ぽんきち宝塚歌劇月組公演に行く



1243299_174310522760540_1654900375_o.jpg



薔薇は薔薇は、バラっバラっ♪(o゚▽゚)o


昨日、ぽんきちは生まれて初めて宝塚歌劇というものを体験しました。


今年は、宝塚歌劇の生誕百周年、そして博多座開業15周年だそうです。

観客は女性ばかり(特におばさん)だろうと予想していたのですが、以外にも男性の姿もちらほら(おじさん多し)見受けられました。

ぽんきちは宝塚歌劇には特に興味があるわけではなく、昨日は一種の家族サービス的なイベントとして、チケットも良い席を確保すべく早めに予約していたのです。



宝塚歌劇初体験のぽんきちでしたが、なんだか圧倒されましたねえ・・・


みんな夏木マリと小林幸子みたいな顔しとる、すげー(o゚▽゚)o


昨日の月組公演は百周年記念だからか、レトロな演出もありました。

横一列に肩を組んで並んで、交互に脚をあげるダンス・・・ラインダンスって言うの?これはおじいちゃん、おばあちゃんは喜ぶわ〜って思いました。


月組トップスターは顔は夏木マリで衣装は小林幸子で、とにかくすげー(o゚▽゚)o


後半のこれでもかってくらいの絢爛豪華な歌謡ショーの連続は圧巻で、浮き世を忘れて楽しい気分にさせてくれます。

子供の頃にテレビで観ていた歌謡ショーが現実に目の前で展開されている・・・そんな世界はなんだか純粋に楽しめました。

それと、なにげに音響が素晴らしかったです。ピンマイクが無かった時代はどうやってたのかな?とにかく空間に流れる音のバランスが絶妙な感じでした。


セリフやジェスチャーがいちいち大げさなのも面白い。

ブルース・リーの映画を見終わったあと、映画館から出たばかりの自分の目つきが鋭くなるように、博多座を出たあとのぽんきちはなぜか大げさな話し方になるという・・・(・・;)

まぁ、一時間ほどでもとに戻りましたが(^_^;)



posted by ぽんきち at 2014/08/03 11:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする