに触るようにしています。

そんな時にはアップした写真の音階をオルタネイトピッキング(弦を上下交互にピッキングすること・・・わからない人は友達のギタリストに聞いてね)で弾く練習をしています。
 
写真の音階はDのドリアンスケールで表示されていますが、12フレットから以下の7つのスケールを関連付けながら0フレットに下降するように弾いていきます。


1.アイオニアンスケール(メジャースケールと同じ)

2.ドリアンスケール

3.フリジアンスケール

4.リディアンスケール

5.ミクソリディアンスケール

6.エオリアンスケール(ナチュラルマイナースケールと同じ)

7.ロクリアンスケール


まずは指弾き(フィンガーピッキング)で下降しながら5回弾いたあと、その次はピックを持って同じように5回ピッキングします。

これをアコースティックギターでそれぞれのスケールを意識しながら12フレットから0フレットに一気に下降するように弾いていきます。

言葉で説明するのが難しいのですが、一気に下降する過程でそれぞれのスケールを6弦から1弦に向かって、もしくは1弦から6弦に向かって、途切れないように4連符で弾いていきます。



同時に余計なミストーンをなるべく鳴らさないように、正しい姿勢でギターを抱えて弾くようにということを意識しながら弾きます。

とりあえず、どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、10分間の練習をこんな感じでやれば最低限一日一回はギターに触るという習慣付けはできるかなと。

残業が続いたりして時間がない時はどうしてもありますから、ぽんきちはこんな感じでギターを弾いています(^-^)


posted by ぽんきち at 2015/03/14 13:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする