被り物系ミュージシャン




1097704_161438757381050_733469702_o.jpg




チミの瞳に乾杯!!ちーん(o゚▽゚)o


こういう時、二重の被り物だとどんなにポーズを決めても台無しになるので気をつけましょう(・・;)



ぽんきちだけでなく、ステージ衣装で被り物をしているミュージシャンはたくさんいます。

ぽんきちは被り物をして3年半くらいになりますが、帽子ってかなりその人のイメージを変えるアイテムですね。

古くはガッチャマンの被り物に憧れ、キャシャーンの被り物にも憧れ・・・

関係ないですが、ライダーマンって俳優の唐沢くんが被り物をして演じていたらしいですね、知らなかったなぁ(・・;)



とにかく被り物はミュージシャンのイメージを一気に変えてしまう力のあるアイテムなので、その選択にも慎重になります。

カトちゃんぺのように波平的アイテムを使えば、どんなに渋いイケメンミュージシャンでもカトちゃんぺになりますからねぇ(^_^;)

ユニットやソロなど複数の表現形態で活動しているミュージシャンにとっても便利なアイテムだと思います。



ぽんきちが今の被り物を選んだのはたまたまなんですが、夏はちょっと辛いかも・・・猛暑が続くと暑くてかないません(>_<)

でも、いつも革ジャンで決めているロックンロールバンドが、真夏の野外ライブでかりゆし着てたら興ざめしますよね?

いったんスタイルを決めたらずっとそれを貫くのは、何となく潔くていい感じです。ぽんきちの周囲にはそういうタイプのミュージシャンが多いかも。



昔、久留米の六角堂野外ライブで、夏でも革ジャンで演奏していたバンドを見ました!!

そういう気合いや美学も時には必要かなと・・・それも音楽の面白いところだと思います(^-^)



posted by ぽんきち at 2014/08/28 19:00 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする