違う道はずっと前から存在していた




20150330005641477.jpg





先日、桜が開花した週末だったので、いつもの散歩ではなく、近所にある桜並木にコースを変更して歩いてみました。

スマホで桜の写真を撮りながら歩いていくと、桜並木が終わる場所で見知らぬ散歩道を発見しました。

ぽんきちはこの土地に14年も住んでいて、週末には散歩することも多いのですが、近所にこんな散歩道があることは知りませんでした。

住宅街のど真ん中を南北に800mにも渡り整備されている散歩道なんですが、当然ながら車は通れませんし、住宅街なのでとても静かで散歩には絶好のコースでした。

途中にはオブジェや犬を遊ばせる芝生の柵付き広場まで整備されていましたが、長く暮らしていながらその土地のことは意外に知らなかったりするんだなと。

普段の生活では同じ場所を往復しているだけで、それが人生のすべてのような気がして生きていますが、実はちょっと道を外れてみると別の居場所があったりするものなのかもしれません。



この国には過労死という海外では理解されにくい悲劇が存在しています。

おそらくは家族を支えるためとか経済的な事情やある種の責任感で仕事を辞められない場合もあるのでしょうけれど、ぽんきちは「その仕事じゃないと自分は生きていけない・・・」という強い思い込みがこの悲劇の大きな原因ではないかと思っています。

実際、ぽんきちもそういうタイプの人間ですし、仕事に追い詰められていく人たちは身近にたくさん存在しています。

ぽんきちがお世話になった上司の中には管理職になったばかりの頃、管理職の新任者研修が関東地区であり、飛行機に乗って研修所に向かっていた時に「このまま飛行機が墜落してくれたらいいのに・・・」と本気で考えていたという話を聞いたこともあります。

あまりの過剰なストレスにノイローゼ寸前になっていたと話していました。



そこにあるのは、やはり「この仕事じゃないと自分は生きていけない。」という強い思い込みなんだと思いますし、その時の生き方が人生のすべてになってしまっているからでしょう。

でも、死んでしまったら元も子もないし、死ぬまで働かせる組織も如何なものかと思いますが、ちょっと道を外れてみる勇気があれば死を選択することはなかったかもしれないというケースは多々あると思うのです。

人間の生き方は散歩道のようにいつも同じ道を歩いているようなものです。

それは安定という安心感を補償するものでもあるけれど、もし命に関わるような問題を抱えたり、心や体を蝕む原因になり続けるようになってしまったら、別の散歩道を探してみる勇気を持った方がいいと思います。



ぽんきちはいつも川沿いの散歩道を歩いています。でも、そのわずか50m先には別の散歩道が存在していたことにやっと気が付きました。ずっと以前から存在していたのに住宅街に隠れて見えなかっただけなのです。
 
人生もきっと同じです。

桜の花の美しさに誘われていつもの道をちょっとだけ外れてみると、もっと自分に相応しい道があったりするのです。







ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/31 20:01 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃のおめでた発言からちょうど一年・・・それぞれの人生は続く




20150327011852559.jpg















あれは一年前の今日でした。

スタジオに入るといきなりリカちゃんから「ぽんさん、私、子供ができちゃった・・・」と衝撃的な発言が(@_@)

アップした動画はその直後にスマホで収録したものですが、なんとも緩いノリで練習してますなぁ(・・;)



早いものであれから一年が過ぎ、昨年の9月に生まれた女の子は順調にすくすく育っているようです。

そして、予想外に早く音楽活動は復帰することになり、Soul Weavingで再び歌うことが決まったようです。

まずは育児をしながらですから、無理のない活動になるものと思われます。



人生は予測不能で如何様にも変わっていくものです。

一年前とは違う環境、違う心境で春を迎えつつある人たちはたくさんいるはずです。

リカちゃんは一児の母となり、ぽんきちも一年前とは全く違う心の変化が起こっています。



人生は変化を繰り返しながら形作られるもの。良くもなるし悪くもなるけれど、それは自分の意志によるところも大きいのは間違いない。

変化を嫌い、その場に留まろうとしても、おそらくそれは不可能なのです。

ならば、自分が望む未来に運命のベクトルを向けるべく準備をするしかない。



ここ数日間は仕事の引き継ぎなどで忙しく、毎日くたくたになります。

ふと、あれから一年だなぁ・・・と思い出し、この動画の脱力感に癒されている自分がいます(^_^;)



また春がやってきたなぁ。






ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/30 19:56 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBで繋がっていない読者のためのフォト集〜TeTe島原編・その2




FB_IMG_1427592367328.jpg





人生は冒険旅行・・・NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」がついに最終回を迎えてしまいました・・・エリ〜っ!!。゚(゚´Д`゚)゚。


エリーは、実はウイスキーの味など全くわからなかったと・・・マッサンそのものがエリーの夢だったと遺書の中で告白していましたが、ぽんきちもマッサンと同じように夢を追いかけています。

島原でのテレビ収録もぽんきちにとっては小さな人生の冒険旅行のひとつです。

ひとつひとつの積み重ねを繰り返し、いつか自分の夢を大切な人たちと一緒に実現できたらと願っています(^-^)





FB_IMG_1427592314899.jpg





FB_IMG_1427592344277.jpg





FB_IMG_1427592380489.jpg





FB_IMG_1427592405436.jpg





FB_IMG_1427592886643.jpg





FB_IMG_1427592923137.jpg





FB_IMG_1427592465887.jpg





FB_IMG_1427592481591.jpg





FB_IMG_1427592488013.jpg










ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/29 13:27 | Comment(0) | TeTe[写真] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBで繋がっていない読者のためのフォト集〜TeTe島原編・その1




FB_IMG_1427591847247.jpg





昨日の島原遠征でぽんきちは往復8時間にも及ぶ車の運転をしたため、昨夜は帰宅して爆睡しました・・・9時間も寝たのはいつ以来やろ?(・・;)



5月の毎週金曜日20時からオンエアされる今回の番組は、カメラ3台で撮影した演奏風景を編集したものになりますが、我々は番組で放送されるビデオをDVDで頂けることになっています。

残念ながら番組で放送されるものなのでYou Tubeでアップすることができません。いつか、ぽんきちが自分のお店を持つことができたら店内で流そうと思っています(^-^)





FB_IMG_1427599881374.jpg





FB_IMG_1427591812621.jpg





FB_IMG_1427592677328.jpg





FB_IMG_1427591932762.jpg





FB_IMG_1427591999231.jpg





FB_IMG_1427592810111.jpg





FB_IMG_1427592217693.jpg





FB_IMG_1427592286285.jpg





FB_IMG_1427592842291.jpg









ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/29 13:07 | Comment(0) | TeTe[写真] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TeTeの島原ひまわりてれびさんでの収録は無事に終わりました(^-^)




20150328172343135.jpg





今日は25年以上ぶりに島原市を訪れました。

たちこまさんからのお誘いで島原市のケーブルテレビの音楽番組に出演するため、本日13時から収録が行われまして、無事に全4曲の収録を終えました。





20150328174335676.jpg





20150328174353195.jpg






ぽんきちはラジオ番組には何度か出演したことがありますが、なっちゃんはこのような体験は初めてだったのでさすがに緊張していましたね(^_^;)


ひまわりてれびさんの契約をしている18000世帯で放送されているらしく、今日の収録は5月の毎週金曜日の午後8時から放送されるのだとか。

ぽんきちも収録は久しぶりだったので集中力全開で演奏しました。なんとか2テイク以内で全曲の演奏を終えてホッとしました。

スタッフの方々や共演した地元のユニットKiiZ(キーズ)さんもとても感じが良くて、緊張しながらも楽しく収録させて頂きました。





20150328174459463.jpg





20150328174513081.jpg





20150328174527766.jpg





帰りはスタジオのすぐ近くにある島原城を観光して、今はそば幸というお店で食事しながらくつろいでおります。島原名物「具雑煮」はめっちゃ美味しい(o゚▽゚)o

島原は城下町だし、情緒があってなかなかいい感じです(^-^)





20150328174558722.jpg





20150328174608336.jpg





DSC_7939.JPG






DSC_7938.JPG







ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/28 17:49 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホが故障したらまったく楽しめなくなった(;;)










本日、午後6時46分頃、職場の送別会の会場に向かう途中でスマホが突然フリーズしてしまいました><

FBのタイムラインをスクロールしていて、ちょうどDear Tiaがアップした写真をクリックした途端にフリーズ!!

ディスプレイをタッチしてもまったく反応せず、電源ボタンを押し続けてもシャットダウンできず・・・

アンナちゃんとサアヤちゃんの写真が完全に壁紙状態と化したぽんきちのスマホ・・・

二人とも可愛いからそれはそれでいいんですけれど、送別会に参加していてもどうにも落ち着かなくて、普段いかに自分がスマホに依存して生活しているかがよ〜くわかりました^^;



Dear Tia壁紙状態のぽんきちのスマホはだんだん異常な熱を帯びてきまして、ついに帰りの電車の中でこと切れ・・・バッテリーが切れました。

しかし、今日の送別会の最中はまったく楽しめなかったというか、スマホが機能不全になるとこんなに落ち込む自分にも驚きました。

明日は島原市へ朝早くから出発し、帰りは夜になるのにスマホが使えないのは本当に痛いなぁ・・・とか、仕事がめっちゃ忙しいこんな時期になんてこった!><とか、いろいろ考えていると飲み会の会話にも集中できない有り様でしたねぇ。



ぽんきちは電話帳、アドレス帳、スケジュール管理などすべてスマホで管理しているため、こういう時はやはりアナログなアドレス帳などが必要だなと痛感しました。

帰宅してスマホを充電した上で電源ボタンを押したら起動できたので一安心しつつ、電話連絡する可能性のある近しい方々の電話番号は慌ててアナログなアドレス帳に転記しましたが、デジタルツールは本当に便利である反面、依存し過ぎた生活に慣れてしまうのも問題だなと再認識しました。

デジタル化すればするほどアナログの強さを感じる瞬間がこれからもいろんな場面で出てくるんだろうな・・・音楽も同じかもしれないなぁ。。。


posted by ぽんきち at 2015/03/27 23:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとやすみと書いて一休と読む





20150326211022154.jpg








あわてない



あわてない








20150326210947666.jpg







ひとやすみ



ひとやすみ






ふぅ〜、さすがに疲れてきたぜ( ̄。 ̄;)




posted by ぽんきち at 2015/03/26 21:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきち4月のライブスケジュール




20150325195730098.jpg






4月11日(土)福岡市博多区中呉服町2-20博多中央ビルBF1「ちょっとバー木馬」

オープン19:00
スタート20:00

チャージ500円+要1ドリンクオーダー


木馬は36年の歴史あるライブバーで、レイぽんは29回目の出演です♪


[出演ミュージシャン]

ゼリ川商店(ジゼリ&長谷川商店)
レイぽん


http://www.7272.jp/0922710280/
ちょっとバー木馬








4月18日(土)Bar「おとぼけコースケ」

場所:福岡市中央区西中洲1−6 西中洲Aビル3F(国体道路沿い シダックス横の有料駐車場の3軒右隣)


20:00 オープン
21:00 ライブスタート

チャージ2000円(1ドリンク込み)


[出演ミュージシャン]

博多屋勇治
TeTe

http://www.haruyoshi.jp/old/banryu/90/90.html
おとぼけコースケ









ぽんきちは年度が変わるこの時期は仕事の繁忙期でして、しかも4月1日付けで転勤の辞令が出たため更に忙しくなるという(・・;)

それでもお花見とライブはしっかりやります(^_^)v



4月のぽんきちはレイぽんとTeTeのライブが1本ずつ予定されています。

お時間のある方は遊びに来てください!

4月もよろしくお願いします(^_^)ノ



posted by ぽんきち at 2015/03/25 19:59 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきちが白玉ぜんざいを食べているのがそんなにウケる理由は何なん?(・・;)




20150319213240281.jpg






ぽんきちはスイーツ好き男子です。

自分で男子とか言うな!(`_´)

すみません・・・おいさんです(・・;)



それにしても、ぽんきちが白玉ぜんざいを食べているのがそんなにウケるのはなぜ??





20150319213106668.jpg





20150319213125760.jpg





TeTeのなっちゃんは子供のいないぽんきちにとっては娘みたいなものですが、最近はなっちゃんの姉的存在となるぽんきちの新しい音楽の相方もできました。

メグちゃんはなっちゃんより10歳も年上なんですが、同い年に見えるよね(^_^;)

レイぽんのレイさんはぽんきちより2歳年下なんですが、これまた若く見えるため、ぽんきちのユニットはまさに年齢不詳なユニットばかりになってしまいました。



レイぽんの活動は8年目を迎え、TeTeは6年目を迎えています。どちらも苦しい時も楽しい時もありながらも、何とか乗り越えて今日までやってきました。

メグちゃんとのユニットは始まったばかりですが、これから末永く活動できることを期待しています。

そして、何よりもぽんきちの大切な音楽の相方である彼女たちが、これからも仲良くそれぞれのユニットでの活動を楽しんでくれることをぽんきちは心から願っています。





あ・・・肝心の白玉ぜんざいの件は謎のままですなぁ



まぁ、どうでもいいですたい( ̄。 ̄;)



posted by ぽんきち at 2015/03/24 19:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長く伸ばした白髪をニット帽で隠したぽんきちが川沿いの喫茶店に入ったのは午前10時前だった。




20150323004713869.jpg






いつもより遅くなったので急いで店内のトイレ掃除を始めると、相方は仕込みを終えて煙草を吹かしながら新聞を読んでいる最中だった。

壁に飾っている手作りアクセサリーの値札がひとつだけ外れていることに気付いたぽんきちは、相方にそのことを告げると奥のギターレッスン部屋に入り掃除に取りかかった。



先週まで満開の桜が見えていた東向きの窓からは春の陽が店内に柔らかく降り注いでいた。

ここは手作りアクセサリー販売とギターの個人レッスンをやっている喫茶店で、焙煎コーヒーとちょっとした軽食とスウィーツが美味しいと評判のお店だった。

ギターの個人レッスンはアコースティックギターを専門に教えていて、生徒は25人程度でもっぱらギターを始めて間もない10代の若者から60代のお年寄りまで、幅広い年齢層の人たちが集まっていた。

ギターのレッスンが始まる30分も前に来てコーヒーを飲みながらスマホをスクロールし続ける若者たちや、レッスンが終わった後で「今日はやっとアルペジオが弾けるようになった!さすがに喉が乾いたよ。」と笑いながら相方にコーヒーを注文するお爺ちゃんたちが週に一度だけやって来る。

みんな少しずつギターが上達していくのが楽しいのだ。



中には店内に飾っている手作りアクセサリーに興味を示すお客さんもいて、「これはぽんきち先生がいつもしているネックレスと同じだね。今度ライブで着けたいから一個ちょうだい。」と言って買って帰る少年も時々いたりする。

相方が作るアクセサリーはお店のHPでも写真をたくさんアップしていて、ネットを見て注文してくるお客さんもいる。

ぽんきちやぽんきちユニットの女性ヴォーカルが身に付けたアクセサリーの写真もすべて相方が撮影してアップしている。

ぽんきちユニットのスタイリングも彼女がほとんど担当していて、喫茶店と手作りアクセサリー販売、そしてぽんきちのギターレッスンとのタイアップはお店を始めて一年くらい経った頃からやっと軌道に乗ってきた。

それまではなかなかお客さんが集まらず苦労の連続だったけれど、ドリンクも軽食も手作りアクセサリーもギターレッスンも、どれも妥協せずに美味しいもの、美しいもの、楽しいものを提供し続けたことがやっと実を結んだのだ。



ぽんきちは金曜日から日曜日の週末は相変わらずアコースティック・デュオで毎晩ライブをしている。

サポートギターのユニットも増えて毎週あちこちのライブバーやホテルで演奏していて、すっかり白髪ロン毛のギタリストのイメージが定着してしまった。

相方はというと相変わらずぽんきちのライブで写真撮影に精を出し、自分のブログやお店のHPに写真をアップするのが週末の楽しみになっている。



ぽんきちは喫茶店でライブをするつもりはなかったけれど、若い頃ライブバーを経営するのが夢だった相方のために、毎月第4土曜日の夜だけはお客さんたちを呼んでライブするようになった。

月に一回だけ、ぽんきちのユニットでライブすると、喫茶店の常連さんたちやギターレッスンの生徒さんたちが集まってくれた。

たまにはギャラ無しのライブを自分たちのお店でするのもいいだろうとぽんきちは考えていて、相方がみんなと楽しそうに話しているのを見ているのが好きだった。



あの時、思い切って決断して良かったと、苦労して自分たちのお店を持つまでになった日々のことをぽんきちは思い返していた。

お店の玄関に飾っている黒猫ジジの陶器もすっかり年季が入ってしまったけれど、ぽんきちは今が一番幸せな時なのかもしれないな・・・と白髪ロン毛の頭を掻きながらお店の玄関に置いている灰皿で煙草の火を消した。





 おしまい



IMG_13479200632737.jpeg










ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/23 20:43 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すぐ近くで眠っている才能がずば抜けて凄いことについて





20150322203010880.jpg




最近とても気になることがありまして、それはぽんきちの周りにいる人たちがある種の才能に優れているケースが多々あるという事実についてです。



ぽんきちは週末に音楽活動をしているのでライブの写真を撮影される機会が多いのですが、被写体が自分であれ他のミュージシャンであれ、ハッとするような写真を撮る人がいたりします。

また、手作りのアクセサリー製作が得意な人、イラスト描きが得意な人、洋服のスタイリングが得意な人、美味しい焙煎コーヒーを作れる人、美味しい創作料理や創作漬け物を作れる人、歌メロさえわかればどんな曲でもギターで弾けてしまう人・・・

とにかく様々な才能がぽんきちのすぐ近くに溢れていて、みんな趣味でやっていることなんでしょうけれど、彼らは対価を求めていないだけであって、もしこれに対価を払ってでもやって欲しいという対象者が現れたら、それはその瞬間から仕事になる可能性を秘めていると思うのです。



極めつけは写真をアップしていますが、ぽんきちの母が作るよもぎ餅です。

ぽんきちはもしかしたら日本一美味しいのではないか?と本気で思っています。

イヤイヤ、それは子供の頃から慣れ親しんだ母親の手作りの味だからそう思うだけだよ!という意見もあるでしょう。

でも、実際に母の作ったよもぎ餅を食べてもらうとそう言う人たちにもわかってもらえると思うのですが、これが絶品なのです。

春の時期に摘んだ柔らかいよもぎを使って作る母のよもぎ餅は、ぽんきち家の人間と親戚くらいしかその味を知りません。

もし、母にインターネットの知識があり、全国の方々に直売できるツールを持っていたならば、一度味わった方は必ずリピーターになり、その方々からクチコミで広がってしまえばそれは「ぽんきち母ブランド」になってしまうほどの味だとぽんきちは信じて疑わないのです。

もちろん、もう80歳近い母にはインターネットというものは理解できませんし、春に摘む柔らかいよもぎは冷凍保存で一年中いつでもよもぎ餅を作ることはできても、大量生産は不可能です。



母にしてみれば、ただぽんきちをはじめとする息子たちに喜んで貰えたらいいという一心で今もよもぎ餅を作り続けているのです。

商売っ気などこれっぽっちもありませんし、大分県の離島で長女として生まれ、父を養子にもらい結婚し、ぽんきちたちを産み育て、このまま死ぬまで故郷の島で暮らす一生を送るのです。

誰も母のことなど知りません・・・もしかしたら日本一美味しいよもぎ餅を作っている人物かもしれないのにです。



ぽんきちは思うのですが、実は自分の才能に気が付いていない方々は意外に多いのではないかということです。

ぽんきちに例えていうならば、もしぽんきちがずっとエレキギターを弾き続けていたら、今のような活発な音楽活動ができてたくさんの方々からギタリストとして認知されるようなことにはなり得なかったはずです。

10年前にエレキをアコギに持ち替えてライブするようになりましたが、それは年齢的に仕事や家庭の事情でバンドが続けられないメンバーが多くなったり、メンバー自体が見つからなかったりして、3年間もライブができない時期があったからです。

そして、何よりもバンドでは自分のやりたい音楽ができなかったからです。

バンドではメンバーそれぞれの意見を尊重するあまり、本当に自分が表現したい音楽がなかなかできませんでした。



自分がやりたい音楽を表現するために自分でプロデュースできるアコースティック・デュオをやろう・・・その決心がぽんきちの音楽人生を180度変えるきっかけになりました。

同じギターを弾いてライブするという行為であっても、ちょっと視点を変えて音楽というものに向き合った時に、人生までも変えてしまうものなんだということをぽんきちはその時初めて知ったのです。

ずっとエレキギターを弾いていたのでアコースティックでどこまで通用するものなのか?それさえもよくわからずにユニットでの活動を始めたのです。

自分にアコースティックの才能があるなんてぽんきちは知らなかったのです。

実際にアコースティック・デュオで活動してみると、たくさんの方々から喜んで貰えたので、自分の天職というか自分が追求すべきギター道はエレキではなくアコースティックだったんだ・・・と、この10年でやっと気が付いたのです。



もし、対価を払ってでも求めてくれる人がいたら、そして提供したものを喜んでもらえたら、音楽であろうと何であろうとそれは仕事になる可能性があります。

そして、提供できるものが増えていくと生活できるレベルにまでなる可能性があります。

眠っている才能はぽんきちの周りにも、アナタの周りにもたくさん存在しています。

もしかしたら今ある人生がすべてではないのかもしれません。

ちょっと視点を変えると180度人生が変わってしまう可能性を誰もが持っているとぽんきちは思っています。







ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/22 20:31 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗い曲を歌っているのに重い気持ちにさせないユニットだと言われた




20150225213238069.jpg







先月のTeTeマンスリーライブでエゴ・ラッピンの英語バージョンを演奏した時に、お客さんから「暗い曲を歌っているのに重い気持ちにさせないですね!」と言われました。

とにかく演奏中に正直な感想を述べるお客さんだったのでとても面白かったのですが、「それは我々が浮遊感のあるユニットだからでしょうね。」とぽんきちは答えたのですが、なっちゃんのヴォーカルとぽんきちのギターに共通しているのはこの浮遊感なんだろうなと思いました。

なっちゃんはウィスパーヴォイスですし、ぽんきち開放弦を絡めたコードワークが多いので、TeTeは浮遊感のあるユニットになっているんだと思います。

実はなっちゃんは普通に歌えばふわ〜っとした感じが全くしないヴォーカルになりますし、ぽんきちも開放弦をあまり使わなければ浮遊感のないギターになります。

特に意識してやっているわけではないのですが、TeTeを始めた頃から我々はこんな感じでしたし、とにかくTeTeは浮遊感を極めた方がいいだろうとぽんきちは感じていました。



福岡だけでもアコースティック・デュオは数多く存在するので、他のユニットのことは気にせずに自分たちらしく表現していくのがベストだと思っています。

ただ、ぽんきちはやはり開放弦を絡めたギタープレイが好きなので、ヴォーカリストが変わってもアレンジのスタイルはあまり変わることはありません。

レイぽんでもそんなに違う奏法はしていないので、カバーする楽曲の違いと、何と言ってもヴォーカルの個性で全く違うユニットになっているんだと思います。



今年からはサポートギターの活動も始めますが、新しいヴォーカルによってまた新たな個性のユニットが生まれるわけで、それはぽんきちとしてもとても楽しみなんですね。

まだ選曲をしている最中なので、それなりの曲数が揃ったらライブもしたいと思っていますが、まずはアレンジをしながら練習でお互いの感覚を確かめていく作業からですかね。



地道な活動になりますが、ゆっくりと、でも確実にギタリストとして表現方法や演奏環境を整えていきたいと考えています。

サポートギターの活動は何年もかけて浸透させていかないとできないと思っていますので、無理のない範囲で続けていきたいと思っています。





そして、今夜はおとぼけコースケでTeTeマンスリーライブです♪

お時間のある方は遊びに来てください(^_^)ノ





3月21日(土)Bar「おとぼけコースケ」

場所:福岡市中央区西中洲1−6 西中洲Aビル3F(国体道路沿い シダックス横の有料駐車場の3軒右隣)


20:00 オープン
21:00 ライブスタート

チャージ2000円(1ドリンク込み)


[出演ミュージシャン]

シシャン(サックス吹き語り)
TeTe

http://www.haruyoshi.jp/old/banryu/90/90.html
おとぼけコースケ


posted by ぽんきち at 2015/03/21 16:23 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職が決まって髪を切ってきた時、もう若くないさ・・・と君に言い訳した




20150318195304356.jpg




子供の頃にぽんきちが憧れた忍者カムイ・・・そして今はコースケさんでしょうか?

彼らの何に憧れたかと申しますと、ロン毛です。

ぽんきちにとってロン毛とは自由の象徴なのです。



社会人になって普通の勤め人になるとロン毛になることは難しくなりますが、ぽんきちのようなお堅い仕事だと100%無理(>_<)

何とか髪がまだあるうちにロン毛ぽんきちになれないものかと悶々した日々を送っているわけです。

ぽんきちはバンバンの「いちご白書をもう一度」で育った世代なので、就職=髪を切るという行為があまりにもシンボリックに感じてしまう・・・社会人になるというのは夢を捨てて生きるのが当たり前という現実に慣れ過ぎている世代です。



ロン毛にニット帽がもっかのところぽんきちの妄想スタイルになっていますが、これが現実になる頃にはすっかり白髪ロン毛のぽんきちになっているか、伸ばす髪さえ無い残念なぽんきちになっているかでしょう( ̄∇ ̄)

爺さんになってロン毛にニット帽で歩く姿は不気味でしょうねぇ・・・それでもギタリストとしてまだ活発にライブで演奏している生き方ができていたら、それもありではないかと思えるのです。

その頃にはまだ女性ヴォーカルの伴奏をしているのだろうか?爺さんギタリストぽんきちとユニットで活動してくれるヴォーカリストが果たしているのだろうか?

アコースティック・デュオという表現形態はぽんきちにとってライフワークと位置付けていますから、それまでにしっかりと実績を積み上げて、老いてもなお現役バリバリのアコギストとして存在し続けることが最終的なぽんきちの夢です。



年をとったレイさんが親御さんの介護生活を終えて歌えるようになっていたり、子育てが落ち着いたなっちゃんが歌えるようになっていたら、またレイぽんとTeTeでライブできるぽんきちになっているのかもしれないなぁ。

そして、その頃には他のヴォーカリストとも強い絆ができているかもしれないし、それまでにサポートしたヴォーカリストたちからオファーがあったりするのかもしれない。



白髪ロン毛のぽんきちは眼光鋭く、使い古したアコースティックギターを抱えて、今の10倍は深くナチュラルな音で奏でる爺さんギタリストになる・・・なんだかええなぁ(o゚▽゚)o

それが10年後のぽんきちの目標です(^_^;)









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/20 20:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時に愛は力尽きて崩れ落ちてゆくように見えても 愛はやがてふたりを優しく抱いてゆく




20150129215015256.jpg
















懐かしい曲だなぁ・・・

1980年12月31日にNHK-FMで流れたこのライブ音源をカセットテープに録音していたぽんきちは高校生でしたが、あの頃によく聴いていた曲です。



ぽんきちはブログで大好きなことを続けていたい・・・大好きなことを見つけ、どんなに忙しくても大好きなことから離れない人生を歩むべきであるというメッセージを絶えず発信しています。

ぽんきちが誰かではなく「大好きなこと」にこだわるのは、かつて大切な人を死や別離により次々と失い、心が完全に折れてしまった日々があったからかもしれません。

大好きな人はいずれ自分の前から消えてしまう・・・それは誰にも避けられない宿命とも言えるべきものです。



あの頃、もし大好きなことを続けていなかったら、ぽんきちの折れた心は心身症や精神病という形でその後の人生に甚大な影響を被っていたはずです。

実際、病院には行かなかったのですが、後になってメンタルチェックシートのテストをした時に、当時の自分は明らかに鬱病の症状を抱えていたことに気が付きました。

そんな経験からか、今でもぽんきちは人生において大好きなことを持ち続けることの大切さを自分の信念としているのです。



心の病に効く薬などあるのだろうか?

薬は心を一時的に弛緩させるだけなのではないだろうか?

薬で根治に至ることは極めて難しく、実は製薬ビジネスの都合のいいアナウンスに我々は利用されているだけなのではないだろうか?



大好きな人はある日突然いなくなるかもしれない・・・交通事故、大災害、通り魔殺人、急性的な病気など、誰もその被害に遭わないと言い切れる人などいないのです。

だからこそ、大好きな人は自分の人生に存在して欲しいけれど、自分が自分であるために大好きなことをいつも続けていたいのです。



いつも大好きなことについてばかり語るぽんきちですから、時には人間の存在よりも「もの」や「こと」さえあれば人生が満足できるのではないか?と思われてしまうかもしれません。

人の存在は脆く危うい・・・だからギターに熱中し、音楽に人生を賭けてみたいなどと考えているのではないかと・・・



ぽんきちは以前から自分の死について考える癖がありまして、死ぬ瞬間をシュミレーションしてしまうのです。

その時、いつも脳裏に浮かぶのはギターでもなく、音楽でもなく、決まってその時自分にとっての大切な人なのです。そして、それは何度繰り返しても同じなのです。



きっと人生の最期においては「もの」や「こと」などはどうでもいいのです。



最後の最後は愛する人だけなのです。






ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/19 19:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニットが化学反応を起こす予感について




20150316011036699.jpg






ぽんきちは4年前にある女性ヴォーカリストからサポートギターを依頼されたことがあります。

当時はすでにレイぽんで活動しながらTeTeの活動も始めていた頃で、尚かつ社会人ソウルバンドでエレキギターのサポートもしていた頃でした。

毎週末がライブという生活でしたが、その女性ヴォーカリストの想いが伝わったこともあり、あとひとつユニットでの活動は可能だろうと判断し引き受けました。



ところが、間もなくしてぽんきちの仕事が異常に忙しくなり、このままでは体を壊しかねない状態となり、彼女に事情を説明し、一度もライブすることなく新しいユニットの話は白紙に戻したのです。

そして、いつかまたサポートできる日が来たら必ずぽんきちがギターを弾くことを彼女に約束しました。

その後、ぽんきちは忙しい日々の中で次第に体調を壊していき、手術するために入院しました。

退院後はライブ本数をそれまでの半分程度に減らしたのですが、それはぽんきちの体調のこともありましたが、レイさんがソウルバンドでの活動も始めたこと、なっちゃんの仕事が忙しくなり月一回のマンスリーライブしかできなくなったのも大きな要因でした。



そんな状況の中でその女性ヴォーカリストとも会う機会がなくなっていましたが、昨年あるライブバーで2年ぶりに再会しました。

彼女はすでにアコースティック・ユニットで活動しており、それならばTeTeのマンスリーライブで共演しようということになり、昨年おとぼけコースケにゲスト出演してもらったのです。

そして、先日そのユニットが活動休止するのでとりあえずラストライブになるという話を聞いたぽんきちは、これは4年前の約束を果たす時が訪れたんだなと直感したので彼女にサポートでギターを弾くことを伝えました。




こうしてぽんさんメグさん(仮)の活動をスタートすべく、選曲を始めて先日初めて二人でヴォーカルとギターを合わせてみました。

レイさんに初めて茶木みやこさんの「まぼろしの人」を歌ってもらった時の感覚、なっちゃんに初めてカーペンターズの「Close To You」を歌ってもらった時の感覚・・・

それはある種の予感みたいなものなんですが、メグちゃんにもぽんきちは感じるものがありました。

お互いにまだ選んだ曲を歌いこなせない、弾きこなせない状態なんですが、何かしら初めて合わせた時に予兆みたいなものを感じることが稀にあります。

メグちゃんも感じたかもしれませんねぇ・・・それはまだ予感でしかなく実体のないものですから、今ぽんきちが言えるのは可能性を感じるということだけです。



忙しい日々の中でぽんきちがギターで伴奏できるヴォーカリストは限られています。

日々の仕事に追われ、今はよほどの縁がなければ歌の伴奏はできない状況にあって、彼女とは4年前の約束があったとは言えどもこうしてスタートしたことは、やはり縁なんだろうと思っています。

今はひたすら良いユニットに成長することを祈るのみです。

楽しくお互いに無理のない範囲で活動できたらと願うぽんきちです(^-^)


posted by ぽんきち at 2015/03/18 19:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきちLINEスタンプにハマるの巻(・・;)




20150317021635100.png




20150317021650221.png




20150317021659606.png




20150317021711109.png






お正月に高校の同窓会で30年ぶりに再会した竹内力くんが「LINEスタンプよろしく!!よろしく!!」としつこく言ってたので、さすがにスタンプなど全く興味のなかったぽんきちも最近使っているのですが・・・



これは使えるわぁ〜(o゚▽゚)o



竹内くんのみならず、ゴルゴ13やブラックジャックにもハマっております(・・;)



同窓会で竹内くんはLINEスタンプで全国1位になったと豪語していましたが、あれは本当かも?


LINEスタンプをめぐる竹内力&ぽんきちのかみ合わない会話の動画はこちら

http://milkysionray.seesaa.net/s/article/411719090.html



RIKIプロジェクトの社長として実業家としても成功している彼ですが、いや〜たいしたものです・・・ファンキー過ぎますがな(^_^;)



LINEを利用されてる方はぜひ竹内くんのスタンプで遊んでみてください。

皆さんは楽しくなるし、彼はもっと儲かりますので、ぽんきちからもよろしくお願いします(^_^)ノ






ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/17 19:59 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レイとぽんきちでレイぽん




20150316194051445.jpg





20150316194115078.jpg





西中洲TUPELOでのデビューライブから丸7年が過ぎて、あの日と同じオーナー&同じ対バンユニットのライブは無事に終わりました。

今は福岡市の赤坂ドリームボートのオーナーになっている藤城さんのPAはやはり素晴らしかった。TUPELOの頃も素晴らしかったけれど、やはりPAはセンスが表れると改めて思いました。



そして、デビューライブでも対バンしたアコースティックユニットの「ハラバンド」は相変わらず安定した歌と伴奏で、コアなカントリーポップスの選曲も素晴らしく、聴いていてとにかく心地良いのです。

ライブに来ていたありちゃんが「レコードのB面の優れた曲を聴いているようだ」と形容していましたが、まさにハラバンドはそんな表現体のユニットだと思います。

7年前のライブを見に来てくれていたシンガーソングライターのてるさんも今回来てくれました。まさにレイぽんデビューの日の再現ライブの役者が揃った夜でしたね(^-^)



そして、7年間の活動期間が流れ8年目の活動を迎えたレイぽんはいつものように歌い演奏しましたが、7年前にレイぽんで初めてアコースティックのソロで歌う経験となったレイさんにとっては、今回のドリボのライブは特別なものだったようです。

この7年間にレイさんはSoul Weavingというソウルバンドと、Chichi-Bandという洋楽中心のアコースティックユニットでも活動するようになりました。

今は彼女にとって一番音楽的に充実している時なのかもしれません。

それは、ずっと歌い続けてきたからこそ彼女が築き上げることができたそれぞれの表現体であり、大切な仲間たちに他ならない。



レイさんも続けることの大切さを自らの生き方で証明しているヴォーカリストなんだと思います。

ぽんきちは末永くレイぽんが続くことを、そして自分もレイさんもそれぞれの場所で歌い演奏することがこれからも続けられることを心から願っています。

レイぽんにとって区切りとなるライブに来て頂いた方々に感謝・・・ありがとうございました(^-^)





20150316194404851.jpg


posted by ぽんきち at 2015/03/16 19:44 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多の温かい人たちと美味しいご飯のお話〜西中洲「花びし」編




20150309015306836.jpg






20150309015331883.jpg






20150309015412457.jpg







TeTeマンスリーライブの日は、ぽんきちとなっちゃんはいつも博多の老舗そば屋で鴨南うどんを食べておとぼけコースケに行くのが恒例でした。

最近になって春吉交差点のすぐそばにある「花びし」というお店にも行くようになったのですが、ここはコースケさんお勧めのお店でおとぼけコースケにも近いのでとても気に入ってます。

基本的にうどん、そば、チャンポン、丼物のお店ですが、年配のご夫婦が経営されていて、庶民的でとても小さな大衆食堂です。



先月のライブ前にも行きましたが、なっちゃんのコートのチャックが3段ズレてしまっていて脱げない状態になっていたのです。

それに気付いたお店のご夫婦が「ちょっと貸してごらん」と言って、我々が注文して食事している間もずっとチャックを治そうと奮闘してくれたのです。

力任せにしても上手くいかず、店主のおじさんが油を差してみてもダメで、結局は「これは大丸の修理の専門コーナーに持って行った方がいいね。」ということになったのですが、あまりにも親切なご夫婦の人柄に我々はすっかり感心してしまったのです。



肝心の料理ですが、もう文句の付けようがないくらいめっちゃ美味しくて、今のところぽんきちは親子丼にハマっています(*^^*)

博多って庶民的で人情はあるし、料理は美味しいし、全国から転勤してきたサラリーマンたちがずっと住みたい街だと言うのも頷けます。

こういうお店がたくさんあるからぽんきちは博多を離れたくないし、ずっとこの街で音楽を奏でていたいと思うのです(^-^)


posted by ぽんきち at 2015/03/15 12:21 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事からくたくたに疲れて帰った日に10分間だけギターに触る練習方法について




20150312224006515.png






ぽんきちはなるべく毎日ギターの練習をするようにしていますが、仕事が忙しくてくたくたになって帰った日などは、とりあえず独自に考えた方法で10分間だけでもギターに触るようにしています。

そんな時にはアップした写真の音階をオルタネイトピッキング(弦を上下交互にピッキングすること・・・わからない人は友達のギタリストに聞いてね)で弾く練習をしています。
 
写真の音階はDのドリアンスケールで表示されていますが、12フレットから以下の7つのスケールを関連付けながら0フレットに下降するように弾いていきます。


1.アイオニアンスケール(メジャースケールと同じ)

2.ドリアンスケール

3.フリジアンスケール

4.リディアンスケール

5.ミクソリディアンスケール

6.エオリアンスケール(ナチュラルマイナースケールと同じ)

7.ロクリアンスケール


まずは指弾き(フィンガーピッキング)で下降しながら5回弾いたあと、その次はピックを持って同じように5回ピッキングします。

これをアコースティックギターでそれぞれのスケールを意識しながら12フレットから0フレットに一気に下降するように弾いていきます。

言葉で説明するのが難しいのですが、一気に下降する過程でそれぞれのスケールを6弦から1弦に向かって、もしくは1弦から6弦に向かって、途切れないように4連符で弾いていきます。



同時に余計なミストーンをなるべく鳴らさないように、正しい姿勢でギターを抱えて弾くようにということを意識しながら弾きます。

とりあえず、どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、10分間の練習をこんな感じでやれば最低限一日一回はギターに触るという習慣付けはできるかなと。

残業が続いたりして時間がない時はどうしてもありますから、ぽんきちはこんな感じでギターを弾いています(^-^)


posted by ぽんきち at 2015/03/14 13:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ししゃんのしは幸せのし




20150313192131233.jpg








今月のTeTeマンスリーライブのゲストはサックス吹き語りのシシャンです。

昨年は新婚ホヤホヤのシシャンが可愛い奥さんを連れてゲスト出演してくれましたが、今も幸せなんでしょうか?



それは置いといて・・・サックスの吹き語りとは如何様なライブなのか?という疑問があると思います。





20150313192043177.jpg





おっと、これは太鼓の叩き語りの人でした( ̄∇ ̄)





結婚してまだ一年ちょっとか・・・まだ幸せかもしれんな( ̄∇ ̄)





そんなシシャンが一年ぶりにおとぼけコースケで吹き語るライブです。

お時間のある方、ご都合宜しい方は遊びに来てください(^_^)ノ






3月21日(土)Bar「おとぼけコースケ」

場所:福岡市中央区西中洲1−6 西中洲Aビル3F(国体道路沿い シダックス横の有料駐車場の3軒右隣)


20:00 オープン
21:00 ライブスタート

チャージ2000円(1ドリンク込み)


[出演ミュージシャン]

シシャン(サックス吹き語り)
TeTe

http://www.haruyoshi.jp/old/banryu/90/90.html
おとぼけコースケ


posted by ぽんきち at 2015/03/13 19:21 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日の日記より〜事故や大災害を忘れないために





20150313005308846.jpg





日付が変わってしまいましたが、過去のぽんきち日記より抜粋して掲載します。

 




ぽんきちはこれまでに一度だけ新聞記事を読んで涙を流して泣いたことがあります。




1985年8月12日、群馬県の御巣鷹山に日本航空機が墜落した事故の犠牲者が残したメモ書きの遺書を読んだ時です。




犠牲者520名、生存者わずか4名という航空機史上最悪の事故でしたが、この事故では18時24分の異常発生から30分以上にわたって飛行を続けることができたため、遺書を書く時間があった稀なケースだったと言われています。




当時ぽんきちは21歳でしたが、あの時の衝撃は忘れられません。







以下は、いくつか残されている遺書の一部です。











河口博次さん(52)



兵庫県芦屋市。大阪商船三井船舶神戸支店長。遺体の上着の胸ポケットに入っていた手帳に7ページにわたって、219字。



マリコ


津慶


知代子


どうか仲良く がんばって


ママをたすけて下さい


パパは本当に残念だ


きっと助かるまい


原因は分らない


今五分たった


もう飛行機には乗りたくない


どうか神様 たすけて下さい


きのうみんなと 食事をしたのは


最后とは


何か機内で 爆発したような形で


煙が出て 降下しだした


どこえどうなるのか


津慶しっかりた(の)んだぞ


ママ こんな事になるとは残念だ


さようなら


子供達の事をよろしくたのむ


今六時半だ


飛行機は まわりながら


急速に降下中だ


本当に今迄は 幸せな人生だった


と感謝している












谷口正勝さん(40)



大阪府箕面市。チッソ株式会社ポリプロ繊維部主任。機内に用意されている紙袋にシャープペンで、20字。袋に自分の運転免許証が入っていた。



まち子


子供よろしく


大阪みのお 谷口正勝


6 30












松本圭市さん(29)



埼玉県狭山市。阪急電鉄社員。愛用の中型ノートにボールペンで、60字。



PM6・・・30


知子 哲也(両親を)をたのむ 圭市


突然 ドカンといってマスクがおりた


ドカンといて降下はじめる


しっかり生きろ


哲也 立派になれ












今日、ぽんきちは映画館で『沈まぬ太陽』というこの事故を題材にした映画を観ました。 




この映画で上記の河口博次さんの遺書が取り上げられていて、息子の津慶さんが納棺された父の遺体の前でこのメモ書きを見つけ、泣きながらその遺書を読むシーンがあります。 




24年前に新聞記事に載っていた遺書を読んで涙を流した自分と重なって、胸が熱くなりました。







与えられた生を、一日一日を大切に過ごさなければ・・・と思います。




posted by ぽんきち at 2015/03/13 00:57 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外部ブログを始めるとコメントとイイネに無関心になる不思議について




20150312195732852.jpg






SNSをしていますと、毎日誰かにコメントしたりイイネしたり、もしくは誰かからされたりして、この繰り返しが幅広く緩やかな交流を支えています。

ところが、外部ブログを始めるとこのコメントやイイネに無関心になってしまう自分に気が付いてしまうのですが、ぽんきちだけなんだろうか?

外部ブログをしていない方でネットはもっぱらSNSが中心になっているという方は、コメントやイイネに対して敏感だと思います。何故ならば、外部ブログを始める前のぽんきちがそうだったからです。



以前、mixiをマメに更新してきた頃はマイミクさんの反応が気になっていました。それはmixiだけやっていたのでインターネット=mixiという感覚だったから・・・つまり、インターネットはmixiがすべてという錯覚に陥っていたからだと思います。

ところが、外部ブログを始めるとmixiやFBなどのSNSはインターネットの一部に過ぎないという感覚になるのです。はっきり言って今の状態が正しいと思っています。

インターネットはワールドワイドですからその世界はとにかく広い・・・しかし、SNSは限られた仲間内の交流に過ぎません。

外部ブログを始めると自分にとってインターネットの中心はブログになり、特に毎日更新しているとSNSはブログを拡散するためのツールに過ぎなくなってしまうのです。

ですから、おそらくブログをやっている人とやっていない人のSNSに対する認識は違うのではないかと思うのです。



ネットをSNS中心に利用している人のコメントやイイネの期待感と、外部ブログを中心に利用している人の期待感はかなり差があるだろうと思います。

極端に言うならば、ぽんきちの場合はブログを読んで頂けたらそれで満足なのでコメントやイイネはオプション的に存在している感覚なんですね。

たくさんの方々にブログを読んでもらえることが励みになったり嬉しかったりするので、コメントやイイネよりもシェアしてもらったりツィートしてもらう方がありがたく思えるのです。



ぽんきちはFBではあまりシェアしていませんが、Twitterではいろんな方々の投稿をツィートしています。きっと彼らもそれを望んでいるはずです。拡散することでブログの読者は増えていくからです。 
ところが、通常はよほど共感できる投稿じゃない限りわざわざシェアしたりツィートしたりはしないものです。そこがブログの難しいところであり、読者を増やすことはとても地道な作業になるのでしょうね。

もっと気軽にシェアしたりツィートしてもらえると嬉しいのですが・・・

今はとにかく毎日更新し続けることだと思っています・・・とりあえずこんなネタで今日も更新できましたと(^_^;)


posted by ぽんきち at 2015/03/12 19:58 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽を聴いていないお客さんの前で演奏すること




20150308130415000.jpg







ライブを聴きに来てくれるお客さんの前で演奏する・・・これが基本的なぽんきちのスタイルですが、たまに音楽を目的としないお客さんの前で演奏することもあります。

所謂、レストランとかホテルのバーで演奏する場合は、飲食をしながらの会話を楽しむために来ているお客さんの前で演奏するのです。

以前のぽんきちはそんなBGMに徹するようなライブをするミュージシャンの気が知れないと思っていました。

生活のために仕方なくやっているだけなんだろうと思っていたのです。



そんなある日、某ホテルのバーで演奏して欲しいという依頼があったのです。

キャパ50人は余裕で入る大きなバーでして、諸事情があり半ば仕方なく引き受けたのですが、どうせやるからにはBGMに徹することのできる集中力を鍛えるための修行にしようと決めて演奏することにしました。

45分を2ステージ、90分20曲近く演奏するライブをTeTeでやっていますが、これがなかなか大変でして、音楽を聴いていないお客さんの前で演奏することに最初はなかなか慣れませんでした。

バラードを演奏している最中でも目の前のおばちゃんが大声で笑ったりするわけです・・・集中できんちゅーの(^_^;)

途中で集中力が切れて失敗することが多かったのですが、最近やっと慣れてきたのかそんな過酷な状況でも自然な演奏ができるようになってきました。

無心で演奏することを目指しているぽんきちにとっては、このホテルのバーでの演奏は貴重な修行の場所になっていまして、今となっては演奏の依頼を引き受けて良かったと思っています。



バーでの演奏が終わるとくたくたになります。演奏する曲数は普段のライブの3倍ですし、ほとんど我々の演奏など聴いていないお客さんばかりの前で完璧に近い演奏をしないといけませんからねぇ( ̄。 ̄;)

それでも演奏を終えたあとで必ず食いついてくるお客さんがいまして、それは今まで一度も例外なく我々に声をかけてくれるお客さんが必ずいるのです。

演奏後にそんなお客さんと歓談することも度々ありますし、中には我々にドリンクを奢ってくれるお客さんもいて本当にありがたいです。



ぽんきちはどんな場所でも演奏できるギタリストになりたいし、どんな場所でも真摯に向かい合い歌い演奏すれば、自分たちのユニットを誰かが認めてくれると信じて活動しています。

それでも、やっぱりぽんきちは音楽を聴いてくれるお客さんの前で演奏するのが好きですね。

ホテルのバーでの演奏はぽんきちとなっちゃんにとっては武者修行の旅なのです。

ライブが終わると帰りの車の中で「あ〜、今日も過酷やったね。鍛えられたなぁ」なんて話しながらなっちゃんを送って、ぽんきちも帰途につくのです。

武者修行の旅はこれからも続くのです(^-^)







ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/11 18:59 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じょ、じょ、じょ、じょあんな(゚∀゚) せ、せ、せ、せーら(ノ^^)ノ い、い、い、いーじーらばー(o゚▽゚)o




20150310170304367.jpg































もうね、ぽんきち世代は「もう勘弁してくらはい(>_<)」ってくらい若い頃MTVで観まくり&聴きまくりのナンバー3連発ですよ!!


Easy Lover なんかはエレキのぽんきち時代にハートビート(天神の老舗ライブハウスね!)で演奏した超懐かしいナンバーです♪


フィリップ・ベイリーがブルーノート福岡でライブした時にこの曲を演奏してくれてめっちゃ感激したし、バラードの曲では感動のあまりぽんきちは泣いてしまったという(^_^;)


ブルーノート福岡→ビルボード福岡と変遷したあの頃が懐かしいですが、世界の一流ミュージシャンの演奏を程よいキャパのハコで聴くことができなくなったこの街の音楽文化は、いったいどこに向かっているのだろう?


アベノミクスにより福岡市は経済特区に指定され、労働時間ではなく仕事の成果で賃金が支給されるホワイトカラーエグゼンプション(残業代ゼロ法案)が適用される予定ですが、安倍総理はAKB48を世界に売り込みたくて仕方ないようですから、百歩譲ってそれは許そう・・・


その代わりに博多の街にブルーノートを復活させてくれ!!


AKB48は東京オリンピックで世界に発信するなり、ニューヨークやロンドンやモスクワに売り込むなり、もう好きにしてくれ!!


その代わり福岡市を経済特区に指定するなら世界の一流ミュージシャンのライブを聴かせる程よいキャパのライブバーを造ってくれ!!


箱モノ行政は得意じゃろ?


ならばすぐにでも造ってくれ!!


ぽんきちは東日本大震災復興の義援金を今も寄付し続けているんだけど、税務署の庁舎を修繕したりして、復興予算を全然関係ないことに流用しているそうじゃないか?


ならば福岡にブルーノートを、ビルボードを復活させてくれ!!


それくらいしてくれてもええじゃろ?


福岡市を経済特区にするのは構わんよ。ついでに一流の音楽特区にするくらいの粋な計らいをしてみらんね?


日本のロリコン文化はいくらでも世界に提供すればよか!!


その代わり福岡に大人の音楽をくれ!!


これも立派な文化交流じゃろ?


音楽は世界共通の言語やし、文化じゃろ?


金儲けばっかりじゃ人は幸せにはなれん。


心を豊かにするものが必要じゃとは思わんね?


音楽で心が豊かになれる人間はいっぱいおるぞ。ぽんきちの周りにはいっぱいおるぞ。


九州に遊説したついでに博多の裏音楽界を見てみらんね?


ぽんきちの言うことが嘘じゃないことがわかるばい!!


そんなカッコいい総理大臣になってくらはいよ。


よろしく頼みますばい(^_^)ノ


posted by ぽんきち at 2015/03/10 19:36 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽で嘘はつきたくない




20150308234658470.jpg







組織で働いていますと自分が望んでいない仕事をしなくてはならない場面にぶつかることがあります。

所謂汚れ仕事というものをぽんきちもやってきましたが、中間管理職として苦しい選択もせざるを得ないわけです・・・そんな時はこれが組織で生きることなんだと自分に言い聞かせていました。

若い部下たちと上司との板挟みになりながら、上司には「こんな仕事は間違っている。部下たちに何と説明すればいいんですか?」と逆らってみても最終的には命令に従うしかない現実・・・

部下たちからは「なぜこんな仕事をしないといけないんですか?おかしくないですか?」と言われ、「俺もおかしいと思う。でもやるしかないんだ・・・すまない。」と苦しい説明をする日々もありました。



そんな経験を何度となくしてきたからでしょうか、ぽんきちはせめて音楽では嘘をつきたくないと思っています。

音楽の表現は自由であるべきと思っていますし、誰とどんな音楽表現をしようとも縛られるべきではないという気持ちが強いのです。

もし、そこでぽんきちがブレてしまったら、組織で自分を殺し、音楽でも自分を殺し・・・本当の自分はどこにあるのかがわからなくなってしまう。



音楽は誰のものでもなくすべての人のためにある。

もし、聴きたい音楽であれば遠慮なく聴きに来て欲しいし、聴きたくない音楽であればスルーして頂ければいいと思うのです。

音楽を聴く方々が選択すればいいだけだと思います。

だから、どうかミュージシャンに表現の自由を許して頂きたいのです。



悪意を持って表現する者など自分を含めぽんきちの周りには誰一人としていません。

ぽんきちの知る限り音楽とは嘘のないものであり、誰もが自由に楽しめる素晴らしい自己表現です。

嘘は組織の仕事だけで十分なんだ・・・自分を殺して生きるのはそれだけにしておきたいのです。









ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/09 19:03 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸福論〜5年前とは違う自分と10年前とは更に違う自分について




20150302213042218.jpg







諸行無常という言葉がありますが、何事もずっと同じではなくすべての事象は変わっていくものです。

ぽんきちの人生もこの10年で激変しまして、まさに波瀾万丈な人生を送ってきました。



5年前のぽんきちはすでに毎週ライブをするような音楽人生を送っていましたが、当時の人間関係や音楽環境は今とは違うし、自分の風貌も全然違っていました・・・チンピラとか中国マフィアとか呼ばれてたし(゚∀゚)



10年前になると更に今とは全然違っていて、まずギタリストぽんきちではなかったし、結婚していましたからねぇ・・・毎週ライブ??あり得ませんでした(^_^;)

当時はバンドで半年に1回ライブができたらいい方でしたし、中年の社会人バンドなんてそんなものです。基本的に家庭と仕事が中心の生活ですから、バンドができたりたまにライブができるだけでもありがたかったのです。

当時の風貌は5年前とは更に違っていてチンピラぽんきちでもなく、どーちんぽんきちでもなく、明るいアウトドア系の服を好んで着るタイプのおいさんでした。



ぽんきちの場合は離婚がきっかけで博多の裏音楽界にどっぷり浸かる人生に変わってしまったのですが、それは幸せだったのか?と問われたならば、ぽんきちは120%幸せです!と答えます。

今のところ人生の7分の2ではありますが、自分が15歳の頃からずっと大好きだったことを思う存分できているからです。

ライブでギターを弾く・・・
このシンプルな行為こそがぽんきちにとっては幸福論の基本を成すものだと知ったのはこの10年の人生があったからです。

もし、離婚することもなく家庭と仕事の往復だけの人生が今も続いていたら、ギターを弾くことがこれほどの幸福感を自分自身にもたらすものだと気が付かなかったかもしれません。



離婚というものは生き地獄ではありますが、そこから立ち直るために自分が一番好きなことをとことん追求する生き方を選んだ・・・きっかけは何であれ、そういう環境に身を置く選択をせざるを得なかった過去については、今のぽんきちは感謝しているのです。

他の方々の人生はどうなのかはわからないのですが、5年前と10年前とでは誰もが随分と違っているのだろうか?

2015年の今、大好きなことができる人生を送れている方々はどのくらいいるのだろう?



ぽんきちのように180度人生が変わってしまう人間は少ないのかもしれませんが、ほとんど変わっていないという人は少ないのではないか?と思うのです。

諸行無常を感じながら生きている方は多いだろうと思います。人生は変わっていくものです。それを自分の望む方向に変えられるかどうかはやはり自分次第だと、ぽんきちは自らの経験から言えます。

少なくとも受け身の姿勢では自分の理想から離れることはあっても、自分の望む方向に変化することはありません。

何らかの想いがあるならば行動に移すべきで、小さな一歩の積み重ねが自分の望む方向へ人生を変化させていくものだと思います。



どうせ諸行無常に逆らえない運命にあるならば、そのベクトルの操縦桿は神様に任せっきりにするのではなく、自分の意志というもので闘ってみてもいい・・・そっちの方が面白い人生にできるだろうと思います(^-^)








ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/08 11:56 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末のわずかな彼との時をつなぎ合わせて君は生きてる




20150307122123625.jpg






夜中にふと目が覚めた



何気なく隣を見ると



布団の端っこを両手でしっかり握って



自分の首もとに引き寄せて苦しそうな顔して君が眠っている



首もとでしっかり握っているその手をぽんきちが優しく撫でると



君の苦しそうな表情が消えた



そうか 眠っていてもぽんきちの手の温もりはわかるのか



手の温もりは伝わるんだ



平日の厳しい仕事に耐えて 



週末のわずかな時間をつなぎ合わせて君は生きてる



穏やかな表情で眠る君の寝息を聞きながらぽんきちはまた眠る



一緒にぐっすり眠れるから



また来週も生きていける



どうか穏やかな表情で眠って欲しい



それがぽんきちの一番の願いです











ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)


ギタリストぽんきちプロフィール


ぽんきちのアコースティックギター講座


ユニットの出演依頼、サポートギターの依頼等はこちらにお願い致します。



posted by ぽんきち at 2015/03/07 16:52 | Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七年殺しは7年後にその効果が現れる必殺技なので




20150306193750786.jpg







レイぽんの西中洲TUPELOでのデビューライブからちょうど7年後となるライブが今月ドリームボートで行われます。

当時、TUPELOのオーナーだった藤城さんのお店でまたレイぽんでライブできるのは感慨深いものがあります。

今月のライブの対バンは7年前のライブで対バンだったハラバンドさんです。

今回、ハラバンドさんの対バンを希望したのはぽんきちですが、マニアックなカントリー系のカバー曲を演奏する彼らの純粋なファンの一人として藤城さんにリクエストしました。

後でよくよく考えてみると、レイぽんのデビューライブでも対バンだったなぁ・・・と気が付いて、7年前の再現となるメンバーが集うライブになることとなりました。



とにかくデビューライブというものはめっちゃ緊張しますからねぇ・・・あれから7年という歳月が流れ、我々もすっかり大人のユニットになりました(^_^;)

今のレイぽんをじっくり味わってもらえるライブにしたいと思います(^-^)





七年殺しと今回のライブを何とか関連付けようと考え方ながらブログを書いていますが・・・


名付けて「七年殺しライブ!!」とか無理がありすぎや〜ん。゚(゚´Д`゚)゚。







3月14日(土)福岡市中央区赤坂1-11-20 サンシャイン赤坂1F 「ドリームボート」

19:00 オープン
20:00 スタート

チャージ1800円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

レイぽん
ハラバンド





お待ちしてます(^_^)ノ


posted by ぽんきち at 2015/03/06 19:40 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FB・Twitter をやりながらの外部ブログのススメ




20150303220142360.jpg






最近のSNSの投稿記事を見ていますと、犬猫を中心とした動物のほのぼの系と感動的な出来事の投稿がたくさんアップされていて、そうか・・・みんな癒されたい欲求を抱えている人たちで世の中は溢れているんだなぁと思ってしまいます。

ぽんきちはmixiはほぼ休眠状態でして、カレンダーでのライブスケジュール管理とギタリストぽんきちのブログをアップするだけです。
 
Twitterは基本的にギタリストぽんきちのブログをアップするだけですが、最近は時々気になった他の方の投稿も積極的にツウィートするようになりました。

現在SNSはFBが中心ですが、これも基本的にはギタリストぽんきちのブログを中心に自動投稿でアップしています。つまり、今のぽんきちにとってSNSは自分のブログを拡散するツールでしかありません。ブログを読んでもらえるだけでいいと思っています。



最近、FBを見ていて感じるのが、誰かがタイムラインで面白いつぶやき(日記?)をアップしているのを見ると勿体ないなぁ・・・って思うのです。

FBのタイムラインは流れていくばかりで、せっかく面白い長文の投稿をしても後で誰かが読み返すことがほとんどないからです。

わざわざタイムラインを遡って過去の投稿を読む人なんてほとんどいないはずです。

たまたまその投稿を目にした友達が読むだけでタイムラインだから流れていってしまいます。

FBはあくまでもリアルタイムな投稿の交流であって、過去へ流れてしまった投稿をゆっくり読むことを前提にしていないと思うのです。



FBに面白いつぶやきをしている方は外部ブログを書いて、それをSNSに自動投稿することをぽんきちは強くお勧めします。

外部ブログならば過去の記事をカテゴリごとに簡単に読むことができるので、内容が面白ければ興味を持った読者が遡って読んでくれます。

しかもSNSのように登録制でもなく流行り廃りもないので、誰でもいつでも過去の記事が読めるのです。

せっかく面白いつぶやきをしているのだから、蓄積していつでも誰でも読めるツールに残すべき・・・だって勿体ないじゃん(>_<)



面白いつぶやきをFBでしているそこのアナタ!!

ぜひ外部ブログを作ってSNSにリンクさせましょう。

きっと世界中に読者が広がっていきますよ(^-^)


posted by ぽんきち at 2015/03/05 20:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽的な野性の勘が働くミュージシャンについて




20150304211807812.jpg





それは考えるものではなくて感じるもの・・・

根拠はないのだけれどきっとそうなる・・・と感じる時があるものです。



7年前にレイぽんで活動することを決めた時、ぽんきちは横溝正史シリーズの主題歌「まぼろしの人」をカバーしてライブの一曲目に演奏しようと考えていました。

根拠はなかったのですが、レイぽんはこの曲を演奏し続けることできっと成功するとぽんきちは確信していたのです。

ですから、レイぽんはライブの一曲目に必ず「まぼろしの人」を演奏していました。おそらく結成して最初の1年間はそれを徹底していたと思います。

やがてレイぽんは北九州のFMラジオ番組に出演することになり、番組パーソナリティの方がたまたま「まぼろしの人」を歌っていた茶木みやこさんとお友達だったことがご縁となり、ぽんきちは茶木さんと音楽的な交流を持つようになったのでした。



あれから6年の歳月が流れましたが、あの時番組の打ち合わせでレイぽんのことを「ライブで必ず一曲目に茶木みやこさんの歌を演奏しているユニットなんです。」とぽんきちが説明しなかったら、茶木さんとの交流は生まれていなかったかもしれません。

一昨年はぽんきちの伴奏で茶木さんが「まぼろしの人」を歌い、昨年は茶木さんの弾き語りにぽんきちがギターで絡む「まぼろしの人」を演奏するライブが実現しました。

自分たちがカバーしているアーティストと共演できるなんて夢にも思っていなかったのですが、茶木さんの曲をレイぽんのライブで演奏し続けたことでそれは現実となったのです。

ぽんきちには何故かこういう音楽的な野性の勘がありまして、これまでmilky noteやTeTeというレイぽん以外の自分のユニットもその活動をエキサイティングな方向に導いてきました。



そして、もう一人ぽんきちと同じように音楽的な野性の勘を持ったミュージシャンが身近にいまして、それはアコースティック・デュオINN6のヴォーカリストでパンチラ先生として弾き語りもしているPちゃんです。




20150304211901392.jpg




ぽんきちはなっちゃんと出会いTeTeで活動するようになった時にも「このユニットは必ず成功する」と根拠のない確信を持っていました。

そして、まだヴォーカリストとして未熟だったなっちゃんにそのことを繰り返し伝えて彼女を勇気づけていました。

そんなまだ未熟だった結成して間もないTeTeを誰よりも高く評価してくれていたのがINN6であり、TeTeの具体的な未来のビジョンまで預言していたのが他ならぬPちゃんだったのです。



TeTeのユニットとしての成功はなっちゃんの成長にかかっていると確信していたぽんきちでしたが、その活動範囲についてまでは予測できていませんでした。

ところがPちゃんは「TeTeはどこでもライブできるユニットになる。大きなホテルのバーでも演奏する日がきっと来ます!」とぽんきちに断言したのです。

「さすがにそれは無理やろ(^_^;)」とぽんきちは返事したのですが、実際にはPちゃんの預言は見事に当たり、その後TeTeは演奏する場所を選ばないユニットに成長したのです。



ぽんきちはカバーで表現するミュージシャンであり、Pちゃんはオリジナルで表現するミュージシャンです。

しかし、ぽんきちは彼女はどこか自分に似ていると思っていまして、それはこういう不思議な感性みたいな部分に依るところが大きいのです。

音楽的な野性の感性・・・音楽性や表現する方向性は全く違うのですが、目には見えない何かがぽんきちと共通しているとずっと前から感じていて、それが何なのかは言葉では表せないのです。



まぁ、仕方ないので長嶋茂雄的野性の勘とでも言って今日のブログは締めましょうかね(^_^;)


posted by ぽんきち at 2015/03/04 21:19 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きでもない仕事を続けるのは長生きしてしまうかもしれない自分のためという現実について




20150218221751574.jpg







人生80年と言われる現在に我々は生きていますが、このままいくと人生90年という時代がやってくるのかもしれません。

好きなことを仕事にできたらと誰もが本当は願っているのではないでしょうか?

しかし、現実には今を食べていかないといけないし、更にはこの先何十年も生きてしまうかもしれない不安から堅実な生き方を選択せざるを得ないという人がほとんどだろうと思います。



ぽんきちも夢見がちだった20代前半の若かりし頃は別として、20代後半から最近までは堅実な人生を歩んできました。

夢を持つことは大切だけど、それはしっかり生活を支えられる仕事があってのこと・・・週末のプライベートな時間さえ好きなことで満たされればそれでいいじゃないかと思っていました。

おそらく、ほとんどの同世代の方々がぽんきちと同じ考えで生きてきたのではないでしょうか?

仕事に夢を持ち込むなど現実的ではない。もう若くはないんだからと・・・



実はこの「もう若くはない」というキーワードがぽんきちにとって人生を再考させるきっかけになってしまったのが皮肉な話です。

そうです、ぽんきちはもう若くはない。この先80歳まで生きたとしても、元気に体を動かせるのは70歳くらいまでかもしれない。残りの10年間は体力の衰えによってやりたいこともできない状況になる可能性が高いのではないか?

そう考えると自分のやりたいことができる残された時間はあと20年くらいということになります。

これまでの人生を振り返ってみると20年なんてあっという間です。

このまま好きではない仕事を続けて老人になる・・・ある種、長生きするかもしれない自分の老後を考えて、そのための蓄えだけを目指してこのまま堅実な人生を送るのか?

それとも、あと20年しかない人生の稼動可能期間をもっと生き甲斐を感じるものに変えるのか?



50代になり、もう若くないことを痛烈に感じるようになってから、ぽんきちは迷い始めたのです。

他の同世代の方々はいったいどう人生に向き合っているのだろう?

生活のために好きでもない仕事を続けてきたという方々は少なくないはずです。もうそろそろ子供たちも成人して、第2の人生を考える時期を迎えようとしている人も多いはず・・・それでも年金支給開始年齢である65歳以上まで好きでもない仕事を続けるのだろうか?

自分が夢中になれる大好きなことも特にないしなぁ・・・という方は別にしても、もし本当は今の仕事以外でやりたいことがある。仕事にできたらどんなにいいだろうと考えている大好きなことが以前からあるという人は、死ぬまでその気持ちを殺して生きる覚悟ができているのだろうか?



他人のことを心配しても仕方ないのですが、実はこの手の話はあまりぽんきちの周りではされないものなのです。

もう現実は十分理解している世代だからでしょうね。好きなことを仕事に?そんな考えは20代で卒業したよ(笑)という雰囲気が当たり前になっているからです。

ぽんきちが「好きなことを仕事にしたくてね・・・」と言うと、同世代の人はほぼ例外なく「マジか?有り得ねえ」という反応をします。気持ちはわかるよね(^_^;)

少なくともそういう反応をする方々は現実だけを見つめて生きてる堅実な人です。

夢は限られたほんの一部の人たちが実現できているだけであって、ほとんどの人たちは叶うことはないという認識なんだと思います。

仕事に夢を求めるなんてとんでもない。趣味として楽しめばいいじゃないか・・・はい、ごもっともです(^_^;)



彼らに共通しているのは長生きしてしまうことを恐れていることです。それ故にこの年齢になって仕事で冒険などできないということでしょうね。

もし、あと5年しか生きられないと知ったらどうでしょう?

好きでもないことに残りの人生の大半の時間を費やす・・・そんな生き方を選ぶだろうか?

好きなことを仕事にできて、しっかり生活できるようになる可能性がわずかでもあったら、それに賭けるのではないだろうか?

そして、長生きしてしまうことを誰が保証できるというのだろうか?



ぽんきちには大好きなことがあります。

15歳で出会ってから今日まで、ぽんきちを夢中にさせて止まないものです。



そして、ぽんきちはこれまで2度に渡り内臓を切除する大きな手術をしました。

現代の医療技術の進歩がなければぽんきちはとっくの昔に死んでいました。

2年半前の手術時には死ぬほど苦しい生き地獄も経験しました。

そして、この病気は現代の医療技術をもってしても完治することはありません。



どんな仕事をするかはその人の抱えた事情や人生観によって左右されますから、何が正しいとか間違っているとかは言い切れるものではありません。

人生は誰のものでもなく自分自身のためにあります。
 
自分にとって大切な人たちのために生きることと同じくらい、自分自身のために生きることも大切です。

ぽんきちは自分の人生にもっと向き合って、確かな覚悟を持てる選択ができるようにならなければと思っています。






ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/03 19:57 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽんきち3月のライブスケジュール




20150302215601242.jpg








3月14日(土)福岡市中央区赤坂1-11-20 サンシャイン赤坂1F 「ドリームボート」

19:00 オープン
20:00 スタート

チャージ1800円+要1ドリンクオーダー

[出演ミュージシャン]

レイぽん
ハラバンド







3月21日(土)Bar「おとぼけコースケ」

場所:福岡市中央区西中洲1−6 西中洲Aビル3F(国体道路沿い シダックス横の有料駐車場の3軒右隣)


20:00 オープン
21:00 ライブスタート

チャージ2000円(1ドリンク込み)


[出演ミュージシャン]

シシャン(サックス吹き語り)
TeTe

http://www.haruyoshi.jp/old/banryu/90/90.html
おとぼけコースケ







3月のぽんきちは2本のライブが予定されています。


今月末に長崎県島原市のケーブルテレビ局「ひまわりてれび」の音楽番組の収録があり、TeTeで出演予定ですが、放送は島原市で5月の毎週金曜日になるそうです。

詳細についてはまたいつかブログで報告したいと思います。


3月もレイぽんとTeTeをよろしくお願いします(^_^)ノ



posted by ぽんきち at 2015/03/02 21:57 | Comment(0) | ライブ、イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまには小さな旅をしないといけません




20150301180228915.jpg







ぽんきちはあまり泊付きの遠出をすることがない生活をしていますが、たまには小旅行くらいした方がいいですね。

今回は一泊二日で28年ぶりに鹿児島を旅しましたが、九州新幹線で博多から鹿児島まで1時間半で着いてしまうなんて、便利な時代になったなぁ。






20150301180317811.jpg





20150301180330678.jpg





大学時代のバンドメンバーのKくんとも5年ぶりに会ってたくさん話ができたし、茶木みやこさんとは4ヶ月ぶりでしたが、前回の博多でのライブではあまりゆっくり話せなかったので、昨夜は打ち上げでたくさん話せたのが良かった。

ライブは大正時代に造られた石造りのカフェでしたが、天井が高くて趣がありました。






20150301180415097.jpg





20150301180427661.jpg





ライブ終了後にKくんの車で茶木さんが宿泊しているホテル近くの居酒屋を探して、「ここでいいんじゃね?」とたまたま入ったお店が安くて美味しかった!!

ぽんきちは日本酒好きで焼酎は飲まないのですが、さすがに鹿児島に来たからには飲まないと・・・と芋焼酎のお湯割りを飲んだらめっちゃ美味しかった(*^^*)

帰り際にお店の方に茶木さんのことを話したらとても驚いていたけれど、とにかく少人数でたくさん話せたし、美味しかったし、鹿児島の夜を満喫しました。





20150301180505982.jpg





20150301180636443.jpg





昨夜宿泊した天文館のリッチモンドホテルはダブルで1万円でしたが、部屋は広くて綺麗だし、レストランの朝食は美味しいし、ここはお勧めですね(*^^*)

今日はちょっと鹿児島の街を観光して博多に帰りましたが、街が整備されていて綺麗な印象を受けました。次回はシロクマも食べたいなぁ。





20150301182438209.jpg





20150301182451734.jpg





九州新幹線のおかげで熊本と鹿児島は博多からとても近くなったので、またいつか小さな旅をしたいと思います(^-^)





20150301182538753.jpg






ぽんきちフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)



ギタリストぽんきちプロフィール



posted by ぽんきち at 2015/03/01 18:30 | Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする