親が死ぬということ




20171213215401583.jpg





月曜日の夕方から苦しそうな声を上げることもなく、ずっと酸素呼吸器を付けたまま眠っていた父が心停止に近い状態になったのはその夜遅く、火曜日の午前1時過ぎでした。

病室のソファーに腰掛けたままうつらうつらしていたぽんきちが気が付いた時にはすでに脈拍が消えかかりそうになっており、看護師さんに起こされて慌てて弟に電話したものの弟は一足遅く臨終には間に合いませんでした。

亡くなった父の顔に自分の頬を押し付けながら感じたほんの微かな温もりは、ぽんきちは一生忘れることはないと思います。



父が眠った状態が続いていた時、姪っ子がスマホを枕元に置いて戦後まもなく流行していた昭和歌謡を流していました。昭和20〜30年代の流行歌ばかりで、父にとっては青春時代に聴いていたはずの音楽でした。

姪っ子はネットで昔の流行歌の人気ランキングがわかるアプリからたくさんの曲をダウンロードしていたらしく、特に趣味もない20代半ばの彼女が、ギタリストのぽんきちさえ思いつかなかった気遣いをすることに驚きを隠せませんでした。

父は昔の昭和歌謡が大好きでしたし、亡くなる直前の人は聴覚だけは最後まで残ると聞いていたので、もしかしたらほとんど反応が無くなっていた父ですが、スマホから流れる昔の流行歌を聴いていたかもしれません。



父の臨終後は葬儀社に連絡して、遺体を運搬した後は朝方5時頃まで打ち合わせをして、仮眠後7時に起床して各地の親戚に電話連絡を始めました。

その日の夜はお通夜で、今日は火葬と葬儀とお寺参りでしたが、男三兄弟の我々息子たちは普段はほとんどコミュニケーションをしていないのに、特に打ち合わせをしたわけでもなく自然にそれぞれの役割分担を見つけテキパキとこなしていました。



火葬場で印象的だったのは、火葬する担当者の人が骨だけになった父の病気をすべて言い当ててしまったことです。

彼は「お父様は膀胱と肺と脳に病気があったんですね。」と言ったんですが、父は膀胱癌でしたし、誤嚥から肺炎を起こして、尿と痰にずっと血液が混ざっていました。数年前には脳梗塞も起こしていました。

火葬した後の父の骨は膀胱と肺と脳の部分が茶色く濁っていて、病気のある部分の骨は火葬後に変色するそうなんです。だから火葬する担当者には死者の生前の病気がわかるらしいのです。



すべてが滞りなく終わり、夜になって実家に着いた時にはぽんきちはさすがにくたくたに疲れていましたが、81歳の母は信じられないくらい元気に台所に立ち、我々息子たちの晩御飯の準備をしていました。

冷蔵庫にあるだけのもので作った母の手料理は最高に美味しかったですが、そんな母の姿を見ているとお年寄りが衰えていくのは一緒に暮らす家族が居なくなるからではないか?と思いました。

久しぶりに全員揃った息子たちに手料理を振る舞えるというその事実だけが、母に底知れぬ力を与えているんだなと心から思えました。



以前、父が生前に何気なく漏らした言葉が忘れられないんですが、「子供を作っても誰一人一緒に暮らす者はいない・・・人間なんて虚しいものよのぉ。」とずっと昔ぽんきちに言ったのです。

父が施設に入所してからずっと独り暮らしだった母は、一緒に食べる人が居ないと食事を作る気にもなれないと時々漏らします。

たまにぽんきちが実家に帰ると広い二階建ての家は真っ暗で、奥の台所の灯りだけがポツンと点いていて、そこに料理好きな母が一人で待っていたりします。



このままでいいはずがないと思いながら、ぽんきちは自分の生きる道ばかりを優先して生きています。

フリーランスになったので毎月帰省を始めると、「途中の高速道路で事故に遭うのが心配だからあまり帰って来るな!」と母はぽんきちに言います。

本当はぽんきちが帰って来るのが嬉しくて仕方ないはずなのにそう言います。



ここままでいいはずがない。

いいはずがないのだ。



奇しくも今日はぽんきちの54歳の誕生日でしたが、明日から父が亡くなったことに伴うお役所関係の諸々の手続きや相続関係のことなど、やるべきことはまだたくさんあります。

その先にも考えるべきこと、やるべきことはまだたくさんあると、疲労困憊した頭の中でずっと駆け巡っています。








ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/13 21:54 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父を看取った朝に




20171212081905273.jpg





午前1時27分に父は眠ったまま逝きました。


これから通夜と葬儀の準備のためぽんきちは家族と共にそれらの諸々に専念します。


ぽんきちの父に対する想いは過去に書いたブログに凝縮しています。


http://milkysionray.seesaa.net/article/425989943.html
人を好きになることは狂気の沙汰である




父に感謝の気持ちを込めて









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/12 08:20 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我々が死の直前に見るものは何なのか?




20171211162754329.jpg





現代人の我々のほとんどが病院で死を迎えます。

医療に従事する人たちの多くが認識していることらしいのですが、我々は最期の瞬間にとても驚いたような表情で死を迎えることが多々あると聞いたことがあります。

我々は死の直前に何かを見るようなんですが、ほとんどはそのままあの世に旅立ってしまうため、それが何なのかは誰にもわかりません。

ただ、驚いたような表情をするということは予想外の何かが目の前に現れているのかもしれません。現世の常識や言い伝えでは知り得なかった何かが我々を迎えに来るのかもしれません。



赤ん坊から幼児期にかけては見た目では男女の違いはあまり区別がつかなかったりします。やがて性差がはっきりとわかるようになり、大人になって多くの人たちは命のリレーをすべく結婚し子供を産み育てます。

長い人生の果てに年老いると再び性差がはっきりしないくらいに衰えていきます。お爺ちゃんもお婆ちゃんも男だか女だかわからなくなりますが、ご本人たちはきっと何歳になろうとも男だし女なんでしょうね。

男が男であるうちに、女が女であるうちに、我々はそれぞれの役割を果たすべく結婚したり仕事をしたり、やりたいことが見つかれば趣味や仕事に没頭したりして一生を終えます。

人の夢は儚いと書きますが、儚いなりに精一杯、我々は誰かのために、そして自分自身のために生きて死んでいくんだろうと思います。



その価値は人それぞれなんでしょうけれど、それは長さではなくて中身がどうなのか?なんだろうと思います。

間もなく癌のため最期の時を迎えようとしている父は延命治療を望みませんでした。もう十分に生きたと思えたのでしょう。

10代から勤めた会社を転職することなく60歳で定年退職を迎え、その間に3人の息子たちを育て上げ、退職後は先祖代々から続く家を守り続けて生きる母のために新築の立派な家を建ててあげた。



ぽんきちも父は十分に生きたじゃないかと思えますが、父が最期に見るものは看取る我々には永遠にわからないんでしょうね。

いずれ自分にもその何かを見る時が訪れます。

今はしっかり父を見送ることだと思っています。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/11 16:28 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラック・ジャックとドクター・キリコ




20171210131311654.jpg




ぽんきちが少年時代に週刊少年チャンピオンに連載されていた手塚治虫の漫画「ブラック・ジャック」はぽんきち世代の人たちならば知らない人はいないと思います。

手塚治虫作品の中でも最もぽんきちが夢中になって読んだ漫画なんですが、人間はどんなに辛い状況であっても生きる努力をすべきだというブラック・ジャックとは対照的に、安楽死こそが人間の尊厳を守る選択肢であるというドクター・キリコという医師が登場します。

キリコはもう助からないとわかっている患者や安楽死を望む患者に薬物を注射して眠るように死を与えるのです。

そんなキリコとブラック・ジャックはいつも激しく対立しますが、どちらもブレない信念を持っており、自らが信じる医の道でそれぞれに様々な患者と関わっていきます。

まだ少年だったぽんきちは圧倒的にブラック・ジャックが正しいと信じて当時は漫画を読んでいました。手塚治虫氏が我々子供たちに伝えたかったメッセージも「どんなに辛くても最後まで諦めず強く生きることの大切さ」だったんだと思います。



今、ぽんきちは膀胱癌のため死期が近づいている父に付き添うため帰省しています。尿だけではなく吸引する痰にも血液が混ざり、時には吸引しきれないほどの大きな血の塊が吸引器の先端にぶら下がっていたりします。

癌細胞は体のあちこちに転移し出血をもたらしているのかもしれませんが、高齢のため延命治療は望まないという本人の意思を尊重して、現在は栄養補給のための点滴を投与するのみです。

家族である我々はただ見守るだけなんですが、周期的に苦しげに大きな声を上げ続ける父を見ていると「こんな状況がいつまで続くんだ?もう楽になってもいいんじゃないか?」と思ってしまうのです。

ぽんきちは過去に2度大きな手術を経験しています。5年前に2度目の手術の麻酔から覚めた直後から、5日間まともに眠ることができない程のこの世のものとは思えない激痛を経験したぽんきちなので、苦しみ続ける父を見守りながらある種の疑問を感じざるを得ないのです。



どんな激痛であろうと峠を越せばまだ生きられるという前提があったぽんきちとは全く違います。

この先に待っているのは死ということがはっきりわかっていても、激痛に何日も耐え続けなければならない理由がわからないのです。

ドクター・キリコの言い分はこうです。「俺は戦争で従軍医師として働いたが、爆撃で瀕死の兵士たちに薬を投与して安楽死させてやるとみんな感謝しながら死んでいったよ。」「だから俺はもう助からない患者には安楽死を与えることで彼らを救う医の道を選んだんだ。」



今のぽんきちにはこれ以上父が苦しみ続けなければならない理由がわかりません。

昨日は父に付き添って二日目でしたがとても疲れました。ただ見守っているだけなのに実家に帰宅してからぐったりしました。

今日は三日目ですが、予断は許さないものの父の意識は意外にはっきりしており、最期の時がいつ訪れるのかは家族の我々にもわかりません。



今のぽんきちにはブラック・ジャックとドクター・キリコのどちらが正しいのか、よくわからなくなっています。







ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/

ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0

ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html

ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact

ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html

ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html

ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami

ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa

ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580

ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/10 13:13 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者のためのアコースティックギター講座〜アコースティックライブがまだ苦手な弾き語りストのために




20171209225514568.jpg






今回のギター講座は弾き語りライブでのMCや歌やギター伴奏に関してぽんきちが考えている諸々について書きたいと思います。初心者ギタリストにとって参考になれば幸いです。



結論から申しますと、弾き語りストとしての自分というものを知りましょうということです。まだ弾き語りライブの経験は浅いぽんきちですが、浅いなりに現時点で感じていることを正直に書きます。



まず、ぽんきちの弾き語りライブの特徴を書き出してみます。

・MCがお客さんと対話方式になっている(意識的にはしていないが自然にそうなる)

・自分で考えたMC3原則(曲の紹介、対バンについてコメント、お店についてコメント)でライブしている

・歌が下手(ピッチが不安定)

・自分の弾き語りなんて大したこと無いと思っている

・気合いが入っていない

・平気で歌もギターも間違える

・間違えることは大したことでは無いと思っている

・歌が下手で平気で間違えてもチャージを払っているお客さんに申し訳ないと思っていない(これは事故に遭ったようなもので人生にはよくあることだからと思っている)

・楽しくないライブなんて最低だと思っている

・ぽんきちに完璧な弾き語りライブなど誰も期待していないと思っている

・仕事上の必要性から弾き語りライブをしている(何かを伝えたいとか歌いたいという動機が全く無い)

・もし歌伴ギタリストのぽんきちが完璧な弾き語りライブができるようになったら嫌みでしかないと思っている

・嫌みになってもいいのでやるからにはクオリティの高い弾き語りができるようになりたいと思っている

・気合いは入ってないけれど下手なりに精一杯やっている

・基本的に脳と体に染み付いた曲をカバーしている(10代の頃によく聴いていた曲のカバーが多い)



ざっと挙げてみましたが、こんな感じなんです。何が言いたいのかと申しますと、ぽんきちは弾き語りライブというものは虚飾してはいけないと思っているのです。

ありのままの自分というものが出せるならばそっちの方がいいだろうと。綺麗に繕うことやカッコよく見せようとすることはしなくていいと思っています。

ぽんきちでさえこんな無責任な弾き語りライブをしているわけで、初心者ギタリストの皆さんがあれこれ考え過ぎてしまって結果的に自分らしさの無いライブになってしまうのは勿体ないと思うのです。



勿論、普段から歌やギター伴奏の練習は大切なので、それはやり過ぎても足らないくらいなんですが、ステージに上がったら余計なことは考えなくていいと思います。むしろ、よく見せようとするから上手く行かないんです。

たくさん練習してライブに臨めば言い訳する必要も無いわけで、あとは無心で弾き語りするだけです。

アコースティックライブの場合はMCがポイントになったりしますが、上記のMC3原則を意識すればいいと思います。但し、曲の紹介をすればいいと言ってもタイトルだけ言って歌い始めればいいということではありませんので。

その曲が生み出された背景だとか、自分がその曲を選んだ理由だとか、しっかりストーリー性のあるMCにしないと意味がありません。

ですから自分が歌う曲というものはその時代背景などを深く掘り下げて知っておくことが大切だと思います。そういう知識も無く、調べようともせずにライブで歌うから、ただタイトルだけを紹介するつまらないMCになるんです。



MCはお客さんに次の曲を聴いて頂くための心の準備みたいなものを作り出す効果があります。アコースティックライブの場合はそんな要素がその場の雰囲気を良くも悪くもする程の効果を持つのです。

そんな時でも熱い想いはあってもあまり語らなくていいと思います。メジャーなプロミュージシャンじゃないわけですから、自分のファンなんているかいないよくわからない現場なんですから。熱く語るほどしらけますので、とにかく目指す世界は大きくてもいいですが、現実には一般庶民である自分というものをまずは知りましょう。

その上でライブはエンターテイメントですからステージに立つに相応しい衣装で臨みましょう。いつもの自分よりよく見せようとするのはステージ衣装くらいでいいと思います。




今日のまとめです。

練習不足とかの言い訳は要らないし、メジャーなアーティストになっているかのような熱い語りも要りません。アコースティックライブは真の自分というものを知った上で弾き語りする !!


以上、ぽんきちの初心者のためのアコースティックギター講座でした(^_^)ノ









ギタリストぽんきちオフィシャルウェブサイト
http://guitaristponkichi.com/


ぽんきち動画(You Tube)
https://www.youtube.com/user/MILKYSIONRAY/videos?sort=dd&shelf_id=2&view_as=public&view=0


ギターアレンジやサポートギター等のご依頼はこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/request.html


ユニットの出演依頼はこちらにお願い致します。
http://milkysionray.seesaa.net/article/400037134.html#contact


ギターレッスンのお申込みはこちらにお願い致します。
http://guitaristponkichi.com/lesson.html


ぽんきちのアコースティックギター講座(ブログ)
http://milkysionray.seesaa.net/s/category/23311823-1.html


ぽんきちFacebook(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://facebook.com/ponkichi.kawakami


ぽんきちTwitter(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/1213Kamikawa


ぽんきちGoogle+ (フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://plus.google.com/107201967665662929580


ギタリストぽんきちプロフィール
http://milkysionray.seesaa.net/s/article/400037134.html

http://guitaristponkichi.com/profile.html

posted by ぽんきち at 2017/12/09 22:56 | Comment(0) | ギター講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする