音楽を聴いていないお客さんの前で演奏すること




20150308130415000.jpg







ライブを聴きに来てくれるお客さんの前で演奏する・・・これが基本的なぽんきちのスタイルですが、たまに音楽を目的としないお客さんの前で演奏することもあります。

所謂、レストランとかホテルのバーで演奏する場合は、飲食をしながらの会話を楽しむために来ているお客さんの前で演奏するのです。

以前のぽんきちはそんなBGMに徹するようなライブをするミュージシャンの気が知れないと思っていました。

生活のために仕方なくやっているだけなんだろうと思っていたのです。



そんなある日、某ホテルのバーで演奏して欲しいという依頼があったのです。

キャパ50人は余裕で入る大きなバーでして、諸事情があり半ば仕方なく引き受けたのですが、どうせやるからにはBGMに徹することのできる集中力を鍛えるための修行にしようと決めて演奏することにしました。

45分を2ステージ、90分20曲近く演奏するライブをTeTeでやっていますが、これがなかなか大変でして、音楽を聴いていないお客さんの前で演奏することに最初はなかなか慣れませんでした。

バラードを演奏している最中でも目の前のおばちゃんが大声で笑ったりするわけです・・・集中できんちゅーの(^_^;)

途中で集中力が切れて失敗することが多かったのですが、最近やっと慣れてきたのかそんな過酷な状況でも自然な演奏ができるようになってきました。

無心で演奏することを目指しているぽんきちにとっては、このホテルのバーでの演奏は貴重な修行の場所になっていまして、今となっては演奏の依頼を引き受けて良かったと思っています。



バーでの演奏が終わるとくたくたになります。演奏する曲数は普段のライブの3倍ですし、ほとんど我々の演奏など聴いていないお客さんばかりの前で完璧に近い演奏をしないといけませんからねぇ( ̄。 ̄;)

それでも演奏を終えたあとで必ず食いついてくるお客さんがいまして、それは今まで一度も例外なく我々に声をかけてくれるお客さんが必ずいるのです。

演奏後にそんなお客さんと歓談することも度々ありますし、中には我々にドリンクを奢ってくれるお客さんもいて本当にありがたいです。



ぽんきちはどんな場所でも演奏できるギタリストになりたいし、どんな場所でも真摯に向かい合い歌い演奏すれば、自分たちのユニットを誰かが認めてくれると信じて活動しています。

それでも、やっぱりぽんきちは音楽を聴いてくれるお客さんの前で演奏するのが好きですね。

ホテルのバーでの演奏はぽんきちとなっちゃんにとっては武者修行の旅なのです。

ライブが終わると帰りの車の中で「あ〜、今日も過酷やったね。鍛えられたなぁ」なんて話しながらなっちゃんを送って、ぽんきちも帰途につくのです。

武者修行の旅はこれからも続くのです(^-^)







ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/11 18:59 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする